小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【最新ビジネス解説】「働く」をエンタメに変える冒険社プラコレのメタバースオフィス「ViKet Town」

2023.02.21

リモートワークの定着とメタバース、といったトレンドに乗って、オンラインの仮想的なオフィス(メタバースオフィス)が各社からリリースされている。2025年度には180億円の市場規模になるという予測もあり(矢野経済研究所)、今後もソリューションが提案されるだろう。

今回は冒険社プラコレの「ViKet Town」を紐解いていく。ユニークな設計のキーワードは「エンタメ」だ。

自律的なコミュニケーションがうまれる設計

メタバースオフィスは物理的には離れていても、隣の席にいるような感覚で仕事ができるのがメリット。そんななかでViKet Townは、上述のとおりトークンエコノミーと、それによるゲーム性が巧みに組み込まれている。自律的にコミュニケーションが行われるのが、強みだろう。

同社のViKet Townに投稿された日報を見せてもらったところ、かなり詳しくその日の出来事や内省が語られていて驚いた。そこに、同僚からのコメントも多数寄せられている。元々の組織風土はあるだろうが、活発なコミュニケーションにはViKet Townの影響も小さくないという。

仲間をさり気なくフォローしたり、間に入って潤滑油になるような人は、組織への貢献度は高くても、リアルでは評価されづらいもの。しかし、ここではコミュニティへの参加がvikeという定量的な指標で表される。見えなかったものが見えるようになり、多様な個性が評価されるようになれば、働く人のモチベーションも上がるはずだ。

現実の代替えとしての仮想空間だけでなく、テクノロジーのメリットを生かした総合的な設計が、ユーザーの体験を左右する。今後さまざまなメタバースオフィスの付加価値をチェックするよい視点となる。

ViKet Town

取材・文/ソルバ!
人や企業の課題解決ストーリーを図解、インフォグラフィックで、わかりやすく伝えるプロジェクト。ビジネスの大小にかかわらず、仕事脳を刺激するビジネスアイデアをお届けします。 
https://solver-story.com/

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。