小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhone 13シリーズ、iPhone 14シリーズで使用できる充電ケーブルと覚えておきたいその他の充電方法

2022.12.11

スマートフォンを買い替える時に、今使用している充電ケーブルがそのまま使用できるのか気になるという人は多いのではないでしょうか。

特に近年は、「脱炭素」といった観点から、スマートフォンを購入した際に同梱される付属品を減らす傾向があります。そこで本記事では、執筆時点(2022年11月下旬)にて、Apple Storeから販売されている「iPhone 14」シリーズや、「iPhone 13」「iPhone 13 mini」で使用できる充電ケーブルや、そのほかの充電方法について紹介していきます。

iPhone 13、iPhone 14シリーズに充電器は同梱される? 今までのLightningケーブルはそのまま使用可能!

結論からいえば、iPhone 13シリーズ、iPhone 14シリーズは、購入時に充電ケーブルが同梱されます。ただし、充電ケーブルをコンセントに接続するための「ACアダプタ」は同梱されていないので、別途用意する必要があります。

ちなみに、iPhone 13シリーズ、iPhone 14シリーズの底面にあるポートは、「Lightning」が採用されているため、「iPhone 5」以降のiPhoneからの機種変更であれば、現在使用しているLightningケーブルをそのまま使用できます。

iPhone 13シリーズ、iPhone 14シリーズ同梱のケーブルは「Lightning – USB Type-C」! ACアダプタの種類に注意

iPhone 13シリーズ、iPhone 14シリーズには充電ケーブルが同梱されていると紹介しましたが、ケーブルは片側がLightning端子、反対側がUSB Type-C端子となっています。

このケーブルはiPhone 12シリーズより同梱されており、それ以前のモデルでは「Lightning – USB Type-A」ケーブルが採用されていたため、iPhone 13シリーズやiPhone 14シリーズに付属するケーブルを使用する際には、これまで使用していたACアダプタが使用できない可能性があります。

付属の充電ケーブルを使用したいけど、USB Type-A対応のACアダプタしか持っていないという人は、別途USB Type-Cに対応したACアダプタを購入するか、USB Type-AとUSB Type-Cを変換できるアダプタを購入しましょう。

USB Type-C対応のアダプタは、Apple Storeから購入できるほか、AmazonといったECサイトでも多くの種類が取り扱われています。

【参照】Apple Store/iPhone アクセサリ 電源&ケーブル

iPhone 13シリーズ、iPhone 14シリーズはLightningケーブル以外にも「Qiワイヤレス」や「MagSafe」で充電可能

ここまで、iPhone 13シリーズやiPhone 14シリーズにて使用できる、Lightningケーブルについて紹介してきましたが、実はLightningケーブルを接続する以外にも、iPhone本体を充電する方法があるのをご存じでしょうか。

1つは「Qi(チー)ワイヤレス充電」と呼ばれる方法。「Qi」とはケーブルを接続することなく、デバイスを充電する規格のことを指します。

Qi規格は、iPhoneのほかにも、AirPods(第3世代)、AirPods Pro(第2世代)の充電ケースや、多くのAndroidスマートフォンでも使用できる、ワイヤレス充電の標準的な規格です。

Qiワイヤレス充電器は、平置きタイプのものや、スマートフォンスタンドとして使えるタイプなど、様々なサードパーティー製品が販売されているので、使用用途に合わせて購入しても良いでしょう。

様々な形状の製品があるのもQiワイヤレス充電器の特徴

iPhone 13シリーズ、iPhone 14シリーズを充電するもう1つの方法が、「MagSafe」という、アップルが開発した磁気技術による方法。磁石を使い、専用のワイヤレス充電器をiPhoneの背面に“ピタっと”接続することで、iPhone本体の充電ができます。

MagSafeの利点は、磁石でしっかりと張り付くため、ワイヤレス充電器を使用する際によく起こる、接点のズレがほぼない点。また、iPhone本体に直接コードを挿し込む必要がないので、筐体が傷つく心配もあまりありません。

MagSafe充電器も、Apple Storeから様々な種類が販売中。中には、モバイルバッテリーとして持ち運べるタイプもあるので、屋外でもMagSafe充電器を使って充電したいという人は、ぜひチェックしてみてください。

iPhone 13シリーズ、iPhone 14シリーズは使用する充電器によって充電速度が異なる!?

iPhone 13シリーズやiPhone 14シリーズは、Lihgtningケーブルに加え、Qiワイヤレス充電、MagSafeによる充電が可能。ただし、使用する充電方法によって、充電速度が異なるので注意が必要です。

iPhone 13の場合、MagSafeワイヤレス充電器を使用した場合は最大15W、Qiワイヤレス充電の場合は最大7.5Wの充電に対応しています。単純計算で、MagSafeでの充電は、Qiワイヤレス充電の倍の速度が出るということになります。

Lightningケーブルを使用した際の最大ワット数は、アップル公式より公開されていませんが、20W以上のACアダプタを使用した際には、30分の充電で最大50%の充電が可能と紹介されています。

Lightningケーブルでの充電が20W前後に対応していると仮定すると、充電速度はLightningケーブル、MagSafe、Qiワイヤレス充電の順番ということになります。なお、充電速度は使用するケーブルやACアダプタといった環境によっても変化するので、必ず最大値が出るわけではありません。

【参照】iPhone 13 Pro 技術仕様

※データは2022年11月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。