小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhone 13やiPhone 14で実現されなかったUSB Type-Cへの対応はiPhone 15で実現されるのか?

2023.03.17

2021年に「iPhone 13」シリーズ、2022年に「iPhone 14」シリーズが発売されました。発表前にiPhoneユーザーより声が上がっていたのが、「USB Type-Cに対応してほしい」という点。ただし、iPhone 13、iPhone 14シリーズでは継続して「Lihgtning」端子が採用されたので、次期モデルでのUSB Type-C対応に期待している人も多いのではないでしょうか。

例年通りのスケジュールであれば、2023年モデルとなる「iPhone 15(仮称)」は9月ごろに発売されます。では、iPhone 15シリーズでは満を持してUSB Type-Cに対応するのでしょうか。執筆時点(2023年2月下旬)での情報をもとに考察していきます。

将来的なiPhoneのUSB Type-C対応は決定事項?

〝iPhoneにUSB Type-C端子が搭載されるのか〟という論争で無視できないのが、「EU理事会がモバイル機器の充電端子をUSB Type-Cに統一することを承認している」という点。ここでいうモバイル機器とは、スマートフォンやタブレット、ヘッドホン、デジタルカメラなどが該当します。

これを受け、アップルの関係者がそれに従うといった主旨の発言をしたと、紙面を賑わせたこともありました。

このことから、将来的にiPhoneがUSB Type-Cに対応する可能性は高いと目されています。

iPhone 15シリーズでのUSB Type-C対応は必須のタイミングではない!?

EUでのUSB Type-C端子搭載の義務化は、2024年ごろとなっています。そのため、2023年に発売されるであろうiPhone 15シリーズは、義務化の前に発売されると考えられます。

もちろん、アップルとして1年早くUSB Type-C端子をiPhoneに搭載する可能性は大いにあります。実際、iPadやMacBookシリーズのほとんどはUSB Type-Cに対応しているので、ノウハウがないというわけではないでしょう。

2022年発売のiPad(第10世代)でもUSB Type-Cに対応

iPhone 15シリーズは、〝USB Type-C端子を搭載する最初のiPhone〟となるか、〝Lihgtning端子を搭載する最後のiPhone〟となるのか、注目が集まります。

iPhone 15シリーズは〝Pro〟モデルのみがUSB Type-C対応になる可能性も

iPhone 15シリーズにUSB Type-C端子が搭載された場合も、全モデル統一とは限りません。

現行モデルであるiPhone 14シリーズは、「iPhone 14」「iPhone 14 Plus」「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」の4モデル展開。このうち、上位モデルとして位置づけられている〝Pro〟モデル2機種の後続機にのみ、USB Type-C端子が搭載される可能性もあります。

というのも、現行モデルのiPhone 14、iPhone 14 Plusには、2021年の〝Pro〟モデルである「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」と共通の「A15 Bionic」が搭載されています。また、iPhone 14、iPhone 14 Plusと、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxでは、インカメラのデザインなどに明確な違いがあり、アップルとしては、〝標準モデル〟と〝Proモデル〟の差別化を図っていることが伺えます。

加えて、iPadシリーズを見ると、2020年発売の「iPad Air(第4世代)」のデザインが、2022年に発売された「iPad(第10世代)」に踏襲されているように、〝上位モデルのデザインを下位モデルへと継承していく流れ〟が見られます。

このことを加味すると、2023年9月ごろに発売されるiPhone 15シリーズの〝Proモデル〟にUSB Type-C端子を搭載し、EUでUSB Type-C端子が義務化される2024年に発売されるであろう「iPhone 16(仮称)」にて、全ラインアップがUSB Type-C対応となる可能性が考えられます。

iPhoneシリーズでは〝どの〟USB Type-Cに対応するのかも注目

iPhoneシリーズでUSB Type-Cに対応する確率が高い理由を紹介してきましたが、〝どの規格〟のUSB Type-Cに対応するのかも、注目ポイントです。

ひと口にUSB Type-Cといっても、「USB2.0」「USB3.0」といったバージョンが存在します。また、「USB 3.1」「USB 3.2」といった世代の違いもあり、それぞれデータの転送速度といった違いがあります。

ちなみに、Lightning 端子はUSB 2.0相当といわれており、有線でのデータ転送速度は、最新規格と比べると遅いのも事実。iPhoneのカメラ性能は年々向上しており、4K動画の撮影もできるので、大容量のデータがスムーズに転送できる規格に対応することに期待したいところです。

iPhoneはUSB Type-C対応ではなく「ワイヤレス充電」に振り切る可能性も

ここまで、将来的にiPhoneがUSB Type-C端子を搭載する可能性が高いと紹介してきましたが、別の可能性として、「充電端子をなくし、ワイヤレス充電のみの対応」となる可能性も否定できません。

iPhone 8以降のiPhoneシリーズで、一般的なワイヤレス充電の規格である「Qi規格」に対応しているのに加え、iPhone 12シリーズ、iPhone 13シリーズ、iPhone 14シリーズでは、「MageSafe」での充電にも対応しており、今後はMageSafeでの充電をメインに据える可能性もあるでしょう。

スマートフォンの薄型化や防水性能の向上には、充電端子がないほうが、都合が良いのも事実。実際、アメリカ版のiPhone 14シリーズではSIMスロットが廃止されており、アップルとしても、できるだけ穴を塞いでいきたいと考えていることがわかります。

【参照】Appleのイベント

このことを踏まえて考えると、将来的にiPhoneから充電端子がなくなる可能性は大いにあるでしょう。iPhone 15シリーズから充電端子を廃止するかは不明ですが、「USB Type-C端子を搭載するのか」「Lightning 端子を継続するのか」の2択だけではないといえます。

※データは2023年2月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。