小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

35歳以上の独身男性に聞いた「結婚してもいいと思った瞬間」

2022.12.09

アラサー独身男性のうち、これまでの人生で「結婚しても良いと思った瞬間」がある人は、どれくらいの割合で存在するのだろうか?

Q.E.D.パートナーズはこのほど、35歳以上の独身男性181人を対象に「結婚」に関する意識調査を実施。その結果をグラフにまとめて発表した。ちなみに回答者の年齢層は以下のようになっている。

結婚しても良いと思った瞬間「ある」が60%

「結婚しても良いと思った瞬間はありますか?」と質問したところ、60.2%の人が「ある」と回答した。結婚しても良いと思った瞬間があるものの、結婚しなかった理由としては、「自分の家が金銭的に大変だったから」「相手の都合で婚約が破棄になった」「色々難しく考えすぎてしまった」などのコメントが寄せられている。

一方、「ない」と回答した人は39.8%となり、結婚しても良いと思ったことないが理由としては「自分の時間がなくなるのでしたくない」「出会いがなかったため」「結婚したい人と出会わなかった」などのコメントが寄せられた。

68%が「来年50歳になるとしても婚活しない」と回答

「50歳時点で男性の4人に1人が未婚状態だと言われていますが、 もし未婚状態で来年50歳になるとしたら、ご自身は婚活を考えるでしょうか?」と質問したところ、「来年50歳になるとしても婚活しない」と回答した人が68%に達した。

「結婚のタイミングを逃した」「若いうちに積極的に恋愛しなかった」「本人の結婚願望が無い」「経済力が無い」「女性への苦手意識」と5つの選択肢を提示した上で、「50歳時点で未婚の男性を思い浮かべたとき、結婚しなかった理由で最もこれだと思う理由はどれですか?」と質問した。

その結果、「本人の結婚願望がない」という回答を選んだ人が30.4%と最多となり、以下、「結婚のタイミングを逃した」が25.4%、「積極的に恋愛しなかった」が20.4%、「経済力がない」が17.7%、「女性への苦手意識」が6.1%と続いた。

<調査概要>
調査方法:インターネットのクラウドサービスによる選択式および記述式
対象者:181人
調査時期:2022年9月17日~18日
有効回答数:181
調査期間:自社調査

出典元:株式会社Q.E.D.パートナーズ

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年3月15日(金) 発売

DIME最新号はデザイン一新!大特集は「東京ディズニーリゾート&USJテーマパークの裏側」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。