小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

狙い目は週末!続々とオープンする令和のネオ横丁の歩き方

2023.02.12

ひとつの場所に何軒もの異なった業態の飲食店がつらなる、「横丁」スタイルの飲食店が増えている。一説には都内だけで20はあるといわれ、2022年にオープンした横丁だけでも、ざっと以下のとおり。

昭和の横丁は「自然発生型」、令和のネオ横丁は「開発型」

「小虎小路」

1月には、虎ノ門ヒルズの近くに、全国からエントリーした居酒屋の頂点を決める大会「居酒屋甲子園」参加店舗を中心に全10店舗の飲食店が軒を連ねる「小虎小路」がオープン。

「小虎小路」は、エントランスから「祭り」を軸とした懐かしさと賑やかさを感じさせる内装。

「新宿横丁」

同じく1月には、不動産事業を手掛けるテンワスが手掛ける「新宿横丁」がオープン。創業100年を越える「築地青空三代目」が新たに手掛けるすしスタンド「EDOMAE SS」、フランスの古典菓子であるファーブルトンを提供する店「KOBE FarBreton(ファーブルトン)」などが出店し、話題を集めている。

「浅草横町」

7月には株式会社スパイスワークスホールディングスが、台東区浅草の六区地区にある「東京楽天地浅草ビル」4階に、飲食と日本の祭りの殿堂「浅草横町」がオープン。

「浅草横丁」の飲食店は7店舗。着物で祭りが楽しめるように、横町内にレンタル着物屋さんもある。

「龍乃都飲食街~新宿東口横丁」

10月24日には、株式会社浜倉的商店製作所が、都内最大級となる全17店舗のエンタメ系飲食街が集まった「龍乃都飲食街~新宿東口横丁」をオープン。浜倉的商店製作所代表の浜倉好宣氏は、「恵比寿横丁」をはじめ全国のシャッター街などを再生し、新しいコミュニティの場として再生させるべくプロデュースを行ってきた“ネオ横丁の仕掛人”として有名だ。

「龍乃都飲食街~新宿東口横丁」外観。“龍乃都”とは深海の底にあると言われる竜宮城のある都のこと。外観は和の国の竜宮城を彷彿させる異次元の世界観をイメージしている。

「龍乃都飲食街~新宿東口横丁」地上階にはアジア5か国の専門店5店舗、地下にはクラブのようなDJブース、ミラーボール、大型ビジョンを囲んだ素材特化型専門店及び、地域特化型飲食店12店舗がある。

令和のネオ横丁が昔ながらの横丁と違うのは、本来の横丁は自然発生的なものだったが、ネオ横丁はディベロッパーによる「開発型」であること。また「横丁」といえば、古びた小さな個人店が連なる“おじさんのたまり場”というイメージが強いが、ネオ横丁はオシャレな空間と最先端のフードで若者が集うスタイル。高価格帯の名店がカジュアル業態で営業していたり、地方の名店が東京に進出するためのアンテナショップだったりと、価格帯は低めなのにクオリティが高くお得感が強いのも特徴だ。そのひとつに実際に行ってみた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。