小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

自動車大手3社の今期の見通しは円安効果で大幅増収も営業利益は原材料高などが重荷に

2023.02.22

トヨタ、ホンダ、日産からなる自動車大手3社の2022年度4-12月期決算が出揃った。

それを受け、三井住友DSアセットマネジメントはこのほど、「自動車業界の2022年度4-12月期決算」に関するマーケットレポートを公開した。レポートの概要は以下のとおり。

 

大手3社とも円安効果で大幅増収も、営業利益は原材料高などが重荷に

自動車大手3社の2022年度4-12月期決算は、大幅な円安により揃って前年同期比で大幅な増収となったものの、営業利益は販売台数の伸び悩みや原材料高の影響を強く受ける結果となった。トヨタは仕入れ先の負担の肩代わり分を含む原材料高が円安や台数増の効果を上回り、減益となった。

一方、ホンダは値引きの見直しやバイク販売の好調から増益を確保した。また、日産は販売低迷が続いたものの、値引きの見直しや前年に業績が落ち込んだ反動から、引き続き低水準ではあるものの増益となった。なお、年明け以降、急速に円高が進んだこともあり、各社とも今期の利益見通しを据え置いた。

トヨタグループの主要8社の4-12月期決算は、同期間で最高益を更新した豊田通商を除き、おおむね厳しい決算となった。デンソーやアイシンといった主要な部品メーカーの今期業績予想は、トヨタの販売台数の伸び悩みや原材料高の影響から、軒並み下方修正となった。

※個別銘柄に言及しているが、当該銘柄を推奨するものではない。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。