小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

バッテリーの浪費対策にも貢献!iPhone 13シリーズで5Gのオン・オフを切り替える方法

2022.12.10

iPhoneの2021年モデルとして登場した「iPhone 13」は、2020年モデルの「iPhone 12」からノッチが縮小し、広角カメラにセンサーシフト光学手ぶれ補正が搭載されるなど、目立たないながらも着実に進化をしたモデル。

iPhone 14シリーズが登場した現在(2022年11月中)でも、Apple Storeから継続して販売されており、最新モデルよりも安価に入手できるため、これから機種変更をする人にも、おすすめできる製品です。

そんなiPhone 13は、iPhone 12や最新モデルのiPhone 14と同様に、「5G通信」に対応したスマートフォンとしても知られますが、5G通信は、大容量のデータ通信を行える反動から、バッテリーの消耗が激しくなりがちともいわれています。

そこで本記事では、iPhone 13 Proを実際に使いながら、5G通信のオンオフを切り替える方法や、5G接続できない際の対処法を紹介していきます。

iPhone 13シリーズを5Gで使える設定にするには?

まずは、iOS 15をインストールしたiPhone 13 Proにて、5G通信のオン、オフを切り替える方法を紹介していきます。

iPhone 13シリーズの場合、デフォルト設定では5G通信がオンになっています。バッテリーの消耗を抑えるために5G通信をオフにしたい人や、以前5G通信をオフにしたものの、戻し方がわからないという人は、参考にして下さい。

iPhone 13シリーズの5Gをオフにするにはどうする?

「設定」アプリを開き、「モバイル通信」に進む

「通信のオプション」→「音声通話とデータ」の順で進む

「5Gオン」「5Gオート」「4G」の3つが表示されるので、任意のものをタップ

以上の操作で、5G通信、4G通信の切り替えができます。ちなみに、「5Gオート」モードは、バッテリーの駆動時間が大幅に短くならない場合にのみ、5G通信が適用されるモード。「5Gオン」よりも5Gに繋がる機会は減ると考えられますが、バッテリー残量を確保するために、こちらを設定するのもありでしょう。

iPhone 13で5Gにつながらない場合の対処法

先述した設定方法で、「5Gオン」もしくは「5Gオート」に設定しても、iPhone 13シリーズがうまく5Gに接続できない場合もあります。ここからは、iPhone 13シリーズで5G通信ができない場合に考えられる主な原因と、対処法について紹介していきましょう。

iPhone 13シリーズは5Gになったらどういう表示になる?

iPhone 13シリーズが5G通信を行っている場合、下図のように、ノッチの右側に「5G」と表記されます。

なお、5Gエリア、4Gエリアにかかわらず、Wi-Fiに接続している場合は、アンテナの横にWi-Fiのアイコンが表示され、「5G」「4G」といった表記は出なくなります。

iPhone 13シリーズが5Gにならない時はどうする?

iPhone 13シリーズが5Gにならない原因はいくつか考えられますが、執筆時点(2022年11月中旬)にて考えられる理由の1つに、5Gエリア外の可能性があります。

5G通信は、ドコモ、au(KDDI)、ソフトバンク、楽天モバイルの4キャリアがそれぞれエリアを構築しています。そのため、「ドコモ回線では4Gだけど、au回線は5Gに繋がる」といった場所もあるでしょう。

契約している通信キャリアの5Gエリア内なのに、5Gに繋がらないという場合には、iPhone 13シリーズを一度機内モードにしたり、再起動することで、5Gに繋がる場合もあります。

また、通信キャリアで契約している料金プランが、5G通信に非対応の場合もあります。iPhone 13シリーズのような5G通信対応のスマートフォンを、契約している通信キャリアから購入する際には、5G対応の料金プランに変更するのが一般的ですが、iPhone 13シリーズをApple Storeから購入したり、中古端末を購入した人は、料金プランが更新されていない可能性も考えられます。iPhone 13シリーズを使っていても、5G通信ができないという人は、一度契約プランを確認してみても良いでしょう。

iPhone 13シリーズは5Gのミリ波(mmWave)は使える?

実は「5G」は、使用する周波数帯の違いから「Sub6」と「ミリ波」という種類に分けることができます。

同じ5G通信であっても、ミリ波のほうがSub6よりも高速で大容量の通信ができるとされていますが、日本国内で販売されているiPhone 13シリーズは、残念ながらミリ波非対応。ちなみに、最新のiPhone 14シリーズでも、ミリ波には対応していません。

【参照】ソフトバンクニュース/【ミリ波】〜1分で分かるキーワード #28

iPhone 13シリーズで5GのSA(スタンドアロン)は利用できる?

通信キャリアが提供する5G通信サービスには、「SA(スタンドアロン)」と「NSA(ノンスタンドアロン)」の2種類があります。執筆時点で多く展開されているのは、NSA方式の5Gサービスといえます。

NSA方式とは、4G用の装置を用い、4G基地局と5G基地局の電波を併用して通信する方法。一方、SA方式は、5G通信専用の装置と5G基地局のみを使用して通信する方法となっており、NSA方式よりも通信速度が出やすいという特徴があります。

5G通信に対応しているiPhone 13シリーズやiPhone 14シリーズですが、日本国内ではNSA方式にのみ対応。執筆時点では、SA方式の通信は利用できません。

【参照】ドコモ/5G SA(Standalone)

※データは2022年11月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。