小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スズキが5インチの大画面カラーTFT液晶メーターを搭載した海外仕様の大型バイク「V-STROM1050」を国内で発売

2023.02.24

V-STROM1050 リフレクティブブルーメタリック/マットブラックメタリックNo.2

スズキは、大型二輪車「V-STROM(ブイストローム)1050」を一部仕様変更するとともに、新たに「V-STROM1050DE」を設定して、2月28日より国内で発売することを発表した。

V-STROM1050 キャンディダーリングレッド/マットブラックメタリックNo.2

V-STROM1050 グラススパークルブラック/マットブラックメタリックNo.2

 

今回の「V-STROM(ブイストローム)1050」は、クラッチやスロットルを操作せずにシフトアップ/ダウンが可能な双方向クイックシフトシステムを採用したほか、様々な走行シーンに対応する電子制御システムS.I.R.S(スズキインテリジェントライドシステム)の機能の充実や、5インチ大画面カラーTFT液晶メーターの採用により、長距離ツーリングに求められる使い勝手や利便性を向上させる等の変更を行なった。

V-STROM1050DE チャンピオンイエローNo.2/マットソードシルバーメタリック

V-STROM1050DE ブリリアントホワイト/パールビガーブルー

さらに、新たに設定した「V-STROM1050DE」は、トラクションコントロールシステムに専用のGモード(※)を設定し、未舗装路での操縦安定性を高めた。また、フロントには大径の21インチホイールを装着し、前後タイヤにセミブロックパターンのタイヤを採用した。

※Gモードは一定量のリヤタイヤスリップを許容するため舗装路面では使用しないでください。

加えて、標準車よりも左右に20mmずつ幅を広げることで衝撃吸収性能が向上したハンドルバーや、外観向上や用品装着のためのアクセサリーバー、地面の飛び石等からエンジン下部を保護するアルミ製エンジンプロテクターを採用した。

【年間目標販売台数】
300台(日本国内、V-STROM1050DEを含む)

【メーカー希望小売価格】
V-STROM1050 1,628,000円(税込)
V-STROM1050DE 1,716,000円(税込)

【主要諸元】
■Vストローム1050
型式:8BL-EF11M
全長/全幅/全高:2,265mm/940mm/1,470mm
軸間距離/最低地上高:1,555mm/165mm
シート高:850mm
装備重量:242kg
燃料消費率
国土交通省届出値/定地燃費値:27.0km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値:19.3km/L(クラス3、サブクラス3-2) 1名乗車時
エンジン型式/弁方式:U502・水冷・4サイクル・V型2気筒/DOHC・4バルブ
総排気量:1,036cc
最高出力:78kW〈106PS〉/8,500rpm
最大トルク:99Nm〈10.1kgf・m〉/6,000rpm
タイヤサイズ(前/後):110/80R19 M/C 59V・150/70R17 M/C 69V

■Vストローム1050DE
型式:8BL-EF11M
全長/全幅/全高:2,390mm/960mm/1,505mm
軸間距離/最低地上高:1,595mm/190mm
シート高:880mm
装備重量:252kg
燃料消費率
国土交通省届出値/定地燃費値:27.0km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値:19.3km/L(クラス3、サブクラス3-2) 1名乗車時
エンジン型式/弁方式:U502・水冷・4サイクル・V型2気筒/DOHC・4バルブ
総排気量:1,036cc
最高出力:78kW〈106PS〉/8,500rpm
最大トルク:99Nm〈10.1kgf・m〉/6,000rpm
タイヤサイズ(前/後):110/80R19 M/C 59V・150/70R17 M/C 69V

関連情報:https://www.globalsuzuki.com/motorcycle/

構成/土屋嘉久

大事なスマホをがっちりホールド!ツーリング、サイクリング、フードデリバリー、いろいろ使えるDIME最新号の付録スマホホルダー

自転車やバイクで、手持ちのスマートフォンをナビ代わりに使う人が増えている。フードデリバリーの配達員にも利用している人は多い。地図アプリやナビアプリの精度も上がり、ますます利便性が高まっている。雑誌「DIME」の最新号には、そんな使い方をサポートする便利なアイテムが付録として同梱される。画面サイズ5.5インチ〜6.5インチのスマートフォンを装着できる、自転車/バイク用の本格的なスマートフォンホルダー「Xtreme」だ。

【参考】https://dime.jp/genre/1547702/

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。