小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最も早いのはどこ?今年の桜開花は広範囲で平年並みかやや早い見込み

2023.02.18

ウェザーニューズから桜の季節に向けて「第三回桜開花予想」が発表された。

それによれば2023年の桜の開花は九州から東北にかけて平年並かやや早くなる予想で、北海道では平年より早い開花となる見込み。

開花トップは3月20日の東京と福岡で、21日に横浜、高知、宮崎が続く。3月下旬に西日本から東日本の各地で開花して、4月からは長野や新潟、東北でも咲き始めるという。北海道へは4月下旬に桜前線が上陸する予想だ。

3月下旬に西日本から東日本の各地で続々と開花を迎えていく予想

各都市の桜開花予想

名所の桜開花予想

2023年の桜の開花は九州から東北にかけて平年並からやや早くなる予想となった。北海道では平年より早い開花を予想しており、室蘭など一週間早まるところもありそうだ。

同社では昨年と比較すると、同じくらいの時期に開花するところが多いとみている。開花が早かった九州と北海道では昨年より遅くなるところがある見込みだ。

開花トップは3月20日の東京と福岡で、21日に横浜、高知、宮崎が続く。3月下旬に西日本から東日本の各地で続々と開花を迎えていくという。

4月上旬には長野や新潟、東北南部でも咲き始め、北海道へは4月下旬に桜前線が上陸。4月23日に函館で開花する予想だ。

開花から1週間〜10日ほどで満開を迎えるところが多く、九州から東北は平年並かやや早い、北海道は平年より早く満開を迎える予想となっている。

春の訪れは平年並の予想、3月以降の暖かさで生長が加速

今冬の厳しい寒さで桜の花芽の休眠打破の遅れはないとみられている。

この先、西日本や東日本の2月下旬は寒気が南下や北上を繰り返し、気温がアップダウン。3月からは寒気の南下が弱まり寒さが緩んでいく見通しだ。

南から暖気が流れ込みやすくなって暖かい日が増え、桜の生長が進む。3月後半になると関東や中国エリアの気温は平年より高くなる予想で、東海以西でも平年よりやや高くなる。太平洋側を中心に晴れる日が増えて、日差しの暖かさに後押しされ、同社では桜のつぼみは開花から満開へと順調に生長すると分析する。

北日本では3月まで日本海側を中心に雪や雨の日が多くなりますが、4月からは天気が周期的に変化し後半ほど晴れる日が増えてくる見通し。気温は平年よりやや高いか高い傾向で、開花時期は東北や北海道で平年より早まる予想となっている。

気温の推移と開花への影響

桜の花芽(生長すると花になる芽)は気温の高い夏から秋にかけて作られ、冬になると休眠して一旦生長が止まる。その後、真冬の厳しい寒さに一定期間さらされると、花芽が休眠から目覚め(休眠打破)、開花に向けて再び生長を始める。桜の開花には、春の暖かさだけでなく、冬の寒さも必要なのだ。

※本稿では開花について以下のように定義しています。

平年:1991〜2020年の平均値

非常に早い :基準より7日以上早い
早い    :基準より5〜6日早い
やや早い  :基準より3〜4日早い
並     :基準との差が2日以内
やや遅い  :基準より3〜4日遅い
遅い    :基準より5〜6日遅い
非常に遅い :基準より7日以上遅い

関連情報
https://jp.weathernews.com/news/42695/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。