小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Googleのインフォテイメントシステムを搭載したボルボ「XC40 Recharge Ultimate Twin Motor」の使い勝手を検証

2023.01.28

北欧、スウェーデンの自動車メーカー、ボルボは、世界でいち早く全車を電動化した自動車メーカーだ。例えば、2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーを輸入車として受賞した、選考委員の筆者も満点を投票したコンパクト・シティSUVのXC40は、現在、48VハイブリッドモデルとEV・ピュア・エレクトリックモデルのみ。ひとつ上級のボルボでもっとも売れているXC60はプラグインハイブリットモデルと48Vハイブリッドモデルの展開。ボルボ最新のクロスオーバーモデルであるC40はEV・ピュア・エレクトリックモデルだけとなっている。

 また、定評ある世界最高峰の安全性能、先進運転支援システムに加え、インフォテイメントシステムの充実ぶりにも注目で、XC60からGoogle を搭載した Androidベースの新しいインフォテイメントシステムを今では全モデルに採用。誤解してほしくないのは、すでに普及しているGoogleのAndroid Autoとは違う、スマホやタブレットでおなじみのGoogleアプリ&サービスのハンズフリー機能を、新世代インフォテイメントシステム、ハイブリッドナビ、車載SIMとともにフル搭載しているところである。

ボルボXC40 Recharge Ultimate Twin Motor 試乗記

さて、ここではボルボXC40 EV・ピュア・エレクトリックモデルの試乗記をお届けしたい。

XC40のEVピュア・エレクトリックモデルには、前輪駆動のシングルモーター、69kWバッテリー、一充電走行距離502km(WLTCモード)のRecharge Plus Single Motorと、四輪駆動=AWDとなるツインモーター、78kWバッテリー、一充電走行距離484km(WLTCモード)のRecharge Ultimate Twin Motorが揃っているが、今回は後者のほうである。

エクステリアデザインは主にフロントセクションがEV・ピュア・エレクトリックモデル専用となるが、XC40のCMAプラットフォームを基本としながら、当然、エンジンを積まないフロントセクションとリチウムイオンバッテリーを敷き詰めたフロアもまた専用設計となる。

インテリアは基本的にこれまでのXC40のままだが、メーターはもちろんEV・ピュア・エレクトリックモデル専用で、このモデルのシートはレザーフリーのファブリック。ボディカラーのセージグリーンプレミアムメタリックとの組み合わせは、次世代ボルボ(EX90など)を象徴するコーディネーションとのことだ。ファブリックシートということは、筆者がお気に入りのフロントシートベンチレーション機能は持たない・・・。

動力性能はフロントモーター204ps、33・6kg-m、リヤモーター204ps、33・6kg-m。この強大なモーターパワー、トルクを、電子制御AWDシステムによって、フロント235/45R20、リヤ255/40R20サイズのタイヤを介して排気ガスを一切出さずに路面に伝えることになる。サスペンションはフロントストラット、リヤマルチリンク。最低地上高180mmとなる。

借り出した際のバッテリー残量は88%、走行可能距離は約380kmだった。なお、充電は急速充電のCHAdeMO、200Vの普通充電に対応。200V/6kWで78kWバッテリーにフル充電するには、例えば10%から100%までだと約12時間。午後8時に自宅などで充電を開始すれば、翌朝午前8時には満充電になっていることになる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。