小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「家に自分らしさが反映されている」と感じている日本人は4割以下、世界平均と比べて低い結果に

2023.02.19

自分の暮らす家にポジティブな感情を抱いている日本人はどれくらいいるのだろうか?また、家が自分らしさを表現していると感じている人の割合は?

 

イケア・ジャパンはこのほど、日本を調査対象に含む「Life at Home Report 2022」を発表した。これはイケアが2014年より行っている家での暮らしに関する調査で、2022年度は世界37か国37,000人以上を対象に行なわれた。概要は以下のとおり。

グローバルのハイライト

気候変動よりも国と家庭の経済が不安

世界37カ国、37,000人以上を対象にしたこの調査では、世界の61%が家計に不安を感じており、世界的にインフレが進む中66%が国内経済について不安を感じていることが明らかになった。

また、経済に対する不安は、気候変動の影響に対する不安(56%)を上回り、世界の人々の間で最も関心が高いことがわかった。 日本でもほぼ同等で、65%が経済、59%が家計、57%が気候変動を不安に感じている。また懐が寒くなることで、世界の43%、日本では33%が旅行や外食といった家の外での趣味が影響を受けると予想している。

日本のハイライト

自分の家に対して「昨年と比較してよりポジティブに感じる」、「自分らしさを表現している」と感じる人が少ない日本

今回の調査で特徴的だった結果のひとつは、世界の37%が、「自分の家について昨年と比較しよりポジティブに感じている」と回答した一方で、日本では12%と低い割合で、37ヵ国中35位であったこと。レポートでは家に自分らしさが反映されているとき、家がメンタル・ウェルビーイング(精神的に満たされた状態)の源だと考える傾向が1.7倍であることも明らかになった。

しかし「家に自分らしさが反映されている」と感じている日本人は37%のみで、世界の58%と比べて低い結果となっている。家が自分らしさを表現するために何が重要かという設問に対し、世界では「過去の思い出や体験を思い出させてくれるもの」(32%)が上位の回答であったのに対し、日本人はたった9%のみで、一方「ニーズや興味のあることのためのスペース」が34%で最多となった。

「家では自分らしくいられる」と回答した日本人は63%と世界平均の65%と同等だった。しかし「自宅では住人全員のプライバシーを確保できている」と回答したのは23%(世界41%)と同様に低い結果になった。

日本でインタビューを実施したところ、子どもを優先させ自分のためのスペースを諦めた父親が、家で自分らしさを感じられず難しさを感じていた。

子どもたちのスペースを優先させ、「親」というレッテルから解放されて自分たちの趣味を楽しみ自分らしくいられる場所を、犠牲にしていることがわかった。日本では共に暮らす人と共有する限られたスペースの中で、自分自身になれる方法を模索しながら過ごす人が多いことが伺える。

家にくつろぎの場所を求めているが、ものが多く決まった収納場所がないことが不満

また理想の家に重要なことを質問したところ、世界平均54%に対し日本の66%が「くつろげる、リラックスできる」ことと回答した。続いて「趣味のためのスペースがあること」「一緒に暮らす人とのつながりを育むこと」が続く結果となった。

一方、日本人が家に対して不満を感じる理由のTop3は、「置き場所の定まっていないものがたくさんありすぎる」「整理整頓されていないスペース、または目的のないスペース」「家事をしないといけない(洗濯、掃除、料理など)」だった。くつろげる理想の家で暮らすためには、収納の問題を解決し、家事の負担を家族で分け合うことがカギとなりそうだ。

<テクニカルノート>
この定量調査は、Ingka Holding B.V. (Ingkaグループ)に代わってYouGovが実施したもの。YouGovは、国際的なリサーチおよびデータ分析グループだ。定量調査は、37カ国の18歳以上の人々からなる国民代表サンプルを対象にオンライン調査として実施され、合計37,405人からの調査結果を得た。対象国は次の通り:

オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、中国、クロアチア、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ハンガリー、インド、アイルランド、イタリア、日本、ラトビア、リトアニア、マレーシア、オランダ、ノルウェー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、セルビア、シンガポール、スロバキア、スロベニア、韓国、スペイン、スウェーデン、スイス、タイ、イギリス、アメリカ。

データの収集は、2022年7月から8月の期間に行われた。性別、年齢、地域に対して割当(クォータ)を適用し、結果がターゲットグループの母集団を表すよう、データは、各国の統計から計算された理想的なウェイトに基づいて、性別、年齢、地域の側面に従ってウェイト調整されている。

出典元:イケア・ジャパン

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。