小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

旅行や出張の履歴確認に便利!Google Mapの位置情報をオンにしておくと使える「タイムライン」の活用法

2023.01.15

グーグルの地図サービスとして知られる「Google Map」。ほとんどのAndroidスマートフォンにプリインストールされているのに加え、iPhone向けのアプリも配信されているため、多くの利用者がいるサービスです。

目的地までの経路や時間を調べられるのがGoogle Mapの主な機能ではありますが、スマートフォンの位置情報を「常にオン」にしておき、タイムラインを作成すると、過去に訪れた場所やルートを記録しておくことができます。

本記事では、Google Mapのタイムライン機能の使い方や、iPhone、Androidスマートフォンそれぞれの設定方法を紹介。過去に訪れた場所を振り返るのに便利なので、ぜひ試してみてください。

Google Mapのタイムラインを作成するためにiPhone、Androidスマートフォンの位置情報をオンにしよう

Google Mapのタイムライン機能を使用するためには、スマートフォンの位置情報と「ロケーション履歴」をオンにする必要があります。まずは、iPhoneとAndroidスマートフォンでこちらの設定をオンにする方法を見ていきましょう。

iPhoneのGoogle Mapアプリで位置情報サービス、ロケーション履歴をオンにする方法

まずはiPhoneのGoogle Mapアプリで、タイムライン機能を使用するために位置情報サービス、ロケーション履歴をオンにする方法です。iPhoneの場合、Google Mapアプリはプリインストールされていないので、まだの人はApp Storeよりインストールしましょう。

下図は、iOS 16.1.2をインストールしたiPhone 14 Proのものです。

iPhoneでGoogle Mapアプリを開き、アカウントアイコンをタップ。「設定」に進む

「個人的なコンテンツ」をタップし、「位置情報の設定」という項目内で、「位置情報サービスが[常に使用]に設定されていない」をタップ

「設定」アプリが起動するので、「位置情報」をタップし、「常に」にチェックを付ける

Google Mapアプリに戻り、「ロケーション履歴がオフ」をタップ。「有効にする」をタップする

AndroidスマートフォンのGoogle Mapアプリで位置情報サービス、ロケーション履歴をオンにする方法

続いて、Androidスマートフォンでの設定方法を見ていきましょう。画像は、Android 13をインストールしたGoogle Pixel 7 Proのものとなります。

Google Mapアプリを開き、右上のアカウントアイコンをタップ。「設定」に進む

「個人的なコンテンツ」をタップし、「位置情報がオン」に進む

「位置情報を使用」がオンになっていることを確認し、「アプリへの位置情報の利用許可」をタップ。「マップ」アプリがあることを確認する

1つ前の画面に戻り、「位置情報サービス」をタップ。「Google ロケーション履歴」に進む

任意のGoogleアカウントを選択し、ロケーション履歴がオンになっていることを確認。オフの場合は、「有効にする」をタップする

Google Mapで過去の位置情報やルートが確認できる「タイムライン」の使い方

タイムラインの表示方法はiPhone、Androidスマートフォン共通。Google Mapアプリを開き、右上のアカウントアイコンをタップ。「タイムライン」に進みます。

画像はGoogle Pixel 7 Pro

タイムラインが表示されるので、上部のタブを確認したい項目に切り替えて、知りたい情報を確認できます。「日」に合わせると、何月何日にどこに移動したかが時間とともに確認可能、「ルート」では、過去に訪れた旅行先の表示、「分析情報」では、1か月ごとの移動距離や訪れた場所が表示できます。

「スポット」は訪れた場所の種類ごと(飲食店、ホテルなど)の表示、「都市」は市区町村ごとに訪れた場所の表示、「全地域」で国ごとに訪れた地域の表示が可能となっています。

Google Mapの位置情報は友人や家族と共有できるって知ってた?

ここまで、過去に訪れた場所や移動経路の確認ができる「タイムライン」機能について紹介してきましたが、Google Mapでは、今いる位置をほかのユーザーと共有することもできます。

こちらも、操作方法はiPhoneとAndroidスマートフォンで共通。画像はGoogle Pixel 7 Proのものとなります。

Google Mapアプリを開き、現在地、もしくは共有したい場所を長押ししてピンを刺す

「共有」をタップし、位置情報を共有するユーザーを選択。別のアプリを使って共有する場合は、「その他」をタップし、任意のアプリをタップする

※データは2022年12月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。