小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

紙の手帳を選ぶ時のこだわりTOP3、3位祝日や祭日の記載、2位かさばらないサイズ、1位は?

2023.01.03

近年はデジタルツールによりスマホやタブレットで簡単にスケジュールが管理できるため、紙の手帳を所持しない人も増えている。そんな中でも、“手帳は紙派”の人たちはどのようなこだわりを持ち、また、どのように紙の手帳を活用しているのだろうか。

クロス・マーケティングはこのほど、20~69歳の男女1100人を対象に手帳に関する意識調査を実施し、その結果を発表した。

紙の手帳は4割の人が使用

紙の手帳を使用している人は42.5%と半数に満たなかった<図1>。使っている手帳は「月間マンスリータイプ」が22.4%で最も多く、以下「手帳以外のノートやメモ帳」「週間レフトタイプ」が続く。

紙の手帳を使っている人のうち、紙の手帳のみ使用は50.4%、デジタルツール併用は49.6%と二分<図2>。特に若年層ほどデジタル併用者が多い傾向にあった。

紙の手帳の使い方を調べたところ、約8割が「自分のスケジュール管理」として紙の手帳を利用していることがわかった<図3>。紙の手帳のみ利用者は、次いで「ちょっとしたメモなど、とにかく何でも書く」 「家族の予スケジュール管理」 があがった。一方、デジタルツール併用者は、「仕事のメモとして」「ToDoリストの管理」「家族の予スケジュール管理」の順に回答数が多かった。

紙の手帳を選ぶ時のこだわりを聞くと、「1月始まり」の紙の手帳を選ぶと回答した人が43.2%と最多だった<図4>。次いで、「かさばらないサイズのものを選ぶ」「祝日や祭日が書かれている」という結果になった。

併用者のデジタルツールの使い方について聞いたところ、「自分のスケジュール管理」が80.2%と最多だった<図5>。あえて紙の手帳を使うこだわりとしては、「書いた方が記憶に残る」「書いた方が頭が整理される」「デジタルは味気ない」などの意見が寄せられた。

<調査概要>
調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域  : 全国47都道府県
調査対象  : 20~69歳の男女
調査期間  :2022年11月4日(金)~11月6日(日)
有効回答数 : 本調査1,100サンプル
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合がある。

出典元:株式会社クロス・マーケティング

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。