小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2月10日はニートの日!語源、イベント、人口、知られざる豆知識

2024.02.05

2月10日は『ふきのとうの日』や『豚丼の日』といったように、ユニークな記念日が多くあります。そのなかでも、語呂合わせで『ニートの日』でもあることを、ご存じでしょうか?正式な記念日ではないものの、ニートのためのイベントも開かれています。

2月10日はニートの日?

2月10日はさまざまな記念日とされていますが、ネットを中心にニートの記念日として盛り上がる日でもあります。まずは『ニートの日』の由来や語源を押さえておきましょう。

「2」と「10」の語呂合わせ

『ニートの日』は2月10日といわれておりますが、この由来は単純に『2』と『10』の語呂合わせによるものです。認定NPO法人ニュースタート事務局によって、2月10日が『ニートの日』と定められたとされていますが、それ以前から『ニートの日』として話題に挙がっていたとする説も有力です。

実際、ニートという概念が登場してから、インターネット上で勝手に、2月10日をニートの記念日として扱う動きもあり、毎年のように話題となっています。

そもそもニートの語源は?

『ニート(NEET)』とはそもそも、『Not in Education, Employment or Training』の頭文字をとった言葉で、主に15~34歳までの労働していない人のうち、特に学校に行ったり、家事をしていなかったりする人を指します。『若年無業者』とも呼ばれており、35歳を過ぎると単に『無職』と表現されるようになります。

もともと20世紀の終わりにイギリスで使われ始め、2003年頃に厚生労働省管轄の研究機関で紹介されたのをきっかけに、日本でも広く使われるようになりました。

正式な記念日ではない

2月10日が『ニートの日』というのは、正式に認められているわけではありません。記念日の登録制度を実施している、一般社団法人の日本記念日協会では『ニートの日』の登録はないようです。

あくまでも、インターネットを中心にニートの日とされているだけで、国民の間にはまだ認識が広まってはいない状況です。ただし、今後多くの人が『ニートの日』を記念日として認め、毎年話題に挙がるようであれば、今後正式に記念日として登録される可能性もあるでしょう。

2月10日は記念日が多い

正式な記念日ではないものの、毎年インターネットを中心に注目される『ニートの日』以外にも、2月10日はさまざまな記念日として知られています。例えば、日本記念日協会で正式に認められている『フルートの日』や『フードの日』などは、『ニートの日』と同じく語呂合わせで記念日とされたものです。

ほかにも、語呂合わせでは『ふとんの日』や『ふきのとうの日』もあります。さらに『左利きグッズの日』や『豚丼の日』など、ユニークな記念日でもあります。2月10日は他の日と比べても記念日が多い日なので、自分なりに調べてみるとよいでしょう。

参考:一般社団法人 日本記念日協会

ニートは増えている?減っている?

就活のイメージ

(出典) photo-ac.com

2月10日を『ニートの日』として記念する動きもありますが、そもそも『ニート』は社会問題の一つとして、長く取り沙汰されてきました。現状、働かないことを選択する若者は、増えているのでしょうか?

ニートは2021年の段階で約75万人

総務省の『労働力調査』によると、2021年時点における全国でニートとみなされる人の数は、約75万人と推定されています。時期によって増減はあるものの、ここ20年ほど高水準で推移している状況です。

2004年の同調査によれば、当時は国内で約64万人のニートがいるとされていたため、徐々に増えてきていることが分かります。少子高齢化によって若年層の人口が減っている一方で、ニートの割合はいまだ高い水準にあります。

参考:労働力調査|総務省

ニートになる人が多い原因

病気やケガをきっかけとして、ニートになってしまう人も多くいますが、いじめや不登校によって社会に出られなくなり、働かない状態になる人もいます。さらに、メンタル面の不調が引き金となるケースも少なくありません。

ニートになる原因はさまざまですが、若年層におけるニートの割合は常に高い水準を維持しています。社会全体で、さまざまな支援策を検討する必要があるでしょう。例えば、認定NPO法人ニュースタート事務局はニートの自立支援のために活動している団体で、2月10日にはニート向けのイベントを開催しています。

ニートにまつわるイベントがある?

2月のカレンダー

(出典) photo-ac.com

2月10は各地でさまざまな記念日に関するイベントが開かれるなか、『ニートの日』にちなんで、毎年『ニート祭り』が開かれています。

毎年開かれている「ニート祭り」

認定NPO法人ニュースタート事務局は、2005年から毎年2月10日に『ニート祭り』を開いています。ニートや引きこもりの人に対し、自立支援の一環として、頑張りすぎず幸せに生きるための情報を提供しているほか、ニート経験者・支援者などによるトークライブやプレゼント企画もある参加型のイベントです。

同事務局はこれまでイベントや訪問支援を通じて、1,600名を超えるニートや引きこもりの自立支援をしてきた組織です。

『ニート祭り』は2023年には開催されませんでした。今後何らかの形でニートに関するイベントが開かれる可能性はあります。定期的に、事務局からの情報を確認してみるとよいでしょう。

※2024年1月28日時点の情報です

認定NPO法人ニュースタート事務局|ニート・引きこもり支援

▼あわせて読みたい

「左利きの日」っていつ?日本における左利きの割合と知られざる左手グッズ

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年3月15日(金) 発売

DIME最新号はデザイン一新!大特集は「東京ディズニーリゾート&USJテーマパークの裏側」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。