小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

幅55cmの狭い通路でも安全に走行できるアイリスオーヤマの配膳・運搬ロボット「Keenbot T8」

2023.02.24

サービスレベルを維持・向上しながら自動化・DXを促進

アイリスオーヤマは、狭い通路でも安定して、安全に走行できる配膳・運搬ロボット「Keenbot T8(キーンボット ティーエイト) アイリスエディション」の国内販売を開始した。

同社はロボティクス事業に2020年11月に初めて参入し、ソフトバンクロボティクスが提供するサービスロボットに同社の独自開発によるオプション機能を付加した「アイリスエディションシリーズ」を発表している。

そして2021年2月には、ソフトバンクロボティクスグループと合弁でアイリスロボティクスを設立した。

今回発売する「Keenbot T8 アイリスエディション」は、幅38.4cmのスリムなボディと安定した走行が特徴で、狭い通路の店舗(最小通路幅55cm)でもスムーズに運搬が可能。

また、高品質なサスペンションが衝撃を緩和し、安定した走行を実現。周囲の環境に合わせて自動で速度を調整して走行できるため、ドリンクなど液体物も安全に運べるという。

その主な特徴は以下のとおり。

1.狭い通路幅でも走行可能

幅38.4cmのスリムなボディは、ラーメン店や居酒屋などの狭い通路の店舗(最小通路幅55cm)でも、スムーズに走行できる。

2.ドリンクなどの液体物も安定して運搬

高品質なサスペンションが衝撃を緩和することで、スムーズで安定した走行を実現。さらに環境に合わせて、自動で速度を調整して走行するため、ドリンクなどの液体物も安全に運べる。

3.各トレイに搭載した画像認識カメラが受け取りを検知

各トレイに画像認識カメラを搭載。トレイから料理や皿などが受け取られたことを検知して、自動で指定の場所に戻っていく。また、取り間違いが発生した際には発話することもできる。

4.ユーザビリティの高いデザイン

トレイはどの方向からも取りやすいオープンなデザインを採用。各トレイに搭載されたLEDライトで対象のトレイをわかりやすく知らせることで、複数卓配膳にも対応。大型のタッチスクリーンで直感的な画面操作が可能だ。

国内での販売開始に先駆け、さんぱち(北海道札幌市)が運営する「ラーメンさんぱち」の21店舗において導入検証を行ない、導入が決定している。

Keenbot T8の主な製品仕様

製品寸法/384×462×1096mm
本体重量(バッテリー内蔵)/約37kg
トレイ段数/(正方形型)2段(3段目スペースも利用可能)
最大搭載重量/合計約15kg(各段最大5kg)
通過幅/55cm以上(利用の環境や利用方法によって必要な通過幅は異なる)
ナビゲーション方式/SLAM
ホームポジション・次テーブルへの移動/画像認識で自動検知またはタッチディスプレイ上のボタンを押下
設定可能走行速度/最大0.8m/秒
段差/0.5cm以下(環境や積載物によって異なる)
バッテリー容量/AC100~240V 50/60Hz
充電時間/5時間(電源オフ時)
連続稼働時間/13~16時間(使用状況により変動)
対応言語/日本語・英語・中国語・その他

関連情報
https://www.irisohyama.co.jp/b2b/robotics/products/keenbot-t8/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。