小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今年ブレーク確実と言われている「ヨンジーガムロ」ってどんなスイーツ?

2023.01.14

2021年に台湾で爆発的にブレイクしたスイーツ「楊枝甘露(以下、「ヨンジーガムロ」)」をご存じだろうか。

アジアンスイーツ愛好者の間ではすでに話題沸騰のヨンジーガムロが、ついに日本上陸。2022年11月26日、フルッタフルッタ(東京都千代田区)がコストコでボトルタイプのヨンジーガムロの先行販売を開始した。日本でも今年、ブレイク必至といわれている。

香港・台湾を席捲した人気スイーツがついに日本でも発売開始!

オンラインショップでは2022年12月15日にから販売されている27%混合果汁入り飲料「楊枝甘露(ヨンジーガムロ)(1020g)」。オープン価格、公式オンラインショップでの価格は2本セット税込3000円。

そもそもヨンジーガムロとは、香港発祥のスイーツ。新鮮な生のマンゴーに柑橘類やタピオカ、ココナッツミルクなど加えたもので、高級コース料理の最後に出てくるデザートだったが、今では巷で愛される香港の鉄板スイーツになった。さらに最近になってこの伝統的なデザート をカジュアルにアレンジしたヨンジーガムロが一般のカフェで販売されるようになり、人気が爆発。それが台湾に飛び火した。

香港で生まれた「ヨンジーガムロ」はなぜ、台湾でヒットした?

台湾でのブレイクのきっかけは、手軽に飲めるドリンクタイプのヨンジーガムロがコストコで発売されたこと。たちまち売り切れ店続出の大ヒット商品となり、台湾に数えきれないほどあるティースタンドが競って商品化。それを受けて人気カフェチェーンやコンビニ、菓子メーカーからヨンジーガムロをアレンジしたスイーツが続々と発売されたのだ。

右は、2021年に台湾で発売されブームの火付け役となったボトル入りヨンジーガムロ。※画像提供:KFS(金利食安科技股份有限公司)

日本同様、台湾もタピオカブームが去ってスイーツ市場が縮小し、“タピオカ・ショック”状態だった。しかしこのヨンジーガムロのヒットでほぼリカバリーでき、以前と同じ市場規模に戻ったという。台湾でのこうした大きなムーブメントの火付け役となったのが、コストコでのボトル入りヨンジーガムロの発売なのだ。

「スイーツの流行は、外食店のデザートから始まって、小売店に飛び火するのが普通。しかし台湾では、小売店での発売が外食店に飛び火しブームを起こすという逆のルートをたどった。日本でも同じことが起こる可能性は大きいと見ている」(販売元であるフルッタフルッタ代表取締役社長の長澤誠氏)

左から、フルッタフルッタ 営業部の清水大輔シニアマネージャー、代表取締役社長の長澤誠氏、マーケティング部の柴田由美子ミシェル氏。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。