小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

125周年を迎えるプジョーモトシクルがMT式モーターサイクルと大型スクーターを発売

2023.02.23PR

ブランドの原点回帰と新時代の旗手を目指す「ニュージェネレーションライン」をローンチ

1953年に登場したプジョー初のスクーター「S55」

1898年にフランスで生まれた、現存する世界最古のモーターサイクルブランド「プジョーモトシクル」が、今年125周年を迎える。

この記念すべき年に、「モーターサイクルメーカー」というブランドの原点に回帰するとともに、新しい時代を築く旗手となる「ニュージェネレーションライン」が発売となる。

「S55」にインスパイアされたスクーター「ジャンゴ」(2014年)

近年、プジョーモトシクルのラインアップは小型スクーターが中心となっていたが、今回発売するモデルは、MT式モーターサイクルと大型スクーターとなる。

プジョーモトシクルでは今回のカテゴリーの拡充により、総合モーターサイクルブランドとしてさらなる成長を目指すとアナウンスしている。

PEUGEOT TWEET 125/200 GT

2018年に限定販売をしていたプジョー ツイートが、モデルチェンジして新発売となる。前後16インチの大径ホイールにより、ヨーロッパの石畳のような凹凸の多い路面でも安定した走行が可能。

軽量・コンパクトな車体で、日常の足や通勤に最適なモデルとなっている。

今回のモデルチェンジでは外観を一新し、プジョーのDNAをより濃く表したエレガントでモダンなデザインを採用。ボディカラーは4輪でも人気の、グラファイトグレー。LCDメーター、LED灯火類、USBポートなど、最新モデルにふさわしい装備も充実している。ラインアップは、手軽で経済的な125と、高速道路も走行できる200の2種類を用意。

【カラー】
グラファイトグレー

【メーカー希望小売価格】
プジョー ツイート 125 GT ¥390,500 (税込)
プジョー ツイート 200 GT ¥423,500(税込)

PM-01 125/300

PM-01 125

125周年である今年、ブランドの原点を表すモデルとして、新生プジョーモトシクル初のMT式モーターサイクルを発売。ネーミングの中のPMは、プジョー最初のモーターサイクルに由来し、まぎれもない「PEUGEOT」の「MOTOCYCLE」 であることを表している。

ボディはダイナムズムとエレガントさを兼ね備えた、プジョーならではのデザイン。力強い印象のラジエーターシュラウドやショートテールによる凝縮感のあるスタイリングが、圧倒的な個性を主張する。

ラインアップは、都市部でのデイリーユースに最適な125と、街乗りでも高速道路でも、力強いパフォーマンスを発揮する300の2種類。125はエントリーモデルでありながらも、300と多くのパーツを共有し、クラスを超えた品質感を持っている。

PM-01 300

【カラー】
シャープホワイト
ジェットブルー

【メーカー希望小売価格】
PM-01 125 ¥594,000 (税込)
PM-01 300 ¥737,000(税込)

XP400 GT

4輪の分野で近年大きくシェアを伸ばしているSUVにインスパイアされた、全く新しいスタイルのオフロードGTスクーター。高性能ロードバイクとオフロードバイクのコンポーネンツを組み合わせた足回りが、このモデルのコンセプトを表している。

26.5kW(36.7hp)を発生するパワフルな399cc単気筒エンジン、コネクト機能付きフルカラーTFTメーター、スマートキー、トラクションコントロールシステム、デイタイムランニングライト付LEDヘッドライトなど、フラッグシップモデルにふさわしい、クラス最高峰の装備を有している。
※本車両は、PEUGEOT MOTOCYCLES公式サイトを通じたインターネット販売となる

【カラー】
シャークグレー
スノーホワイト

【メーカー希望小売価格】
XP400 GT ¥1,155,000(税込)

関連情報:https://peugeot-motocycles.jp/

構成/土屋嘉久

大事なスマホをがっちりホールド!ツーリング、サイクリング、フードデリバリー、いろいろ使えるDIME最新号の付録スマホホルダー

自転車やバイクで、手持ちのスマートフォンをナビ代わりに使う人が増えている。フードデリバリーの配達員にも利用している人は多い。地図アプリやナビアプリの精度も上がり、ますます利便性が高まっている。雑誌「DIME」の最新号には、そんな使い方をサポートする便利なアイテムが付録として同梱される。画面サイズ5.5インチ〜6.5インチのスマートフォンを装着できる、自転車/バイク用の本格的なスマートフォンホルダー「Xtreme」だ。

【参考】https://dime.jp/genre/1547702/

DIME最新号の特集は「最強のスタートアップ100」「家電の未来予報」、特別付録は自転車&バイク用スマホホルダー

【Amazonで買う】

【楽天ブックスで買う】

【セブンネットショッピングで買う】

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。