小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

インバウンドの対応力強化にうってつけ!免税販売と免税電子化に対応したビジコムのクラウドPOSアプリ「リアレジ」

2023.02.24

三井住友カードのオールインワン決済端末「stera terminal」(ステラターミナル)で使えるビジコムのクラウドPOSアプリ「リアレジ」が最新バージョンの提供を開始。免税販売に対応し、さらにインボイス機能を強化した。

免税電子化アプリ「eあっと免税」と「リアレジ」を連動すると、1台でPOSレジ販売から免税電子化とキャッシュレス決済に対応できる。

POSレジ×免税電子化×インボイス×キャッシュレス決済を1台で全部こなすオールインワン決済端末

「リアレジ」の免税販売では、免税対象額を自動で計算するため、消耗品と一般品を一緒に会計でき、スムーズなレジ業務を可能に。インボイス制度にも対応しているので、1台のPOSレジで通常の販売と免税販売ができるようになる。

免税販売のボタンで、自動的に「eあっと免税」が起動し、販売データが連動。免税販売したデータは、免税電子化アプリ「eあっと免税」と連動することで、「stera terminal」1台で、免税販売と免税電子化に対応できるというわけだ。

パスポート情報は「stera terminal」に標準搭載のカメラを使って読み取る。読み取ったパスポート情報は自動登録され、在留資格などをボタンから選択するだけで、免税データ作成、国税庁サーバーに送信することが可能。

「リアレジ」と「eあっと免税」の連携は2023年3月より提供開始予定。また、2023年4月からのVisitJapan対応も予定しており、よりスムーズな免税販売ができるようになる。

ビジコムは、国から承認送信事業者の認定を受けており、免税データは、ビジコムサーバー経由で送信、7年間のデータ保存に対応しているので安心・安全に使える。

「リアレジ」と「eあっと免税」はアプリマーケットstera marketから登録が可能だ。

サービス概要

利用料金
・リアレジ for stera 月額4,180円(税込)/台 レジ、免税販売
・eあっと免税 for stera 月額1,628円(税込)/台 免税電子化

「リテールテックJAPAN 2023」に出展

《stera terminal×リアレジ×eあっと免税》は、2023年2月28日(火)~3月3日(金)に東京ビッグサイトで開催される『第39回流通情報システム総合展「リテールテックJAPAN 2023」』のビジコムブースでリリースに先駆けて展示する。

日時:2023年2月28日(火)~3月3日(金)10:00~17:00(最終日のみ16:30終了)
会場:東京ビッグサイト[東展示棟]
小間番号:RT1103(東1ホール)
展示会HP:https://messe.nikkei.co.jp/rt/
※事前登録で入場料無料

関連情報:https://www.busicom.co.jp/product/rearegi/terminal-app/stera.html

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。