小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

CES2023が開幕!注目はソニーとホンダが造った最新EVやシャープのVR用ヘッドセット

2023.01.07

世界最大級のテクノロジー見本市「CES 2023」が、現地時間の1月5日に米ラスベガスで開幕した。8日までの4日間、173ヵ国から3200を超える企業・団体が出展する。前日の1月4日にはLGエレクトロニクス、ハイセンス、パナソニック、TCL、サムスン、ソニーなど多くのメーカーがメディアイベントを開催した。

主催のCTA(Consumer Technology Association)によれば、今年の注目分野はモビリティ、メタバース、ヘルスケア、農業、サスティナビリティなど。中でもモビリティは近年、CESの主要テーマのひとつとなっていて、会場であるLVCC(Las Vegas Convention Center)に昨年から新設されたウエストホールには、多くの自動車関連企業が出展している。

ソニー・ホンダがEV新ブランド「AFEELA」を発表

昨年、ソニーグループと本田技研工業の戦略的提携によって誕生した、ソニー・ホンダモビリティからは、EV新ブランド「AFEELA」のプロトタイプが発表された。同社会長兼CEOの水野泰秀氏によれば、「AFEELA」は凹凸のないエクステリアが特徴で、前面には様々な表現が可能な「Media Bar」を配置。その活用方法については、今後パートナーやクリエイターとともに模索していくという。

ソニーのセンサー技術とホンダの安全性能、様々なインテリジェントテクノロジーを組み合わせて安心安全を実現するため、内外に合計45個のカメラ、センサーを搭載。クアルコムの最新SoCとの組み合わせで、世界最高基準の自動運転、および先進運転支援システムを目指すとしている。

また車内ではユーザーに最高のエンターテインメントを提供するとも。発表イベントには、エピック・ゲームズCTOのキム・リブレリ氏や、クアルコムCEOのクリスティアーノ・アモン氏もゲスト登壇した。「AFEELA」は2025年に発売、北米で2026年春に納車予定となっている。

ソニーはこのほか、2023年2月22日に発売予定の『PlayStation VR2』についても、詳細を発表。『グランツーリスモ7』や『Beat Saber』など、30タイトル以上が対応することを明らかにした。

パナソニック、シャープからもVRヘッドセットが登場

VR関連ではこのほかにも、CESに合わせて複数の発表があった。パナソニック子会社のShiftallは、5.2KのハイエンドVR用ヘッドセット『MeganeX』と『MeganeX Business Edition』を正式発表したほか、装着したままものを掴んだり、キーボードのタイピングができるVR用コントローラー『FlipVR』を発表。『MeganeX』は2023年の3~4月頃、24万9900円で発売予定。『FlipVR』は2023年中の発売を目指す。

またHTCからも、VR/MR用のヘッドセット『HTC VIVE XR Elite』が正式発表された。HTC NIPPONによれば価格は17万9000円で、1月6日から事前予約受付が開始される。重さ625gの軽量かつ小型のヘッドセットで、『Meta Quest Pro』と同様にスタンドアローンでの利用が可能な一体型。VRのほか高解像度のXRパススルーを用いたMR体験や、対応Androidスマートフォンからのストリーミングも可能となっている。

このほかシャープからも、同社初となるVR用ヘッドセットのプロトタイプが公開されている。

スマートフォンの開発で培った技術やノウハウを応用した、約175gという超軽量ボディが特徴。スマートフォンと接続して使用するもので、ディスプレイは4K(2K×2)で、リフレッシュレートは120Hzをサポート。ポリマーレンズを用いた独自のカメラモジュールを搭載し、MRを実現する「カラースルー映像表示機能」や、VR上に周囲の映像をウインドウ表示する「POPUP映像表示」機能を搭載する。コントローラーがなくても、手の動きを認識してVR上の操作に反映する「ハンドトラッキング機能」も装備。プロトタイプはCESの同社ブースに参考出展される。

取材・文/太田百合子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。