小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2022年に上場企業の倒産は何件発生したのか?

2023.01.13

毎年、多くの企業が倒産しているのは周知の事実だ。では、上場企業に限った場合、たとえば昨年2022年では、いったい何社の上場企業が廃業の憂き目に遭っているのだろうか?

帝国データバンクはこのほど、2022年に発生した上場企業倒産について調査・分析を行ない、その結果を発表した。

リーマン・ショック(2008年)の33件をピークに減少、2022年は1件

2022年の上場企業倒産は、29日17時時点で1件となっている。2020年以来2年ぶりの発生となったほか、1件にとどまったのは2019年以来3年ぶり。倒産したのは当時東証スタンダードに上場していたバイオベンチャーのテラ(株)(東京都)で、8月に破産手続き開始決定を受けた。

同社はコロナ治療薬の開発などを行っていたが、インサイダー取引など金融商品取引法違反などのトラブルが発生。研究開発費負担が重いなか、第三者割当増資などの資金調達がままならなくなり、資金繰りに行き詰まって事業継続を断念した。

上場企業倒産はリーマン・ショックが起きた2008年(33件)をピークに減少傾向が続いており、政府が2023年にも通常国会への提出を目指すとされる「私的整理の多数決制導入」が実現することでさらに強まる可能性もある。

ステークホルダー(利害関係者)を多く抱える上場企業では、混乱やブランドイメージの毀損を最小限にとどめるために法的整理(倒産)回避の動きがさらに進むことが予想され、2000年代前半や2008年のリーマン・ショック時に多発した「上場企業倒産」はほとんど発生しなくなるとみられる。

出典元:帝国データバンク

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。