小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

すぐにやるべき?iOSをアップデートをしないことのメリットとデメリット

2023.02.07

iPhoneを使っていると、ソフトウエアのアップデートが配信されることがありますよね。最新のソフトウエアが配信されたらすぐにアップデートをする人、しばらく様子を見る人など、対応は人それぞれでしょう。

特に「メジャーアップデート」と呼ばれる大型アップデートの場合、アップデート作業には数分~数十分かかることもあり、なかなか面倒に感じている人も多いはず。そこで本記事では、iOSのアップデートをしない場合のメリット、デメリットをご紹介します。

iOSの「メジャーアップデート」と「マイナーアップデート」。 それぞれしないとどうなる?

iOSのアップデートには、大きく分けると「メジャーアップデート」と「マイナーアップデート」の2種類があります。

執筆時点で配信されている最新バージョン「iOS 16.3」を例にすると、「16」の部分が変わることをメジャーアップデート、点(カンマ)以下の「3」以降が変わることをマイナーアップデートといいます。ちなみに、メジャーアップデートは最新のiPhoneシリーズが発売されるタイミングとほぼ同時に行われており、1年に1度が通例となっています。

iOSのアップデートをしないメリット、デメリットは?

iOSのアップデートを行うメリットとしてまず挙げられるのは、新しく追加される機能をすぐに試せる点でしょう。最新バージョンのiOS 16では、ロック画面上にウィジェットが配置できたり、通知が下部にまとめて表示する機能、画像から対象物を長押しして切り抜くといった新機能が追加されています。

また、アップデートの多くには、セキュリティパッチが入っているため、安全な状態を保つのであれば、最新バージョンのソフトウエアをインストールしておくのがおすすめです。

アップデートの内容によっては、ソフトウエア面からのコントロールによって、省電力性の向上につながる場合もあります。ただし、最新バージョンで機能が追加された場合は、消費電力が逆に増える可能性もあります。

一方、アップデートをしないメリットは、使い慣れた環境を維持できる点でしょう。特にメジャーアップデート後には、これまでとは違う操作が求められる場合もあるため、慣れるまで使うのが面倒という人には、メジャーアップデートをしないという選択肢もあるでしょう。

また、メジャーアップデートの直後には、アプリが対応していなかったり、多少のバグがあったりと挙動が不安定になる可能性もあります。大型アップデートの直後には、予期せぬエラー、不具合が発生する可能性もあるので、これらを避けるためにしばらく様子を見るのもありです。

iOSのアップデートを自分のタイミングで行うなら「自動アップデート」をオフに

紹介してきた通り、ソフトウエアのアップデートにはメリット、デメリットの両方が存在するので、一概にどちらがおすすめとはいえません。

iPhoneの場合、デフォルト設定では「自動アップデート」機能がオンになっているため、充電機に接続し、Wi-Fiに接続された状態だと、夜間の使っていない時間帯に、最新のソフトウエアに更新される場合があります。

ここからは、アップデートの配信後はしばらく様子を見たい、自分のタイミングでアップデートを行いたいという人のために、iOSの自動アップデートをオフにする手順を紹介していきましょう。

1.iPhoneの設定アプリを開き、「一般」に進みます。

2.「ソフトウェアアップデート」をタップ。続いて、「自動アップデート」に進みます。

3.「iOSアップデートをダウンロード」もしくは「iOSアップデートをインストール」をオフにします。

以上の操作で、iOSのアップデートは、手動の作業となります。なお、「iOSアップデートをダウンロード」は、最新ソフトウエアの情報をiPhoneにダウンロードするだけで、それを実行するためのインストールは行わない状態、「iOSアップデートをインストール」は、最新ソフトウエアのインストール、ダウンロードの両方を行う状態を指します。

※データは2023年2月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。