小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ファーウェイが5.5Gへの移行とインテリジェントな世界への加速を宣言

2023.03.02

スペイン・バルセロナで2023年2月27日から3月2日まで開催された世界最大級のモバイル関連展示会「MWC Barcelona 2023」において、ファーウェイの通信事業者向けネットワーク事業グループの社長である李鵬氏が、5.5Gへの飛躍がいかに重要なマイルストーンになるかについて講演を行なった。

李氏は、同社のビジネス構想「GUIDE」がこの重要な成果の基礎を築くのに役立つ可能性があることを強調。本稿では、その概要を再録してお伝えする。

Connectivity+ が5G開発の成功の鍵

2022年末までに230を超える5Gネットワークがすでに商用展開され、10億人を超える5Gユーザーと多数の5Gデバイスがサポートされており、5GはICT業界の急速な発展を推進しています。

コンシューマー市場では、「Connectivity+」を拡張するためにキャリアが革新を続けています。5Gの機能が向上し続ける中、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東の大手通信事業者は、さまざまな種類のデジタル サービスの開発に奔走しています。一部の通信事業者は、ローカルOTTサービスとの接続を統合し、成功を共​​有できるようにしています。

これらの製品には、ソーシャルメディアなどのデジタルサービスとの接続がバンドルされており、ワンストップのデジタルサービスプロバイダーに成長するのに役立ちます。

ホーム市場は、5Gとファイバーの普及が拡大し続けているため、通信事業者がより多くの価値を生み出せる分野になっています。そのため、通信事業者は、より優れたエクスペリエンス、より優れたサービス、およびより効率的なO&Mのために、「Connectivity+」を拡大しています。

5G FWAや10GPONなどのプレミアムホームブロードバンドサービスは、予想よりも急速に拡大しており、ヨーロッパや中東を含む地域の通信事業者がARPUを30%から60%増加させるのに役立っています。

5G、AI、クラウドコンピューティングなどの汎用テクノロジーは、産業のデジタル化を推進し、新たな戦略的機会をもたらしています。

法人顧客はより多くの製品ポートフォリオを必要とし、通信事業者は「Connectivity+」を強化する必要があります。

ある中国の通信事業者は、接続性をクラウド、AI、セキュリティ、およびプラットフォームサービスと組み合わせて新しい市場を拡大し、2022年に産業のデジタル化による収益を20%以上増加させました。

今後もキャリアはネットワーク機能を改善し続け、より保証された体験を提供していきます。そのため、キャリアは「Connectivity+」をよりオープンにしています。

ファーウェイは、GSMAが主導するCAMARAプロジェクトに参加しました。このプロジェクトを通じて、通信事業者がネットワークをサービスイネーブルメントプラットフォームに変換し、より優れたカスタマーエクスペリエンスを収益化できるよう支援することを目指しています。

ウルトラブロードバンド、グリーン、インテリジェントな世界への移行を加速

今後、インテリジェントな世界は物理的な世界と深く統合されます。個人の娯楽、仕事、工業生産など、すべてがインテリジェントに接続されます。

これは、ネットワークがユビキタスGbpsからユビキタス10Gbpsに進化する必要があり、接続とセンシングを統合する必要があり、ICT業界がエネルギー消費からエネルギー効率に焦点を移さなければならないことを意味します。

5Gから5.5Gへの進化は、これらの増大する要件を満たすための鍵となります。

ファーウェイは業界パートナーと協力して、革新的なワイヤレス、光、およびIPテクノロジーを使用してユビキタスな10Gbpsエクスペリエンスを提供する準備ができています。

センシングと通信を統合するための車両と道路のコラボレーションや環境モニタリングなどのユースケースを探ります。統合されたエネルギー効率指標システムを構築して、グリーン産業の発展を推進します。

2022年、ITU-Tはネットワークの二酸化炭素排出量の強度を測定する指標であるNCIeを正式な基準として正式にリリースしました。

中国とヨーロッパの大手通信事業者は、ライブネットワークで新しい多次元エネルギー効率指標を検証し、エネルギー効率を20%から50%改善しました。


スピーチの最後に、李鵬氏は業界全体にGUIDEビジネス構想に従って5Gの繁栄を加速、ウルトラブロードバンド、グリーン、インテリジェントな世界に向けて急速に前進するよう呼びかけた。

関連情報

https://carrier.huawei.com/en/events/mwc2023.

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。