小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

まもなくピークが到来!花粉症の人がこれから取り組むべき対策

2023.02.23

近年ではスギ花粉症の有病率は全国で20%を超えるとの報告もあり、これからの時期は花粉症に悩む人も増えてくるのでは。

そこでマーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングでは、全国20歳~69歳の男女を対象に「花粉症に関する調査(2023年)」を実施。

「花粉症の状況」「花粉症にまつわる気持ちや行動」「花粉症対策で今取り組んでいること・過去に取り組んでいたこと」「花粉症対策でこれから取り組みたいこと」などに関して聴取を行なった。

これから取り組みたい花粉症対策は「乳酸菌の摂取」「空気清浄機を使用」

現在、花粉症の人は42.6%、まだ花粉症になったことがない人は50.8%<図1>という結果となった。このうち重度の花粉症の人は9.1%、軽度の花粉症の人は33.5%。花粉症だったが、今は治っている人も6.5%いた。

花粉症にまつわる気持ちや行動のうち、「花粉症の時期が来ると憂鬱」「外出時のくしゃみは周りの目が気になる」「コロナが緩和しても花粉症のせいでマスクを外せない」がTOP3<図2>。
特に、女性は「マスクと花粉で肌荒れが心配」と「花粉症の時期が来ると憂鬱」が男性と比較して高くなっている。

現在取り組んでいる、または過去に取り組んでいた花粉症対策は、「市販薬を飲む」「医師からの処方薬を飲む」「花粉症対策用マスク・鼻マスク・メガネを身に着ける」が上位に入った<図3>。

次いで、「乳酸菌を意識的に摂取する」「空気清浄機を使用する」も2割台をキープしている。

これから取り組みたい花粉症対策は、「乳酸菌を意識的に摂取する」「空気清浄機を使用する」などがあがった<図4>

花粉症の人では4人に1人が、市販薬や医者の処方薬などの”薬を飲む”と、”乳酸菌をとる“と回答している。

花粉症の人から花粉症ではない人に対して、「辛さをわかってほしい」「コロナを疑わないで欲しい」「花粉症でないのがうらやましい」といった声が多く寄せられた<図5>。

一方、花粉症ではない人から花粉症の人に対しては、「頑張ってください」「特効薬が見つかるように」という応援メッセージや、「いつなるとも限らないので花粉症について知っておきたい」というコメントが届いた。

■調査概要
調査手法:インターネットリサーチ(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域:全国47都道府県
調査対象:20~69歳の男女
調査期間:2023年2月10日(金)~2月13日(月)
有効回答数 :本調査1,100サンプル
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります。

関連情報

https://www.cross-m.co.jp/report/life/20230215hayfever/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。