小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

電気自動車×SUVの「スバル・ソルテラ」で行くプレミアムなクリスマスの旅<前編>【PR】

2022.12.20PR

2022年は国産車の電気自動車が大挙、登場した、後に日本の電気自動車の普及元年として記憶に残るはずの1年でした。中でもSUVタイプの「スバル・ソルテラ」は、電気自動車専用のプラットフォームを使う、スバルらしい全天候、オールロードに対応するスバルならではのAWD(オールホイールドライブ=四輪駆動)技術を磨き上げた1台です(2WDも用意)。

ボディサイズは全長4690×全幅1860×全高1650mm。ホイールベース2850mm。つまり、世界の電気自動車のボリュームゾーンのど真ん中のサイズであり、もちろん、日本の路上でも大きすぎず、扱いやすく、床下にバッテリーを敷き詰めた構成にして、室内空間などの効率を最大限に生かせるパッケージでもあるのです。

電気自動車の要となるバッテリーはプライム プラネット エナジー&ソリューションズ製(サプライヤー)のリチウムイオンバッテリーで、電池セル数96個、定格電圧355.2V、電池容量201Ah、総電力量71.4kWh。。モーター出力はAWDの場合、フロント190ps(80kW)、17.2kg-m(169Nm)、リヤ190ps(80kW)、17.2kg-m(169Nm)と強力です。気になる航続距離はWLTCモードで542km(FWDは567km)。また、充電時間は右フェンダーに充電ポートがある200Vの普通充電で10時間~、左フェンダーに充電ポートを備えた150kWまで対応する急速充電では約80%まで30~60分となっています。つまり、相当な距離を走れる電気自動車ということです。

そんな「スバル・ソルテラ」は、実は、極めてドッグフレンドリーなクルマ、移動手段でもあるのです。100%モーターで走るわけですから、加速は滑らかかつ伸びやか。エンジンを積んでいないことから、巡航中も加速中も車内は静かそのもの。さらに床下に重量物のバッテリーを敷き詰めていることから低重心で、高速走行はもちろん、カーブや山道での前後左右の姿勢変化が極めて少ない安定感抜群のクルマなのです。滑らかかつ伸びやかな加速は人にも犬にも優しく、気持ち良く、聴覚に優れた犬にとって、車内の静かさは大歓迎。そして前後左右の姿勢変化が少ない上質な乗り心地は、車内でどこかにつかまれない犬にとっても、快適そのもの。ストレスフリーの移動、ドライブを可能にしてくれるというわけです。

さて、2022年12月のクリスマスシーズンに、わが家が愛犬であり、自称自動車評論犬!?でもあるジャックラッセルのララを「スバル・ソルテラ」に乗せ、向かったのは、「ソルテラ」の排気ガスを一切出さない環境性能、プレミアムな車格に相応しい、富士山麗の大自然に囲まれた河口湖(新宿からクルマで約80分)エリアにある、約5万坪もの広大な敷地の豊かな赤松が茂る森と水辺に立ち並ぶ、非日常の極上のくつろぎや開放感が味わえる、進化し続ける愛犬と過ごすラグジュアリーリゾート、フジプレミアムリゾートのフォレストヴィレッジ内にあるワンヴィレッジです。

春から夏にかけての風景

現地でのこれまたプレミアムな鉄板焼きダイニング、サロン・ド・フォレストでのディナーの後は、広大で暖かなわんヴィレッジの贅沢すぎるヴィラのお部屋のリビングルームで犬友と合流。みんなで静かに楽しむプチクリスマスパーティーを楽しむ予定です。

わが家にやってきた、プラチナホワイトパールマイカ/ブラックルーフの「スバル・ソルテラ」はET-HS/AWDグレード(一充電航続距離はWLTCモードで487km)。足元を引き締める20インチタイヤ、本革シート(タン/ブルーステッチ/運転席&助手席パワーシート/フロントシートベンチレーション/前後席シートヒーター付き)で、オーディオマニア垂涎のハーマンガードンサウンドシステム、AC100V/1500Wコンセント(全グレード)などが標準装備される最上級仕様でした。

もちろん、スバルのフォレスターなどのガソリン車でもおなじみの、スバル独自の悪路の駆動力制御システム=Xモードを完備。スノー・ダート/ディープスノー・マッド/グリップコントロールを用意し、さらにドライブモードとしてノーマル/ECO/POWERが切り替えられます。

スバルのAWD技術は、雪国のユーザーからも定評があるところですが、電気自動車ならではの高応答性によって、雪道や雲泥路などでのスリップを的確に軽減してくれるところも、「ソルテラ」ならではでしょう。実は、出発当日の河口湖周辺の最低気温はマイナス。早朝、深夜の移動ではないものの、万一の降雪、路面凍結に備え、スバルの信頼できるAWD技術+スタッドレスタイヤで武装することに。スノークリスマスのドライブ旅行になっても、これなら鬼に金棒ですよね(実際に雪は降りませんでしたが・・・)。

ちなみに、「スバル・ソルテラ」は、国土交通省と独立行政法人 NASVA(自動車事故対策機構)が実施する、自動車の安全性能を評価するJNCAP(自動車アセスメント)で、2022年度の総合評価で最高となる「自動車安全性能2022ファイブスター賞」を受賞しているのです。24時間、365日、コールセンターと常時つながるオペレーターサービスT-Connectや自動、手動でヘルプネットセンターのオペレーターにつながるヘルプネット(SOS)コールの用意まであるのですから、出発前からの絶大かつ最先端の安心・安全に包まれた愛犬とのドライブを可能にしてくれるのです。

今回の乗車フォメーションは、わが家夫婦が前席、そしてジャックラッセルのララが愛犬の特等席と言える、頭上も足元も広々した後席。前後席にシートヒーターを完備(ステアリングヒーターも!!)しているので、車内はぬくぬくで、寒がりのララも大満足。とはいえ、ララを本革シートに直接乗せるような野暮なことはしません。犬の安全性、快適性にも配慮し、わが家とララ愛用のDOG DEPTのドライブベッドを後席に設置(2本のベルトで後席シートバック部分に固定)し、さらにDOG DEPTのリード&ハーネスをララに装着し、リード部分のループを後席ヘッドレストに固定し、犬のシートベルトとしています。

それにしても、「ソルテラ」のインテリアは先進感と高級感に溢れています(ET-SSグレードのファブリックシートでも!!)。ハイマウントされたメーターは7インチのTFT。シンプルなデザインですが、電気自動車に欠かせないバッテリー残量と航続可能距離を大きく目立たせて表示してくれる配慮があります。さらに布張りで高級感に溢れるインパネセンターには、横長大画面、12・3インチの通信型タッチパネル式のインフォメントシステムを全グレードに標準装備。ナビゲーションは新しい道路が開通すれば、即、反映される自動アップデート更新機能付きですから、何もかも、完璧です。

ところで、電気自動車は大量のバッテリーを積むため、ラゲッジルームの容量が犠牲になるクルマもないではないのですが、「ソルテラ」はその点でもまったく心配なし!! 倒せばラゲッジルームと完全にフラットにつながる後席使用時でも、奥行970mm、幅1000mm、最低天井高755mmと、容量たっぷり。後席を倒せば最大奥行は1490mmに達するのです。わが家は1泊のドライブ旅行でも荷物が多いことで有名!?ですが(機内持ち込みサイズのキャリーケース×2、クーラーボックス、ララの持ち物袋、この季節ならダウンコート&ジャケット×2など)、「ソルテラ」のラゲッジルームならまだまだ余裕。上記の荷物のほか、ドッグカートを積み込んでも余裕たっぷりです。家族3~4人のドライブ旅行でもまったく荷物の積載性について心配はいらないでしょう。

中央フリーウェイを走る室内は、もう自動車として静かすぎる、そして快適な乗り心地を堪能できる空間でした。シートヒーターとステアリングヒーターの暖かさで、それこそエアコンいらず(全員、河口湖の気温を考慮して、やや厚着)。耳に届くのは、わずかなロードノイズのみ、と言っていいぐらいです。ララを乗せていなければ、個人的にもお気に入りのハーマンガードンのプレミアムオーディオシステムの音楽を堪能したいところですが、ここはララに配慮して、別の機会に・・・。

その走行性能、走行感覚は、まさにドシリとした重厚感たっぷりで、高級車そのもの。車内の電気自動車ならではの静かさ、快適さから、後席に乗車したララはリラックスしすぎて夢の中のようでした(車内がうるさく、乗り心地が悪いと、まず寝ません。それが自称自動車評論犬!?としての評価基準だとか)。

途中、談合坂SAで休憩。まだまだバッテリーには余裕があるのですが、せっかくなので、充電することに。ここで重要なのが、充電している間の時間を無駄にしない・・・ということ。人間だけの乗車であれば、朝食などを店内で取ることも可能ですが、犬連れ、それもこの季節だと、テラス席でお茶・・・というのは寒すぎます。が、談合坂SAのように、ドッグランが併設されているSAなら、充電時間の約30分、ドッグランでドライブのリフレッシュがてら、愛犬を遊ばせればいいのです。ただ充電が終わるのを待っているのとは、時間の使い方、効率がまるで違うというわけです。

わが家で充電(200V)した「スバル・ソルテラ」の航続可能距離表示は出発時点で約400km。東京から河口湖までの走行距離は約110km、約1・5時間ですから、往復も余裕です。

中央フリーウェイ談合坂SAからは、延々と続く上り坂になりますが、強力なモータ―パワーによって、静かに、滑らかに加速。というより、極めてゆとりある巡航が可能で