小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

冬のカワセミ頂上対決!2420万画素で40コマ/秒を実現したキヤノン「EOS R6 MarkII」の実力検証

2022.12.25

■連載/ゴン川野の阿佐ヶ谷レンズ研究所

SONY「α7RV」 vs  Canon「EOS R6 MarkII」
40コマ/秒の高速連写Canon「EOS R6 MarkII」+「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」+「RF800mm F11 IS STM」

Canonから「EOS R6」が発売されたのは2020年8月、それから2年半で「EOS R6 MarkII」が発表された。注目なのは連写速度がEOSシリーズ中で最速の40コマ/秒になったことだ。画素数はEOS R6の2010万画素より増えて2420万画素になった。逆に重量は10g軽量化され670g。これは野鳥撮影に最適と判断して、定番の超望遠ズーム「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」と小型軽量ハイコスパな単焦点「RF800mm F11 IS STM」を合わせて借用した。カワセミの撮影は写真家の小平尚典氏に協力してもらいSONY「α7RV」でも同じ被写体を狙った。条件を揃えるため撮影には三脚または一脚を使用した。

「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」は通常400mmの望遠端が500mmまであるのがミソ

カメラボディ込みの撮影重量はレンズの三脚座を外して2032g、手持ちでも撮影できる

長さもSONYの600mmより短めだ。ただしリングの動きはSONYの方が滑らかだった

実勢価格約13万円で買える800mm、とにかく軽い。条件によってはAFがやや遅くなる

沈胴式なので撮影時は伸ばして使う。フードは別売だが同時購入をオススメする

撮影重量は1959gと約2kgしかない。手持ちで振り回せる超望遠レンズなのだ

撮影にご協力いただいた小平さん、手にするのはSONY「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS」

秒40枚の連写はやっぱり凄かった!

野鳥撮影で威力を発揮する連写速度は、20コマ/秒あれば早いと感じられるが、カワセミは動きが俊敏なので30コマ/秒は欲しい。EOS R6 MarkIIはフルサイズで40コマ/秒が使えるので、まさに最強である。さらに今回は試さなかったが、RAWバーストモードを初搭載して、0.5秒前からのプリ撮影をRAW30コマ/秒で実現。ちなみにメカニカルシャッター使用時は12コマ/秒になる。

まず確かに連写速度は早い。こちらに向かってくるコサギを連写すると、頭の上を通り過ぎるまでAF追従しながら撮影できた。これならオオタカの飛翔も捉えられると確信した。さらに動きの速いカワセミも高確率でピントが合っていた。全画面AFエリアなので、被写体検出後は最大画面100%でのトラッキングしてくれる。AFの追従性はSONY「α7RV」よりも優れていると感じた。また開放絞り値F11の800mmでもAFは快調で夕方まで問題なくピントが合った。

川岸から飛び立とうとするコサギ。500mmでもこのサイズにしか見えない
RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM Canon EOS R6 MarkII 1/4000sec、F8、ISO1600

こちらに向かって飛んできたところを連写、コサギの目にピントが来ている
RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM Canon EOS R6 MarkII 1/4000sec、F8、ISO8000

1/4000秒でピタリと動きが止まり、ピントも非常にシャープだった
RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM Canon EOS R6 MarkII 1/4000sec、F8、ISO8000

池に佇むアオサギ。100-500mmの100mmで撮影
RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM Canon EOS R6 MarkII 1/8000sec、F5、ISO10000

上と同じ構図でズーミングして500mmで撮影。ISO感度2万だが明るいためノイズは見られない
RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM Canon EOS R6 MarkII 1/8000sec、F8、ISO20000

上と同じ位置から単焦点800mmで撮影。解像度が高く文句のない画質、10万円台のレンズとは思えない
RF800mm F11 IS STM Canon EOS R6 MarkII 1/500sec、F11、ISO2500

豊富な交換レンズと軽量ボディが魅力

実際にEOS R6 MarkIIと100-500mmで撮影すると取り回しが楽で手持ちでも撮れるためフットワークが軽くなる。800mmはさらに軽いのだが、単焦点レンズなのでズームよりも撮れる範囲が限られる。今回、カワセミを撮影した場所では、800mmがちょうどいい焦点距離で500mmや600mmでは物足りないことがあった。まあ、そんな時はテレコンを使えばいいのだが、画質で考えればズームレンズにテレコンより単焦点レンズを使った方が良さそうだ。

SONY「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS」と「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」を比較すると鳥を撮る場合は100mmのアドバンテージがある600mmが有利だが、レンズが重いので三脚前提になる。フットワーク重視なら500mmに軍配が上がる。例えばカワセミなら100-500mm、オオタカなら200-600mmか800mmの単焦点が使いやすい。SONYのレンズはボケがキレイで、ズームリングやフォーカスリングの回した感じもなめらかで気分がいい。Canonは重かったり、ひっかかったりすることがある。カメラ側の描写はSONYの方が柔らかい感じで、Canonは高感度になるほど描写が硬いので、野鳥にはSONYの描写が好ましく思えた。飛んでいる鳥に対してのAFの追従性はEOS R6MKIIの方が優れている。また連写性能でも圧倒的に有利である。超望遠レンズも単焦点で400mmから1200mmまで揃っている。ハイコスパな600mmと800mmがあるのも貴重だ。EOSシリーズは野鳥を撮るためのシステムが充実していると言える。

ISO感度1万2800まで上げると画面はやや硬調になるが、解像度は高いままだ
RF800mm F11 IS STM Canon EOS R6 MarkII 1/1250sec、F11、ISO12800

カワセミが飛び出す瞬間も捉えられた。RF800mmはなかなか頼りになるレンズだ
RF800mm F11 IS STM Canon EOS R6 MarkII 1/1250sec、F11、ISO12800

ペレットを吐き出すカワセミなのだが、こちらにはペレットが写っていなかった
RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM Canon EOS R6 MarkII 1/800sec、F7.1、ISO1250

枝にとまるカワセミ。背景のボケ味はSONYの方が美しい
RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM Canon EOS R6 MarkII 1/2000sec、F8、ISO8000

枝から飛び立ったカワセミ。185mmとやや引き気味で連写している
RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM Canon EOS R6 MarkII 1/2000sec、F5、ISO5000

逆光で枝にとまろうとするジョウビタキ。この条件でもピントが合うとは思わなかった
RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM Canon EOS R6 MarkII 1/2500sec、F8、ISO4000

飛翔するカワセミ。コンスタントにこのような画像が撮れたら文句はない
RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM Canon EOS R6 MarkII 1/4000sec、F7.1、ISO6400

写真・文/ゴン川野


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2023年9月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ハンディーボディケア」、特集は「Google超研究」「腰痛対策の極意」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。