小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

決済、ショッピング、ポイント、ギフト、LINEの便利なサービス「LINEウォレット」のお得な活用法

2023.03.15

LINEのおサイフ”ともいえる『LINEウォレット』。2018年3月からスタートし、今では16のサービスを展開。月間訪問者数も4700万人超(202212月時点)にもなる。

今回はそんな『LINEウォレット』の中から、筆者が普段、利用している便利なサービスについて紹介しよう。

LINEウォレット』の「ウォレット」タブ(左)と「資産」タブ()。手軽に切り替えられ、サービスや資産額を確認できる。

決済やショッピング、ポイントなど、暮らしの便利サービスを用意

まず『LINEウォレット』の核となるサービスが『LINE Pay』だ。LINEで簡単に送金や決済をすることができ、一部、対象のPayPay加盟店では、QRコードによる決済も可能。連携できる銀行数は100行以上にもなり、銀行口座を登録すると、チャージや送金、出金(手数料220円が必要)が簡単に行なえるようになる。チャージ方法はこのほか、セブン銀行ATMやファミリーマートのマルチコピー機、LINE Payのクレジットカードやプリペイドカードなどがある。

この『LINE Pay』のサービスの中で筆者はよく「請求書支払い」を利用する。公共料金や通販の請求書などのバーコードを、「請求書支払い」のコードリーダーで読み取ることで、自宅に居ながらいつでも請求書の支払いができる。現在、対応している団体数は3000以上。筆者はバーコード付きの紙の請求書が届いたら、取りあえず「請求書支払い」のコードリーダーで読み取れるかどうか確かめ、対応しているようならそのまま支払っている。

LINE Pay』の画面(左)。「請求書支払い」で支払うと『LINE』のトーク画面に通知が届く(右)。

便利なサービスと言えば、『LINEマイカード』もよく活用している。TカードやPontaなどのポイントカードを登録して、まとめて管理することができる。ポイントカードを持ち歩かなくても、『LINEマイカード』を利用すれば様々なポイントを貯めることが可能。中でも「LINE Starbucks Card」は『LINEマイカード』限定の着せ替えデザインがあるのが楽しい。

『LINEマイカード』の画面(左)。「LINE Starbucks Card」の画面。カードのデザインが可愛い。

ちょっとしたお礼ができる『LINEギフト』も便利なサービスだ。LINEで繋がっている友だちに、手軽にドリンクチケットやコンビニスイーツなどを贈ることができる。相手はLINEのトーク画面に届いたギフトメッセージから引換画面のバーコードを表示し、お店で読み取ってもらうことでギフトが受け取れる。ちゃんとしたプレゼントを贈りたい時にも『LINEギフト』なら、相手がプレゼントの受け取り時に住所を自分で登録できるので、相手の住所がわからなくてもプレゼントを配送できる。

LINEギフト』のギフト画面(左)。筆者が友だちに贈った『LINEギフト』()

そして定期的に目を通しているのが『LINE Monary』だ。このサービスでは著名人や専門家の体験談や価値観などを通じて、暮らしに役立つお金の知識を学ぶことができる。筆者はよくクイズに挑戦している。クイズを楽しみながら、お金に関する正しい知識が身に付くのがいい。

LINE Monary』の記事のランキング画面(左)。お金に関するクイズも楽しめる()

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。