小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

光る!描ける!遊べる!話題の雑誌付録「LEDアクリルボード」を使ってみた

2023.01.02

雑誌DIME2.3合併号の付録は、書いた文字が7色に光る「LEDアクリルボード」

光るボードなんて、何に使うの…と思いませんか?

筆者はちょっと思いました(笑)

しかしこれがなかなかどうして、ちょっとしたメモ書きやTODOリスト、伝言ボードや推しキャラのトレースなど色々使えて楽しいのです!

というわけで今回は、LEDアクリルボードに文字やイラストを描いて遊んでみたレビューをご紹介します。

光る!描ける!DIME付録「LEDアクリルボード」でトレース遊びしてみた

「LEDアクリルボード」の基本スペック

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー15

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー16

  • サイズ:幅約20×奥行約3.6×高さ約22.7cm(木製スタンドにセットした状態)
  • 給電方法:USB(5V1A)
  • 点灯カラー:7色(白・赤・緑・青・黄色・紫・水色)
  • 仕様:アクリルボードと木製スタンドは着脱可能

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー14

こちらがDIME付録のLEDアクリルボード。パッケージには「仕事、推し活、インテリアなどいろいろ使える!」の文字が書いてあります。

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー17

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー18

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー19

箱の中にはUSBケーブルが付いた木製スタンドと、スタンドにセットされた状態のアクリルボード、専用の白いペン2本、クロス1枚が入っています。

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー20

最初にアクリルボードについている保護フィルムを外してから使いましょう。アクリルボードと木製スタンドは着脱可能なので、イラストをトレースするときなどは外した方がやりやすいと思います。

使用例① 仕事のメモやスケジュール管理に

LEDアクリルボードはUSB給電式なので、デスク周りとは相性◎。仕事のTODOや通話メモなどがペーパーレスで管理できて重宝しそうです。

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー21

使うときはこんな風に付属のペンで文字を書いて…

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー23

木製スタンドに設置して、USBケーブルを電源に差せば準備OK。

正直光らせなくてもメモの役割だけなら十分果たすのですが、個人的には光らせた方がなんとなくやる気スイッチが入るのでおすすめです。

LEDのカラーは全部で7色あって、コードに付いているリモコンのボタンを1度押すごとにOFFと色の切り替えができます。

白→OFF→赤→OFF→緑→OFF→青→OFF→黄色→OFF→紫→OFF→水色という順番で切り替わるので、好きな色になるまでカチカチと押し続けましょう。

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー24

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー25

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー26

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー27

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー22

黄色

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー1

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー2

水色

緑や黄色、水色あたりが視認性が良さそうでいい感じすね!

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー3

書いた文字は付属のクロスか、ティッシュなどで拭き取ると消すことができます。

使用例② 伝言ボードとして

続いての使用例は、伝言ボードとして。

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー4

家に帰って手書きの伝言メモがあるとちょっとほっこりしますよね。親子や夫婦のコミュニケーションボードとして玄関に置いておいても良いかもしれません。

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー29

もし書き足したいことがある場合、もちろんスタンドに設置したまま書いても大丈夫です。

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー5

ただ、やはり何度も書いたり消したりしているとだんだん消しカスのようなものが残ってしまうみたいですね。光らせた時に少し目立ちました。

筆者はそこまで気になりませんが、もし気になるのであればできるだけ使用後はきれいに磨いておきましょう。

使用例③ 好きなイラストをトレースして自分だけのアクスタに

3つ目の使用例は、ツイッターでも話題になっている推しキャラのトレース遊びです!

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー6

というのも、アクリルボードが透明なので、下に好きなイラストを敷けば簡単にトレースすることができてしまうんです。

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー7

ピカチュウの10万ボルトもこの通り。黄色のLEDライトで雰囲気はばつぐんです!

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー10

ペン先があまり細くないのでそこまで精巧なイラストは描けませんが、自分で描いた推しキャラがデスクの上で見守ってくれるのは嬉しいですね。

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー11

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー12

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー13

気分でLEDのカラーを変えるのも良いし、コメントを変えて遊ぶのも楽しそう。

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー8

DIME付録「LEDアクリルボード」レビュー28

お子様がいる家なら、描いて消せるお絵かきボードにしても良さそうです。

以上、LEDアクリルボードで遊んでみたレビューでした。

LEDアクリルボードはなかなか遊べるグッズだった!

アイデア次第で色々な使い方ができるLEDアクリルボード。個人的にはこれまでのDIMEの付録の中でも遊べる度&楽しかった度はかなり上位でした!オンにもオフにも使えるメモボードや、推しを愛でるライフワークグッズとして重宝しそうな予感です。

今回挙げた以外には、店舗用のPOPやメニューボード、ウェルカムボードなどに使うこともできます。手持ちのフィギュアと組み合わせて背景などを描いてディスプレイに使うのもアリでしょう。年末年始のお家時間の暇つぶしにもおすすめなので、ぜひお試しあれ。

文/黒岩ヨシコ

編集/inox.

DIME2023年2・3月合併号では「2022ヒット商品BEST100」を大特集!

2023年12月発売のDIMEでは「ヒット商品BEST100」をご紹介! 2022年にヒットした商品を編集部が総出で紹介します。そのほか「2022年第35回小学館DIMEトレンド大賞」も発表! これまでにない超豪華付録と併せて、ぜひ書店でお買い求めください!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。