小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

人はなぜガチャガチャを回したい衝動に駆られるのか?

2023.02.21

Makimaが運営するガチャガチャ情報メディア「ガチャるん」では、日本全国の10代以降の男女を対象に「ガチャガチャを回す理由」についてのアンケート調査を実施。結果をグラフ化したほか、回答コメントも添えて発表した。

画像はイメージです

ガチャガチャを回す理由、1位は「欲しい商品がある』

1位:欲しい商品がある

1位は「欲しい商品がある」だった。欲しいキャラのガチャがある、集めたいという収集欲がある、など幅広い年齢層からコメントが寄せられた。

・こどもがいるため、どうしてもアンパンマンの商品を見るとすぐに買ってしまいます。こどももアンパンマンを見つけると、その場から離れないので。(20代女性)
・城とかのグッズは少なくて、ガチャガチャに限らず、常に欲しがっている。ミニチュアでも部屋に飾ると、様になるので、全部買ってしまう(30代男性)
・ガチャガチャの機械の表面に張っている写真で欲しい物があった時に回します。出てきたら嬉しいし、違うのが出るとまたやりたくなります。(40代男性)

2位:何が出るか分からないワクワク感

回すことが好き、ギャンブル要素的な何が出るか分からないから、運試し感覚という意見が多く見られた。

・家族や友人と遊びに出た際にガチャガチャを回すことが多いです。同行者のうち、だれか一人の欲しいものがあるとみんなで回してわくわく感を楽しむためこちらの理由を選びました。(20代女性)
・可愛いキャラクターものなどは特に何が出るかわからないワクワク感を楽しむためにガチャガチャを回しています。(30代女性)
・ガチャの景品自体はあまり興味がなかったとしても、友達とやろうという話になった時は、ちょっとしたギャンブル感を味わえ、とても盛り上がります(10代男性)

3位:面白い・話のネタになる

子供たちで流行っているガチャがある、変わったガチャがあって回したくなる、職場でガチャの話をする、話のきっかけになりやすい、という意見も多かった。

・最近のガチャガチャはニッチな層を狙ったものもあり、話のネタになります。ショッピングセンターで彼女がトイレに行ってるときなどに暇つぶしでやってます。(30代男性)
・話のきっかけになりやすい。保育園で働いているので、子どもとのコミュニケーションにも役に立つ。自分の好きなものを知ってもらえるきっかけになる。(30代女性)
・自分が興味あるものがたまたま目についたときにガチャをまわすことがあります。とりあえず何が出ようと自分の机の上に置いたら楽しいだろうなと思うことがあるからです。(40代男性)

4位:手軽に回せる価格帯

数百円で回せる、手軽、ギャンブルほどのめりこみがなく、中身もコンパクトで場所を取らないという意見も目立った。

・大好きなシリーズが出たとき、できればコンプリートしたいという気持ちが強いのですが他の物の場合一つ一つの値段が高いのでなかなかそろいませんが、ガチャガチャは数も少なく値段も手軽なのでそろえやすいため。(20代男性)
・お店で小物など買うときはこんなの使わなくなると思ってしまうので買うことを躊躇することが多いですが、数100円だと数日楽しめれば捨ててもいいやと思える価格帯ですしで思い出も作りながら気軽に手に入れることができるため。(30代男性)
・”安いので気軽に楽しめるし、他のギャンブルほどのめりこむこともないので安心。中身も小さい物が多いので場所をとらない。”
(30代男性)

5位:SNSでバズっていたから

Twitterで見て購入、SNSで投稿したらバズるかもしれないと思い回したという意見もあった。

・SNSで昭和レトロなガチャガチャを見てとても欲しくなったので試しにガチャガチャを回しました。欲しかったものが出たのでよかったです。(20代男性)
・今Twitterなどで変わったガチャが流行っています。だからこそ、投稿したらバズるかなと思いました。(20代男性)

調査概要
調査対象:10代以降の男女
調査日:2023年2月
​調査主体:合同会社Makima
調査方法:インターネットによる任意回答
調査人数:100人
調査方法:インターネット調査

関連情報
https://cocoaorei.work/gacha/report1

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。