小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

中小企業のDX推進は二極化の傾向、遅れている企業の4割以上が業績低下、3割が給与減少

2023.02.20

生産性向上や人手不足解消など様々な課題の解決手段としてDX(デジタルトランスフォーメーション)への注目が集まるなか、国や多くの企業がDXの支援策を提示している。

特に、日本企業の9割を占める中小企業は今後、労働人口の減少によって生産力や競争力の低下が懸念されており、DXによる業務効率化や新規ビジネスの創出、生産性の向上が急務と考えられる。

そんな中、ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する、ビジネスへのAI活用を推進するサービスブランド群「NURO AI」はこのほど、全国の中小企業で働く1,033名を対象に「全国中小企業のDX進捗」に関する調査を実施。その結果を発表した。

IT化の推進は二極化傾向、約4割の企業でIT化が進んでいない

調査対象者が勤務する企業のIT化進捗を5段階で調査した結果、「全体的に進んでいる(11.6%)」と「大半の部署で進んでいる(14.6%)」を合算したIT化推進企業と、「1、2部署で進んでいる(14.8%)」と「計画段階にある(19.8%)」を合算したIT導入企業をまとめると6割以上(60.8%)となった。一方で「全く進んでいない」と回答したIT化未導入企業は約4割(39.2%)と二極化の傾向が顕著に表れた。

IT化が遅れている企業は業績低下、給与減少

今回調査した企業において、コロナ前(2019年度)と調査時点(2022年9月)の「企業の業績」や「収入」を比較すると、推進化企業では34.7%が業績向上、26.2%が給与増加したのに対し、IT化が進んでいない企業は40.2%が業績低下、26.4%が給与減少という結果になった。 これらの数値にはIT化推進以外の要因も関係していると思われるが、調査結果からIT推進化企業とそうでない企業で明確な差が生まれていることがわかる。

IT化が進んでいない企業は支援策がわからない「IT迷子」状態に

IT化推進の有無が企業の業績や社員の収入と相関する傾向があった一方で、IT化が進んでいない企業のうち、約5割(48.4%)がIT化推進に必要な支援策が不明であるということがわかった。

<調査概要>
調査対象:中小企業(従業員数20~100人)で働く全国の男女1,033人
調査期間:2022年9月9日〜13日
調査方法:インターネット調査

出典元:「NURO AI」を展開する「ソニーネットワークコミュニケーションズ」調べ

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。