小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

なぜ北海道へ?伊豆急の観光列車「THE ROYAL EXPRESS」が日本最北の宗谷本線を走る理由

2023.03.12

東伊豆~南伊豆への重要な鉄路である、伊豆急行。都心からも特急「踊り子」・「サフィール踊り子」がJR線から乗り入れてきており、多くの観光客が利用している。そんな伊豆急行が2017年から運行している、ラグジュアリーな観光列車「THE ROYAL EXPRESS」が、2023年も伊豆から遠く離れた北海道の地を走る。

「THE ROYAL EXPRESS」って?

「THE ROYAL EXPRESS」は、特定日に運行される観光列車として、主にJR横浜駅~伊豆急下田駅を結ぶ。一般的な観光列車よりは「ワンランク上」のラグジュアリーさが魅力のひとつで、乗車についても「みどりの窓口」などで特急券を購入するのではなく、公式サイトから事前に申し込む必要がある。

伊豆急行が運行する「THE ROYAL EXPRESS」

乗車には各プランが用意されており、それぞれ「THE ROYAL EXPRESS」への乗車を基本に、地元の名宿での宿泊、観光を組み合わせた「クルーズプラン」、車内でこだわりの食事を楽しむことができる片道乗車の「食事付きプラン」、そして孤高の「特別プラン」などが用意されている。それぞれ、地域の「旬」を楽しめるようにルート、内容がまめに変更されており、たとえば、3月~4月は桜、5月~6月はほたるという風に、伊豆での観光内容も変化する。

様々な意匠が凝らされた豪華な車内空間

伊豆の旅では海風景が車窓の主役となる

2023年3月現在、最も安価で乗車できる片道乗車の「食事付きプラン」でも3万9000円、「クルーズプラン」では目安として10万円台(2名一室・一人当たり)と、少し高めの価格設定とはなっているが、その分、これまで以上に新しい「伊豆」の魅力に触れる旅ができるかもしれない。伊豆を走行する各プランの申し込み方法など、詳細は公式サイトをチェックしてほしい。

なぜ北海道へ??

さて、そんな「THE ROYAL EXPRESS」。なぜ、伊豆を離れ、遠方の北海道を走るのだろうか。きっかけは2018年に発生した北海道胆振東部地震だった。最大震度7を記録したこの地震は、地域に住む日常はもちろん、北海道の観光にも大きな影響を及ぼした。そんな北海道を応援しようと、JR北海道と伊豆急行の母体である東急がタッグを組み、さらにJR東日本、JR貨物も加わり、合計4社で北海道内をめぐる「観光列車の走行プロジェクト」を2019年に立ち上げた。

北海道の旅でも各地で地域の歓迎が行われている

北海道の鉄路は多くが電線の無いディーゼル車で運行される非電化区間だが、「THE ROYAL EXPRESS」は電線から給電して走る「電車」であるため、そのままでは走行することができない。そこで、道内はディーゼル機関車によって牽引されて走る。しかし、それでは車内で使用する電力を供給できないため、JR東日本が自社内で余剰となった「電源車」を東急に譲渡。そしてJR貨物は「THE ROYAL EXPRESS」と「電源車」を北海道へ回送する役割を担っている。

「THE ROYAL EXPRESS」北海道の旅をちょっぴり体験

「THE ROYAL EXPRESS」の北海道運行、「HOKKAIDO CRUISE TRAIN」は2023年で4期目を迎える。この特別運行については「毎年好評」とのことで、リピーター参加者も多いとのこと。北海道での運行プランは「HOKKAIDO CRUISE TRAIN」、「HOKKAIDO CRUISE LMITED」、「HOKKAIDO 日本最北端の旅」とこのプランの前泊として「銀鱗荘でのプレミアムな一刻」が用意されている。いずれも3泊4日の行程だ。

今回のトピックスは初めて日本の最北の鉄路、宗谷本線を走行し稚内を目指す点だ。車両の仕様上、日本最北駅の稚内駅には入線しないものの、ついに「THE ROYAL EXPRESS」は最北の地を目指すことになる。

「HOKKAIDO CRUISE TRAIN」のおもてなし。ドリンクや食事も北海道に特化したものが用意される

今季の運行は各プラン合計で9回。値段は82万円(2名1室)から。申し込みは公式サイトおよび郵送で受けつけており、郵送は2023年4月17日必着、公式サイトからの申し込みは2023年4月17日23:59まで。希望者多数の場合は抽選となる。こちらも詳細が公式サイトに明記されている。なお、車内には寝台施設がないので各プランとも夜は宿泊施設に泊まる。

車内では北海道の食材と味覚、文化などにこだわった食事が提供され、腕を振るうシェフたちも高いセンスと深い造詣の持ち主ばかり。食事の面から鉄道の旅を演出する。

車内で提供される食事の一例。北海道の素材だけでなく、文化にもふれたメニューになっている

さらに車内では「THE ROYAL EXPRESS」のテーマソングを手掛けるヴァイオリニスト、大迫淳英氏の演奏を実施。生演奏だけが持つ臨場感で旅路に花を添える。

大迫淳英氏の生演奏はこの列車の名物。北海道ではオリジナルアレンジ曲も演奏される

「THE ROYAL EXPRESS」が走り、なにかが「変わったか」

「THE ROYAL EXPRESS」をデザインしたのは、JR九州の各種観光列車、豪華クルーズトレイン「ななつ星in九州」などをデザインしてきた水戸岡鋭治氏だ。実は水戸岡氏、この列車がはじめてお披露目された際に、「この列車を(伊豆急行が)走らせても、なにか大きく変わるとは思えない」と辛口な発言を残した。

デザインを担当した水戸岡鋭治氏

観光列車は、車両という「ハード面」以上に、車内外でのおもてなしや地域への理解や情熱など、「ソフト面」が成功の大きな分岐点となる。当時、水戸岡氏はそれを鑑み、このような言葉を残した。

デビューから6年が経ち、今回で4期目を迎える北海道運行など新たな試みを続けている「THE ROYAL EXPRESS」について、改めて水戸岡氏に尋ねてみると「正直ここまで成長するとは思っていなかった」と当時の発言を振り返った。「車両も丁寧にメンテナンスし、みんながこの列車を本気で支えていることがわかる。北海道運行のようにこの車両が仕様上走行できない区間を、各種条件をそろえて走行させたりと、“ありえない”ことも成し遂げている。日本の魅力はローカル線にある。しかし、そのローカル線すべてに観光列車が走らせられるわけでもなく、『THE ROYAL EXPRESS』のように、車両は別会社が保有し、それを他社に貸し出す。こうしたスタイルは今後一つの可能性のように感じる」と語った。

地域と人と共に成長し、育てていく「観光列車」。ローカル線存続に向けた希望の一手になるか

伊豆と北海道という遠く離れた、それぞれの地を走る「THE ROYAL EXPRESS」。この列車はまだ見ぬ鉄道の旅にあなたが出会う、大きなきっかけきっかけになるかもしれない。

取材・文/村上悠太


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2023年5月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「Bluetooth対応リズムライトスピーカー」、特集は「ChatGPT/Bing/Google Bard AI検索超活用術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。