小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

自分仕様の基地にカスタムできるスズキの軽ハイトワゴン「スペーシア ベース XF・4WD」

2023.02.23

■石川真禧照のK-CAR徹底解剖

 スズキの軽ハイトワゴンは、2013年にスペーシアを発売したことからはじまる。「スペーシア」は子育てファミリーを中心に人気を集めた。現行モデルは2017年12月に登場した。ハイトワゴンの人気は高く、その後、「スペーシア」をベースにSUV化した「スペーシアギア」を追加した。「スペーシアギア」はマイルドハイブリッドエンジンを全車に搭載し、アウトドアの使用にも耐えるように、水漏れや泥汚れにも対処した内容が評価され、人気モデルになった。

パーソナルユース化が進む軽ハイトワゴン

 現在、スズキの軽自動車の中で「スペーシア」系のハイトワゴンは、全販売台数の25%を占める稼ぎ頭でもある。しかし「スペーシアギア」がデビューしてから約4年を経過し、ハイトワゴンの世界もユーザー層に変化の兆しが見えはじめた。それはハイトワゴンの使われ方だ。ハイトワゴンの乗車定員は4名。ファミリーで使ったり、友人たちを乗せたりするときに使い勝手がよいクルマだ。

 ところが「スペーシアギア」が登場した2018年は、軽ハイトワゴンの4名乗車の割合が60%だったのが、2021年には50%に減少していた。「スペーシア」は53%から40%に減少していることが判明したのだ。つまり軽ハイトワゴンのパーソナルユース化が進んでいたことになる。

 スズキはこの現象に着目したが、自社のハイトワゴンやキャブワゴンではカバーしきれていないことに気づき、早速、新しいジャンルの軽ハイトカーの開発に着手した。こうして生まれたのが「スペーシアベース」だ。4人が快適に乗れるのではなく、1~2名がクルマの中で過ごせるハイトワゴン。そのために、リアシートは割り切った。

 スズキは1970年代に、当時、上級志向に向かっていった軽自動車に対し、リアシートを簡素化し、4ナンバーの商用車として割り切った「アルト」を発売。車両本体価格も当時としても破格。47万円にした。「アルト」は新しいファミリーカーとして、たちまちベストセラーカーになった。こういう過去の実績がある。

 今回「スペーシアカスタム」のボディを基本にして「ベース」は企画された。ただしパワーユニットはマイルドハイブリッドではなくコンベンショナルな658ccターボ。出力は52ps、トルクは60Nmのガソリンエンジンを搭載した。グレードは上級のGFと標準仕様のXF。どちらにもFFと4WDを設定している。ちなみに、FFと4WDの違いはリアサス。FFはトーションビーム式。4WDはトレーリングリンク(I・T・L)式を採用している。FF車は前後にトーションバー式のスタビライザーも装着された。

 今回、試乗したのは「XF・4WD」。シリーズの最高価格車だが、車両本体価格は166万7000円。メーカーオプションとして全方位モニター用カメラパッケージが用意されているが、これは4万6200円だ。ちなみにGF・FF車は139万4600円からとなっている。

「スペーシア」や「スペーシアギア」との外観上の違いはリアクォーター部。ここはガラスではなく、パネルになっている。室内のこの部分にポケットやLEDランプが取り付けることができる。走り出す前にリアスペースをチェックする。商用車規格なので、リアシートは簡素な折り畳み方のベンチシート。座ることはできるが背もたれは低く、角度も垂直に近いので快適ではない。一体式でスライドダウンさせ、ラゲージのマルチボードの高さを調節して、テーブルや平置きスペースとして使える。このボードとフロントシートを使えばフラットなベッドスペースにもなる。フロントシートヒーターやフルオートエアコン、チルトハンドル、シートリフターなども装着されているので、快適なドライビングができる。

カスタマイズし、知らない土地に行ってみたくなる

実際に試乗してみたが、変速機はCVT。ドライブポジションはD、L。シフトレバーにSモード用のボタンが付いている。直列3気筒ターボはスタートからややうなり音がある。街中ではあまり気にならないが、80km/h以上の高速域では音も大きくなる。ただし、0→80km/h加速は11秒台前半なので、軽ハイトワゴンとしては遅くはない。

 ハンドリングは、直進時はやや重めの操舵力、高速走行でもフロントの安定感は保たれていた。ハンドルのロック・トゥー・ロックは4.0回転と大きいので、街中の交差点などではやや重く、戻りはゆっくり目。ワインディングではロールは抑えられ、操舵力はやや軽めになる。路面の凹凸でも乱れは少なかった。

 乗り心地はサラつきや細かいゴツゴツ感は低、中速域では感じたが、高速走行ではあまり気にならなかった。実走燃費は試乗期間中のトータルで18.4km/Lだった。カタログ値の19.9km/L(WLTCモード)には及ばなかったが、決して悪い数値ではない。「自分だけの稼働基地をつくろう」というキャッチフレーズのように、カスタマイズし、知らない土地に行ってみたくなる。そんなハイトワゴンだ。

■関連情報
https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_base/

文/石川真禧照(自動車生活探険家) 撮影/萩原文博

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。