小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

国内旅行は1泊2日より連泊のほうが絶対にお得だといえる4つの理由

2022.12.07

国内旅行は1泊2日より連泊が絶対お得

全国旅行支援によって、全国の観光地が旅行者で大いに盛り上がっている。全国旅行支援は12月下旬でいったん終了するが、年明けから内容を変更して延長・継続されるとの発表があり、2023年も、これまで自粛していた国内旅行、ドライブ旅行に出かける機会も多くなるはずである。

連泊すると4つものお得度が付いてくることも!!

さて、今回は、「旅行は1泊2日より連泊が絶対お得!!」というテーマである。実は、ホテル、旅館などでの滞在は1泊より連泊のほうが、ずっとお得で、なおかつ快適な旅行、滞在が可能になる、という理論である。具体的には、4つのお得度が、場合によって可能になるのである。

筆者は12月上旬、全国旅行支援を利用して、愛犬とともに軽井沢のプリンス通り沿いにある「DOGDEPT GARDEN HOTEL KARUIZAWA TERRACE」(EV充電可能)を予約、滞在した。旅行支援の割引お得感もあって、もちろん表記の通り、1泊ではなく、2泊の滞在である。では、どうして1泊より2泊のほうがお得で快適な旅行、滞在ができるのかと言えば、滞在1時間あたりのコストと、時間的余裕、それによる楽しみ、ゆとり、満足感、幸福度の増大にほかならない。

1人、1泊2日、2食付きで2万3100円の宿に泊まるとしよう。チェックインは午後3時が一般的で、チェックアウトを翌朝10時とする。すると、滞在時間は19時間であり、1時間あたりのコストは1216円である。一方、2泊すると、2泊目の滞在時間は24時間となる(10時~翌朝10時)。2日目の10時にチェックアウトする必要がなく、それからチェックイン時間までの5時間(10時から15時まで)が、実滞在時間にプラスされるのである。2泊であれば、料金は4万6200円になるものの、2泊目の滞在1時間あたりのコストは約963円と、約21%も安くなる。これが「お得度その1」である。

実際に宿泊した「DOGDEPT GARDEN HOTEL KARUIZAWA TERRACE」(102号室の滞在時の料金は1名、2食付きで2万3100円/12月の平日料金の一例)では、「お得度その2」として連泊割があり、2泊目はホテル独自の施策で1人1000円引き、さらに2日目の室内クリーニングをアメニティ交換だけにするとさらに「お得度その3」の1人550円引きになるのだから、2名計3100円引きになり、お得度はさらに増すことになる。結果、1泊だと滞在1時間あたりの料金が上記の約1216円/名。対して2泊すると2泊目の滞在1時間当たりの料金は833円/名となり、一例として、滞在1時間当たりの料金でなんと約32%も安く泊まれることになる!! ※写真は前回滞在した105号室。

そもそも1泊の滞在だと、15時のチェックイン→すぐに夕食、翌朝は朝食後、バタバタでチェックアウトの準備・・・という流れになり、ゆっくりできるのは、ほぼ初日の夕方以降のみ。長距離運転を強いられるクルマのドライバーからすれば、やっとたどり着いて、またすぐ翌朝、運転することになる。女性であれば、限られた時間内にいろいろやることだらけで、むしろ疲れてしまうかも知れない。

連泊すると滞在2日目の快適度が大きく違ってくる

が、連泊であれば、2日目の朝食後もゆったり。荷物をまとめる必要はなく、ホテルでのんびりするのもいいし、外に出て手ぶらで観光、ショッピング、ランチを楽しむこともできる。軽井沢などのリゾートホテルでは、レンタル自転車もあったりして徒歩やクルマでは味わえない空気感、景色を満喫することもできたりする。1泊と連泊の快適度の差は極めて大きいと言えるのだ。愛犬連れならなおさらであろう。

ホテル朝食のイメージ

連泊すると夕食のアップグレードも期待できる(宿による)

しかも、ホテル、旅館によっては連泊客への優遇として、2日目の夕食がグレードアップされることがある。実際、「DOGDEPT GARDEN HOTEL KARUIZAWA」、「DOGDEPT GARDEN HOTEL KARUIZAWA TERRACE」では、朝夕食ともにDOGDEPT GARDEN KARUIZAWAのレストランでいただく2泊目の夕食がより豪華な”特別メニュー”となる。連泊用の夕食特別メニューをフードコーディネーターさんに見てもらったところ、食材費で1泊目の1・5倍はかかっているとのこと。結果、連泊による実質お得料金は、2人で7000円以上になると思われる(夕食は季節によってはテラスでいただく絶品のBBQメニューも用意)。これが「お得度その4」になる。

●1泊目のディナーメニュー(滞在当日のものです。このほかに食事、デザート、飲み物も付きます)

メインは仔牛のボーンステーキと手羽先のかま焼き

●2泊目の特別メニュー(滞在当日のものです。このほかに食事、デザート、飲み物も付きます)

メインは牛肉のステーキとまぐろのかま焼き

デザートとは別にシャインマスカット!!

夏期のBBQイメージ(テラス前回滞在時)

今回の旅行の全国旅行支援では、1人1泊、3000円のクーポンが付いてきた(2022年12月上旬現在)。2名、2泊で1万2000円である。ルールとしては、宿泊代金には使えないものの、夕食時に別料金となる飲み物代の精算にも使えるのだが(推奨)、筆者の経験では、なかなか使いにくい場面もあった。というのは、クーポンは滞在期間中のみしか使えない。2泊3日ならその3日間のみ有効だ。で、誰もが有効期限ギリギリの帰り際にクーポンを消化しようと、チェックアウト時にホテルや旅館のお土産コーナーに殺到。筆者がゆっくりお土産コーナーに着いた頃には、ほとんどの商品がなくなっていた・・・。なんていうことも過去、あったのである。

ところが、愛犬家の軽井沢の聖地とも言うべき「DOGDEPT GARDEN軽井沢店」(レストラン&ショップ)「と同じ敷地にあるアメリカ西海岸のリゾートを思わせる「DOGDEPT GARDEN HOTEL KARUIZAWA」、そしてその向かい側にあるテラスの広さも自慢の「DOGDEPT GARDEN HOTEL KARUIZAWA TERRACE」の滞在では、クーポンの使い勝手は抜群だ。というのは、「DOGDEPT GARDEN軽井沢店」のショップで愛犬、飼い主のためのドッグウエア、グッズ、おやつ、アパレルなどを、クーポンで購入できるからである(OPEN 11:00~。プリンスショッピングセンターにも店舗あり)。もちろん、筆者も滞在中に愛犬のジャックラッセルのララの新作ドッグウエア、グッズ、おやつの購入にクーポンを充当。クーポンの価値を最大限に生かした使い方ではないかと自負している(2日目の旧軽井沢でのランチやお土産にも使用)。

EVで訪れるならEV充電器付きの宿がお薦め!!

というわけで、全国旅行支援での2泊3日のお得で快適な、愛犬との軽井沢旅行を「DOGDEPT GARDEN HOTEL KARUIZAWA TERRACE」で満喫したのだが、前回、2021年の秋に訪れたときにはなかった、電気自動車の充電設備(200V/宿泊客は無料で利用可能)が2台分、「DOGDEPT GARDEN HOTEL KARUIZAWA TERRACE」の駐車スペースに設置されていた(祝)。

ホテルの送迎車も電気自動車の日産リーフ、そして最新の軽電気自動車の日産サクラの2台が加わり、軽井沢の澄んだきれいな空気を汚さないカーボンニュートラルな送迎を実現しているのだから、さすがDOG DEPTである。アメリカ西海岸、サンタモニカ発祥の、日本を代表するドッグウエア、グッズ、アパレルメーカーのDOG DEPTは、エコエチケットアイテムの販売展開から、新車を盲導犬協会に寄付するなど、様々な分野での貢献に力を入れていることでも有名だ。

話を戻せば、「DOGDEPT GARDEN HOTEL KARUIZAWA TERRACE」での2泊3日の滞在を、旅行支援の有無を問わず、「1泊より連泊のほうが、ずっとお得で、なおかつ快適な旅行、滞在が可能になるという理論」に基づき、お得に、快適に過ごすことができた。時間、予算が許す限り、愛犬も大喜びの飼い主、家族とずっといっしょにいられるドライブ旅行ゆえに、その貴重な時間をより充実させるためにも、ぜひとも連泊での旅程をお薦めしたい。旅行の幸福度が倍増するというものである。

日替わりメニューの朝食シーンのイメージ

DOGDEPT GARDEN HOTEL KARUIZAWA TERRACE

文/青山尚暉
写真/雪岡直樹・青山尚暉

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。