小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

昔とは全然違う!「ルンバ」を最新のiシリーズに買い替えてわかったロボット掃除機のスゴい進化

2023.01.25

掃除機の進化はすさましい。一昔前まではコードを巻き上げる真空掃除機が主流であったが、コードレスのサイクロン式が登場。そして、人が動いて掃除しなくてもよいロボット掃除機が発売され、人々の暮らしは豊かに。しかし、そんな最新式のロボット掃除機も日々進化し続けている。

我が家もルンバを愛用しており、今年800シリーズからiシリーズに買い替え。最新機種ではないが、以前のルンバとどう進化をしたか?違いをレポートする。

ルンバを買い替えた理由は…

我が家は2匹の猫と暮らしているため、毎日の掃除は欠かせない。ルンバを購入する前はコード付きダイソンを使用していたが、吸引力は強いものの、アップライト型の掃除機は重く、毎日の掃除向きではなかった。

そこで導入したのがルンバだ。アメリカ在住の筆者は、周りでルンバを使用している人が増え「便利だ!」という声を多く聞くようになり、2018年、当時は比較的新しい機種であったルンバ891を購入した。

初めてのロボット掃除機は、画期的できちんとホームベースに戻るルンバに感動した。

しかし、4年ほど使用してくるとゴミの吸い上げが悪くなり、段差に引っかかりスタックすることも多々。稼働時間が減り、自分できちんとホームベースに戻れなくなった。

ロボットも人のように老化なのか働きが悪くなり、最終的に、ルンバを使った後にもしっかり掃除機をかけないといけなくなり、買い替えを検討するようになった。

我が家にきた「ルンバi1」

我が家が新しく迎えた機種は「ルンバi1」。日本では販売されていない機種だが、日本で販売されている「i3」とほぼ同じ機能で、カラーが異なるモノだ。現在販売されているルンバの中での最高峰は「s9」になるが、「i1」は多機能な中位モデル。

吸引力が高く、規則正しい動きで効率的に清掃してくれる点、最新モデルではないため買いやすい価格だったことが購入の決め手となった。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。