小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

お酒好きに聞いた2022年のヒット商品TOP3

2022.12.30

外飲み解禁、酒類値上げなど2022年のお酒事情を大総括!

今年も残すところあとわずか。コロナ禍で始まった2022年だが、3月にまん延防止等重点措置が解除されると、待望の外飲みが復活。喜ぶ人がいる一方で、あえてお酒を飲まないソバーキュリアンがじわじわと増加。お酒の飲み方も多様化の時代に突入したようだ。

そして夏――。新型コロナの第7波が収束に向かい、安堵したのも束の間、10月には酒類値上げという事態に。愛飲家にとってはため息の出る年の瀬を迎えている。

カクヤスは、カクヤスメールマガジンに登録しているユーザーを対象に、2022年はお酒好きにとってどんな一年だったのか、激動の一年を振り返るアンケート調査を行った。

2022年外飲みが増えた人は36.0%。変わらない人27.5%、減った人26.3%に

2022年のお酒事情を語る上で忘れてならないのが、外飲み全面解禁。コロナ禍になってからというもの、飲食店の時短営業により外飲みしづらい状況が続いていたが、ようやくコロナ前の状況に戻ってきた。

10月末には、東京都の「Go To Eat キャンペーン Tokyo」が2年ぶりに再開。外飲み気分をますます盛り上げている。

そこで、2022年は前年に比べて外飲みの頻度が変わったかを聞いてみたところ、4割近くの人が「増えた」と回答。「変わらない」や「減った」を上回った。

「6月から少しずつ外飲みを再開した」「2年ぶりに行きつけの飲み屋さんに行った」「久しぶりに友人と飲んで、仲間とお酒を楽しむ時間がうれしかった」など、愛飲家たちも外飲み再開に喜び、仲間とお酒を酌み交わす楽しさを満喫したようだ。

この1年でお酒に関して経験したものをすべて選んでもらったところ、「一人飲みをする」は62%を獲得してトップに。次いで「お酒のデリバリーサービスを利用する」が51%、「昼飲みをする」が49%と続いた。

これら3つに票が集まったのも、“非接触”が進み、“飲食店は時短営業”というコロナ禍ならではの結果といえるだろう。

そうしたなか、「クラフトビールを飲む」が上位に入った。2023年も引き続き注目したいカテゴリーとなりそうだ。

2022年お酒のヒット商品

ところで、お酒好きの多いカクヤスユーザーはこの1年、どんなお酒を飲んでいたのだろうか。新商品、既存商品を問わず、ひとつだけ挙げてもらったところ、5つの商品に票が集まった。

ランキング型式で紹介すると、同率3位が「白角(白角ハイボールを含む)」と「ビアボール」。「ビアボール」においては「発売前からワクワク待っていた」という声も。

同率2位は「パーフェクトサントリービール」と「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」。 そして第1位は「翠(翠ジンソーダ缶含む)」。TVCMでは「それはまだ、流行っていない」とのことだが、愛飲家たちの間ではもうトレンド入りしたようだ。

調査概要
調査方法:インターネット調査
調査対象:カクヤスメールマガジンに登録しているユーザー
調査期間:2022年11月28日(月)~12月1日(木)
回収サンプル数:331
※構成比の数値は小数点以下第2位を四捨五入しているため、個々の集計値の合計は必ずしも100%とならない場合がある。

関連情報:https://kakulabo.jp/serial/kl20221215.html

構成/Ara

DIMEトレンド大賞発表!2022年のヒット商品、話題の人物をまるごとYouTubeで配信中

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。