小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

昨年1年間でモバイルゲームのプレイ時間が最も長かったのは40代、月平均で43.4時間

2023.02.20

2020年初頭から始まったコロナ禍は、様々な経済活動に影響を及ぼしたが、モバイルゲーム業界では、巣ごもり需要の増加に伴いユーザーが増加した期間でもあった。

これに対して2022年は新型コロナウィルスの影響も小さくなり、数年ぶりに東京ゲームショウなどの様々なイベントがオフラインで開催され、旅行やレジャーなどを久しぶりに楽しむ人も見られた。

巣ごもり需要が縮小してきたと考えられる2022年のモバイルゲーム市場では、ユーザーの時間の使い方にはどのような変化があったのだろうか。

ゲームエイジ総研が運用しているマーケティングデータサービス「iGage(アイゲージ)」では、約240万名のスマートデバイスのユーザーのログを自動取得しており、このデータをもとに「2022年のモバイルゲームのプレイ時間」に関する動向を探った。

2020年と比較すると2022年の累計プレイ時間は10%以上減少

まずは2020年1月から2022年12月の期間中、月に1度でもモバイルゲームをプレイしたユーザー全体のデータから、一人当たりの月間累計ゲームプレイ時間の推移を見ていこう。

この3年間で比較すると、一人当たりのモバイルゲームプレイ時間が最も長かったのは2020年だ。新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の発出と、ゴールデンウィークの外出自粛が重なった5月は、一人当たり49.1時間に達した。

延べ時間でみるなら、ひと月の間で丸2日以上に相当する時間が、ゲームプレイに費やされていたことになる。

その後の2年間のゲームプレイ時間は、明確に右肩下がりのトレンドが続く。2022年は過去2年と比べ全ての月で一人当たりの累計プレイ時間が短くなり、ほとんどの月で40時間を下回った。

行動自粛する国民が多かった2020年と比較すると、2022年の累計プレイ時間は10%以上減少していることから、2020年はコロナ禍の巣ごもり需要によってゲームのプレイ時間が大幅に伸びていたことがわかる。

年代別に見た2022年の1か月あたりのゲームプレイ時間

2020年から継続してゲームプレイ時間が減少して迎えた2022年だが、次は、年代別にどの程度の時間をゲームプレイに費やしているのかを見ていく。

ひと月あたりの累計ゲームプレイ時間の平均が最も長かったのは40代の43.4時間。その次に50代の42.7時間、60代の40.2時間と続く。逆に最も少ないのは20代の32.0時間であった。

若年層は比較的カジュアルにゲームプレイするユーザーが多いため、一人当たりの累計ゲームプレイ時間が短くなっていることが考えられる。

一方、40代から60代は、ゲームは一切プレイしないというユーザーも多いが、ゲームをプレイするユーザーに限ると、超時間プレイしているゲーマーが少なくない。

40代はプレイ時間が長くなる傾向のある「戦略シミュレーション」系のゲームユーザー、50代以上は「パズルゲーム」などのプレイ頻度が高いことから、一人当たりの累計ゲームプレイ時間が長くなっていることが考えられる。

最後に2022年の、年代別/月別の月間累計ゲームプレイ時間を見ていくと、全世代で比較すると、30代以上は各月のゲームプレイ時間に大きな変化は見られないが、10代と20代は時期によりゲームプレイ時間が大きく変化していた。

​10代のゲームプレイ時間は、3月、8月、12月に大きく伸びていることがわかる。これは学校の長期休暇の時期と一致しており、10代の学生が長期休暇を過ごす時期には長時間ゲームをプレイしていると考えられる。

しかし、年代が高くなるにつれ、月別による変化は小さくなることから、社会人は学生ほど休暇などの影響を受けていないようだ。

日常の生活行動において、新型コロナウィルスの影響を最も受けた2020年と比べると2022年のゲームプレイ時間は減少したことがわかった。

無料で手軽に始めることのできるモバイルゲームでは、ユーザーのゲームプレイ時間を各ゲームタイトルが取り合っているという状況で、今後もこの減少したユーザーのプレイ時間を奪い合う状況は変わらないだろう。

コロナ禍の行動自粛制限が撤廃され、生活時間の使い方が変化してきている昨今、改めてゲーマーの時間の使い方を把握し、ゲームプレイ時間の維持/獲得に対してどのようにアプローチをしていくのか、タイムシェアを拡大するための戦略が重要になると考えられる。

関連情報:https://www.gameage.jp/igage/

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。