小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

人事に関する2022年のトレンドワードは「テレワーク」「DX人材」「人的資本経営」

2022.12.31

目まぐるしく移り変わる人事トレンド。2022-2023年の今、人事領域において注目すべきキーワードとはいったい何か?

パーソル総合研究所はこのほど、2022-2023年に人事領域において注目される「人事トレンドワード2022-2023」として、「テレワーク」「DX人材」「人的資本経営」を選定したと発表した。

人事トレンドワード2022-2023

テレワーク

テレワークは、2020年に新型コロナウイルス感染防止のための緊急事態的な対策で一気に広がった。コロナ禍が収まってきたここ2年は、蓄積した組織課題を背景に、今後どうするかを占う壮大な社会実験のような極めて重要な時期だったといえる。

この間にテレワークの議論は、仕事に合わせた「ハイブリッドワーク」という個別最適のフェーズから「組織をどうマネジメントし、運営するか」という組織最適のフェーズに入るべきだったが、多くの企業が「定着させるか」「やめるか」の二元論に縛られ続けている。2022年は各社のスタンスと議論のレベル感の差がはっきり出たという意味で、記録に残したいと考え選定した。

DX人材

コロナ禍によりデジタル化が進み、バズワードとして見られていたDXが不可逆的な流れとして認識されている。人事としてはDX人材の採用に注力してきたところ、外からの採用に限界を感じ、社内育成に振り向けていく転換点の1年だったはず。

かねてからの人材教育費が、DX人材育成費に形を変え、多くの予算が下りるようになったのが2022年。DX人材が外部採用から内部育成の世界になってきたとはいえ、DXはそもそも既存のビジネスの変革だ。それをわかっていない人をいくら外部から採用しても機能しないことに各社気づき始めたところだ。

それと同時に、DXが「業務のデジタル化」や「デジタルリテラシー教育」くらいの意味に希薄化してイノベーティブなものから遠ざかっている。学び直しというテーマが、必要性を叫ばれるフェーズから、「現実的課題」へとようやく門戸を開いたのが2022年だ。そうした意味からDX人材を選定した。

人的資本経営

機関投資家や欧米先行という外圧によって、急速に注目が集まり、人事・経営が情報収集に追われた1年だった。よって、2022年は人的資本「開示」元年といえる。開示後数年は開示指標の経年変化や成長の度合い、独自性などが肝になる。

来年以降、成果に関する企業間の差も出てくると考えられ、人事にとっては投資家対策より実質的な議論を進める必要が出てくるため、2022年はその分水嶺に当たる年ともいえると考え選定した。

出典元:株式会社パーソル総合研究所

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。