小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ソニーが立体音響技術で宇多田ヒカルのライブをリアルタイム配信、1万人限定で無料配信

2022.12.29

2023年1月19日に開催予定の宇多田ヒカルによる配信イベントを抽選による1万人限定で無料配信

ソニーは、世界で初めて(※1)、フルオブジェクトベースの立体音響技術によるライブのリアルタイム配信を実現。立体的な音場に没入できる音楽体験「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)」の対応範囲を広げると発表した。

この「360 Reality Audio」でリアルタイムに配信するライブの第1弾は、2023年1月19日に開催予定の宇多田ヒカルによる配信イベント『40代はいろいろ♫』(※2)となる。

これは抽選1万人限定の無料ライブで、当選者のみが参加できるが、人数を限定しない通常の2チャンネル音響による配信も同時に行なうとのことだ。申し込み方法などの詳細は「宇多田ヒカル 配信イベント『40代はいろいろ♫』公式サイト」にて確認できる。

聴覚上の品質を損なわずに、短時間の音声データの圧縮により映像と同期した配信が可能に

昨今の社会環境や技術進化により、ライブなどをオンラインで楽しむことが一般的となったが、場所や移動などに制約されることのない手軽さが評価される一方、臨場感の実現が課題とされている。

立体的な音楽体験を実現するにはまず、サウンドエンジニアがボーカルやギター、ドラムなどの音源一つひとつに位置情報を付与して球状の空間に配置する作業が発生する。

ソニーはリアルタイム配信のための「360 Reality Audio」制作ツールを新たに開発し、サウンドエンジニアの制作環境を整備。本ツールによって、エンジニアは音源を自由かつ即座に配置でき、意図通りの立体感のある音づくりを実現することができるという。

加えて、音楽をサーバーに送信してユーザーに届けるために、位置情報を含めた音声データを一度圧縮(エンコード)するプロセスがあるが、高音質を保つためには、一定の処理時間がかかる。ライブ配信に重要なリアルタイム性の実現に向けて、ソニーは独自の音質処理アルゴリズムを開発。

さらに、「360 Reality Audio」がオブジェクトベースの立体音響技術である点を生かして各音源(オブジェクト)に与えられる情報量(ビットレート)を自動的に最適化することで、聴覚上の品質を損なわずに、短時間の音声データの圧縮により映像と同期したリアルタイムでの配信を可能にしている。

音源に位置情報をつけて360度の球状の空間に配置するイメージ

リアルタイム配信を楽しむためのアプリを米国のソフトウエア会社Streamsoft Inc.と共同で開発

また、ユーザーが「360 Reality Audio」リアルタイム配信を楽しむためのアプリ「360 Reality Audio Live(サンロクマル・リアリティオーディオ・ライブ)」を米国のソフトウエア会社Streamsoft Inc.と共同で開発。本アプリと手持ちのヘッドホンで新たなライブエンタテインメントが楽しめる。

さらに、本アプリにはリアルタイムチャット機能が搭載されており、アーティストと視聴者、視聴者同士によるリアルタイムのコミュニケーションを取ることができ、オンラインでも会場で参加しているような一体感を実現する。

※1 2022年12月22日現在、ソニー調べ。
※2 イベントはU3MUSIC / EPIC Records Japanが主催。

関連情報
https://www.sony.jp/headphone/special/360_Reality_Audio/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。