小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

物価高、値上げの影響で生活費の負担が毎月1万円以上増えた人の割合は?

2022.12.24

今年は、物価高や値上げラッシュが絶え間なく続く一年となった。

では、その影響を感じた人はどれくらいいるのだろうか? また、それに伴い1か月の生活費が1万円以上増えたという人はどれくらいいるのだろうか。

スキマバイトサービス「タイミー」を提供するタイミーはこのほど、同サービスの働き手7,083名を対象に、2022年中に世間から注目を集めている「物価高・値上げ」と「スキマバイト」に関する実態調査を実施。その結果を発表した。なお同社では2022年5月、10月にも同様の調査を実施しており、今回は第3弾となる。

大世帯ほど値上げ・物価高の影響を感じる割合が高い傾向

普段の生活費に値上げの影響が出ていると感じている人は96.0%という結果になり、2022年5月調査の回答(78.2%)、2022年10月調査の回答(86.5%)と比較して、大きく増加していて、ほぼ全ての人に値上げの影響が行き渡っていることが確認された。

なお、生活している人数が多い世帯ほど、値上げ・物価高の影響を感じる割合が高い傾向が確認された。

値上げの影響を最も感じているものは「食材」で、65.7%の方が回答しており、突出して高く、来年以降も食料品の値上げが予定されているなど、さらなる負担増が予想される。

25.3%の人が1か月の生活費で10,000円以上負担が増えたと回答

値上げによる生活費の負担増加額に関する回答では、25.3%の人が1か月の生活費で10,000円以上負担が増えたと回答しており、2022年5月調査の回答(15.5%)、2022年10月調査の回答(19.1%)と比較すると大きく増加した。相次ぐ値上げの影響が、どんどん家計へと広がっている様子がうかがえる。

また、生活している人数が多い世帯ほど、負担額が高い傾向にあることも確認された。

支出が増え家計の負担は増える一方だが、“直近1ヶ月以内の給与改定”についての質問への回答では、「変わらない(74.7%)」、「下がった・下がる予定がある(12.5%)」と、「上がった・上がる予定がある(5.6%)」は少ない現状も確認された。

 

 

 

<調査概要>
調査名 :物価高・値上げとスキマバイトに関する調査 2022年12月版
調査期間:2022年12月5日(月)~2022年12月7日(水)
調査対象:「タイミー」の働き手 7,083名
年齢  :10代~60代
調査方法:インターネット
エリア :全国47都道府県

出典元:株式会社タイミー

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。