小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

イーゼルに向かうようにペンタブを立てる!漫画家・厳男子さんのこだわりデスクを拝見

2023.01.06

その道を究めた職人の作業環境には、これまで紹介したガジェット専門インフルエンサーのデスクとは違った魅力にあふれている。そこで3名の個性豊かな「プロ」のデスクを徹底取材、仕事を最適化するための秘訣に迫った。

厳男子さん

漫画家 厳男子(きび だんご)さん
2009年に『SOLA』でアフタヌーン四季賞萩尾望都賞を受賞。2014年には『TOUGEI闘芸』でちばてつや賞優秀新人賞を受賞した。2018年からLINEマンガにて『ムラサキ』が配信中。家業のしいたけ栽培にも携わっている。

細部までしっかり描き込める4Kのペンタブレットが活躍

 情報がギッシリ詰まった迫力あるダンスシーンが人気の漫画『ムラサキ』。登場キャラクターたちの躍動感をビシビシと感じる読みごたえ十分の作品は、3つの4Kデバイスを置いた環境で描かれているそうだ。

「中央のペンタブレットは24インチ、両脇のディスプレイは27インチです。左手でゲーミングキーパッドを操作し、右手はタッチペンを使うというのが定位置。これらは作業効率を意識しながら揃えてきました」

 買い替えたばかりの4Kペンタブレットは、モニターアームで位置を自由に動かせるようにしたそうだ。

「モニターが宙に浮いている状態なので、机の上に余裕ができ、手を動かせる範囲が広がり、すごく描きやすくなりました。4Kの解像度に上がったことで、描いた線の状態がわかりやすくなり、拡大して確認しなくてもすむケースが増えています」

 タブレットと並べて使用するディスプレイは、作業効率アップのために2つある状態がベストだという。

「それぞれのディスプレイには画面を分割するようにアプリを配置。Web検索の画面、画像など資料、メール、YouTubeの動画といった情報を一覧できるようにしています」

 今後導入したいアイテムとして、厳男子さんは天板の高さを変えられる昇降デスクを挙げた。

「天板を高くして立って作業をしたほうが、腰への負担が軽くなるみたいなので。これだけの機材の重さを安全に昇降できる机が欲しいです」

厳男子さんが描き下ろした〝ペンタブ中心〟のデスク環境!

厳男子さんが描き下ろした〝ペンタブ中心〟のデスク環境!厳男子さんが描き下ろした〝ペンタブ中心〟のデスク環境!

(イラスト)大きなペンタブレットを机の中央に置くのが厳男子さん流。(写真)つい最近では環境をプチリニューアルし、4Kタイプの〝ペンタブ〟とディスプレイ(×2)に買い替えた。

〈こだわりポイント〉イーゼルに向かうように〝ペンタブ〟を立てて描きます!

イーゼルに向かうように〝ペンタブ〟を立てて描きます!

美大出身のため、イーゼルに立てたキャンバスで絵を描いてきた経験が豊富。そのことから、ペンタブレットも立てて描くそうだ。アームにより、ペンタブレットを作業しやすい位置に動かせるようにして、効率化を図っているとか。

『ムラサキ』

『ムラサキ』がLINEマンガにて配信中!

『ムラサキ』がLINEマンガにて配信中!
ダンスに魅せられた女子高生、一条紫が創作ダンス部を設立するために奮闘する姿を描く。迫力ある筋肉の描写が見どころだ。

新規レイヤーもすぐに作成できる!

新規レイヤーもすぐに作成できる!

描く際に必要な機能を、各ボタンに登録できるデバイス。「戻る」「進む」「レイヤー作成」などが指1本で完了するため、スムーズに作業が進むそうだ。効率良く作業をするために一番重宝しているとか。

肘を置くだけで描くのもラク!

肘を置くだけで描くのもラク!

高反発ウレタン材を採用するデスク用クッションも愛用。机上に置くことの多い肘にやさしくフィットし、作業中の負担を軽減する。「今や〝なくてはならない〟存在。最近は2つ並べて使っています」

取材・文/田村菜津季 写真協力/LINEマンガ、ライブドアニュース

 

DIME2023年1月号では「マネしたくなる!最強の仕事基地」を大特集!

2022年11月発売のDIMEでは「マネしたくなる!最強の仕事基地」として、ガジェット系YouTuberやインフルエンサー、さらには家具メーカーに「理想のデスクの作り方」を総力取材! 作業効率が超アップするガジェットや、一気に見栄えがよくなる工夫などを紹介しています。さらに、付録は「携帯型スティック加湿器」! スリムな形状なので持ち運びやすく、必要なのは水を入れた容器とUSB電源だけ。勢いよく噴射する強力ミストで、身の回りの潤いを保つようにしてください。

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。