小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhoneユーザーの「若年化」が加速している理由

2022.12.18

iPhoneおよび、Androidのスマホユーザーを性別・年代別で見比べた時、どのような傾向や特徴が現れるのだろうか?

NTTドコモ モバイル社会研究所はこのほど、全国・15~79歳男女を対象に、iPhoneユーザーとAndroidスマホユーザーの特徴に関する調査を実施。7,050人から得た回答結果を公開した。

iPhoneユーザーの若者比率がさらに高くなった

スマートフォンユーザーは2015年にフィーチャーフォンを上回り、2022年では携帯電話ユーザーの93.5%がスマートフォンとなっている(モバイル社会白書 2022年版)。現在、主流となっているスマートフォンは、iOSを搭載したiPhoneとAndroid OSを搭載したAndroidスマホとの2種類であり、日本国内での比率は拮抗している(モバイル社会白書 2022年版)。

図1は性別、年代別にiPhone-Androidスマホ比率を示したもの。経年比較のため、今回の2022年の調査結果の右側に2015年の調査結果を示している。2015年調査と比較すると、全体的に若い世代のiPhone比率が高まり、高い世代でのiPhone比率が下がっている。

全体でのiPhone-Androidスマホ比率はあまり変化していないが、2022年では10代(15~19歳)と20代のiPhone比率が7割、70代では3割となっており、iPhoneの若者比率が非常に高くなっていることが確認できる。なお性別に着目すると、iPhoneユーザーは女性の比率が男性よりも5.5ポイント高いが、2015年調査ではその差は13.7ポイントあり、男女差については縮まっている。

なお、図には示されていないが、男女比率の傾向は年代によって大きな差異は認められず、全ての年代で女性のiPhone比率は男性よりも少し高い(3~9ポイント)という結果だった。

図1. iPhone-Androidスマホ比率(性別、年代別)
[調査対象:全国、n=5,542]  [参考)2015年 調査対象:全国、n=1,136]

iPhoneユーザーはスマートフォンを持ち初めた時期が早い傾向

図2は、初めてスマートフォンを持ってからの期間を、iPhoneユーザーとAndroidスマホユーザーのそれぞれについて調べた結果だ。iPhoneユーザーは、若者比率が高いにも関わらず、スマートフォンを持ってからの期間はAndroidスマホユーザーよりも長い結果だった。

iPhoneユーザーは、過半数が7年以上前からスマートフォンを持っており、7年未満の期間については、Androidスマホユーザーよりも割合が低くなっている。

図2. 初めてスマートフォンを持ってからの期間(iPhone、Androidスマホ)
[調査対象:全国、n=5,542]

図3は、スマートフォンを7年以上前から持っていると回答した割合を年代別に示したものだ。全ての年代においてiPhoneユーザーの方が5~16ポイント高い。現在のiPhoneユーザーは、Androidスマホユーザーと比較して、スマートフォンを持ち初めた時期が全体的に早いことがうかがえる。

図3. 7年以上前からスマートフォンを持っている割合(年代別、iPhone、Androidスマホ)
[調査対象:全国、n=5,542]

スマートフォン操作の習得方法は?

次に、スマートフォン操作の習得方法の違いについて調べた。表1は、初めてスマートフォンを持った際の操作習得方法(最も活用した方法)を、iPhoneユーザーとAndroidスマホユーザーのそれぞれについて集計し、その違いを調べたもの(数値が入っていない部分は回答率0)。

最も活用される習得方法は年代によって傾向が異なる(例えば、“手探りで習得した”との回答率は若い年代で高く、 “子どもに教えてもらった“との回答率は高年齢層で高くなる)。

このため、全年代で比較すると、年齢構成が大きく異なるiPhoneユーザーとAndroidスマホユーザーとの違いを比較することが困難だが、年代毎に比較すると、その違いは明らかになる。

表中のセルの色は、iPhoneユーザーの回答率の方がAndroidスマホユーザーよりも高かったセルを青で示し、回答率が低くなったセルは赤で示している。iPhoneユーザーは知人・友人や子どもに教えてもらったり、インターネットで調べて操作を習得した割合がAndroidスマホユーザーよりも高い。一方、Androidスマホユーザーは取扱い説明書/参考書を読んだり、手探りで習得する割合が高い。

表1.スマートフォン操作の習得方法の違い(年代別、iPhone vs. Androidスマホ)
[調査対象:全国・15~79歳・n=7,050]

40代以上では総じてICTサービス利用が高いが、30代以下では利用が低い

次に、SNSやネットショッピング等の様々なICTサービスの利用状況の違いについて調べた。表2は、11種類のサービスの各々についての利用状況を、iPhoneユーザーとAndroidスマホユーザーのそれぞれについて集計し、その違いを調べたものだ。表中、iPhoneユーザーの回答率のほうがAndroidスマホユーザーよりも高かったセルを青で示し、回答率が低くなったセルは赤で示している。

40代以上では全体的に青く、30代以下では全体的に赤くなっていることがわかる。40代以上のiPhoneユーザーはAndroidスマホユーザーよりも様々なICTサービスの利用が全体的に高く、特に70代のシニア層においてその傾向が強く、スマートフォンを使いこなしていることがうかがえる。

一方、30代以下のiPhoneユーザーはAndroidスマホユーザーよりもICTサービスの利用が全体的に低くなっている。なお、10代のiPhoneユーザーはナビゲーションサービス、ゲームなどの利用が高く、30代のiPhoneユーザーはSNSの利用が高くなっていた。

若者に多く支持されているiPhoneだが、30代以下のiPhoneユーザーは必ずしもICTサービスを多く利用していないことが浮き彫りになった。

表2. 各種ICTサービスの利用状況の違い(年代別、iPhone vs. Androidスマホ)
[調査対象:全国・15~79歳・n=7,050]

iPhoneユーザーはAndroidユーザーよりもスマートフォンへの関心・愛着が強い

最後に、スマートフォンへの関心・愛着の強さをiPhoneユーザーとAndroidスマホユーザーとで比較した。腕時計やアクセサリー等の製品はユーザーの関心・愛着の強さが違いとなって表れやすく、普段から身に着けて持ち歩くスマートフォンもまたユーザーの関心・愛着の強さがそれぞれ異なると考えられる。

スマートフォンに対する関心・愛着の強さに関連する設問の回答結果を得点化(0~100点)し、iPhoneユーザーとAndroidスマホユーザーのそれぞれについて集計、その違いを調べた結果が表3だ。

前半の6項目はポジティブな意味合いの項目であり、得点が高いほどスマートフォンへの関心・愛着が高いことを意味している。後半の3項目はネガティブな意味合いの項目であり、逆に得点が高いほどスマートフォンへの関心・愛着が低いことを意味している。
表3の結果より、iPhoneユーザーはAndroidスマホユーザーと比較した場合、毎月の費用が高いと感じているが、全ての年代でスマートフォンへの関心・愛着が高い傾向にあった。

表3. スマートフォンへの関心・愛着の強さの違い(年代別、iPhone vs. Androidスマホ)
[調査対象:全国・15~79歳・n=7,050]

<調査概要>
調査方法:Web
調査対象:全国/15~79歳男女
有効回答数:7,050(集計対象のiPhone/Androidスマホのユーザーは5,542※)
※ シニア向けスマートフォンを含まず
サンプリング:QUOTA SAMPLING、性別・年齢(5歳刻み)・都道府県のセグメントにおいて日本の人口分布に比例して割付。
調査時期:2022年1月

出典元:NTTドコモ モバイル社会研究所

構成/こじへい


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。