小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

占いで不幸になるリスクと幸せになる付き合い方

2022.12.08

占いを受ける危険性

占いは、先人たちが自然界から法則性を見出して、生きるための叡智として体系立てて来たものですから、占いが盛んになることは良いことです。しかし、包丁と同じで、使い方を間違えると危険なものとなってしまいます。占いが“危険”とは、言い過ぎだと思うでしょうか?全くそんなことはありません。

まず、多くの人は占い師の言うことを信じますが、その言葉は潜在意識に入りやすく、それが現実になっていきます。潜在意識とは、意識せずにできている領域のことです。普段、人の行動は、歩くことから歯磨き、パソコンを操作することまで、1つ1つの動作を意識して行っているわけではありません。そのほとんどは、習慣によって無意識でできていることですから、99%以上がその潜在意識の力によって動いているということになります。そこに、占い師に言われた「あなたは一生結婚できない」などのネガティブなことが入れば、頑張れば結婚できていた人でも、結婚できなくなってしまうのです。

中には悪い占い師もいて、依存させてリピートさせたり、価値に見合わない高額な商品を売りつけたりするケースもありますから、ハマればハマるほど危険であると言えるでしょう。「過去のことが当たっていたからその占い師を信じる」という人もいますが、占いなのですから当たって当然ですし、当たっているかのように見せるテクニックというのも存在します。ですが、それと未来を幸せにすることは、別のことなのです。

悪くない占い師の場合でも、潜在意識のことを理解していなければ、『悪い結果を伝えっぱなし』となってしまいます。お金だけならば後からいくらでも稼ぐことはできますが、潜在意識に悪い情報が入れば人生が悪化していきますので、それだけで危険なものとなってしまうのです。

良い占い師とは

確かに占いにはネガティブな表現もあります。しかし、全ては陰と陽、両方の見方ができますし、良くないことには必ず対策があります。例えば、陰陽五行(木火土金水それぞれ陰と陽がある)のうち、マイナスの水タイプの人は雨に例えられ、大きな力を発揮することはできませんが、優しい性質を持っています。「優しい人」は、「優れている人」であることを漢字が教えてくれていますから、大きな力を持つ以上に大事な要素を持っているのです。

また、大きな力を発揮したければ、「雨垂れ石を穿つ」ということわざがあるように、同じことをコツコツとやることで大きな力になっていきます。実は、僕がこの雨タイプなのですが、占いを3年間続けた頃に月商100万円を超え、5年間続けた頃には平均月商は300万円になりました。今では生徒さんも500名を超え、法人にもしているので、個人事業レベルでの成功ラインは優に超えるくらいに成長したと言えるでしょう。また、自分の力は小さくとも、他の人の協力を得ることによって、より大きなエネルギーを循環させることもできています。

ですから、占い師側としては、「これを伝えたらその人がどうなるのか」を意識することが必須です。表現はできるだけ前向きな言葉に変換し、悪いことを言った後は必ず対策を伝えて、それをすることでどんな素晴らしい未来になるのかをイメージさせることです。また、相手がどこまでを受け取れるのかという見極めも必要でしょう。

占いを受ける側のスタンス

占いを人生に活用したほうが良いのはもちろんですが、占いを受けることによって自分がどうなっていくのかを、占い師任せにするのもよくありません。それは、自分の人生を、赤の他人に委ねるということだからです。そのことを“依存”と言いますが、“依存”は人生が不幸になる典型的なパターンの1つです。不安定な時代ほど、人は何かに頼りたくなりますから、気を付けなければなりません。

いくら今が“女性性の時代”と言われていても、人に合わせるだけではどんな夢も叶えることができません。一歩踏み出す時は男性性のエネルギーが必要です。人類には男女がいて子供が生まれるように、陰も陽も、両方必要なのです。女性性の時代とは、「女性性の要素が強い」という意味に過ぎません。

四柱推命では、全ての人が自立の星を持っていると捉えます。鑑定書に表れていなくても、理論上、鑑定書で空白になっている部分に隠れているのです。これは、『自分の人生は、自分で決めることが大前提である』という意味を持っています。そのうえで、どんな凄い占い師が言う言葉だとしても、それを信じるか信じないか、どう受け取るのかは、自己責任であり自分次第であることを理解しておきましょう。たまたま出会った占い師は、あなたのことを深く知っているわけでもなければ、師匠でもないのですから、ベストな言葉の選択ができるとは限らないのです。

占いと上手く付き合うオススメの方法

占い結果に流されたり惑わされたりしない一番の方法は、自分で占いを学ぶことです。占いには様々な種類があり、習得の難易度も様々ですから、興味を持てる占術から手を付けてみると良いでしょう。自分で自分を占えれば、いつでも人生を良くする術を知ることができます。ただ、ここでお伝えしたいのは、それだけではありません。

占いを学ぶということは、どうすれば人が幸せになるのかを追求するということです。先述した「何を言ってあげるか」「自分の人生は自分で決める」だけでなく、『幸せになる人と不幸せになる人のセオリー』『多くの原因や対策が分かるエネルギーという視点』などの運命学にも興味を持ったり、自分や周りの人を観察して、仮説を立てて統計をとったりしても良いでしょう。

要は、占術だけでなく、物の見方や考え方から変えて、“幸せオタク”になればなるほど、占いの本質に気付き、自分自身を幸せにしていくことができるのです。もちろん人を幸せにすることもできるようになりますから、仕事にしたい人は容易に収入を増やすこともできるでしょう。

文/星 絢

ほし・けん。(株)地球人 取締役。(社)日本占道協会 認定師範。1981年2月4日生まれ。青森県出身。高校卒業後に上京し、20代の頃から起業を志すも、幾度となく失敗。20代最後に人生の方向性を見失い、半年間箱根に住み込みながら生き方を探求。500万円の借金も返済不可能となり債務整理を経験。その後、人生をかけたコミュニティ事業も低迷しているときに四柱推命の師である鳥海伯萃先生と出会い、占いの勉強を始め、今は、無借金・年商3000万円にまで会社を成長させ、四柱推命鑑定師・講師の養成を主軸としながら、より多くの人や世の中を更に豊かにしていくことを追求している。著者に「占い起業のはじめ方、成功の技術」(彩流社)がある。http://suimei.hpjt.biz/blog/


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。