小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

[Go on excursion in NAGOYA]時代の潮流たる〝日産〟の新型EVで過ごす豊穣の時間。発酵料理の伝承と自然の恵みを存分に生かす和のオーベルジュ【PR】

2022.12.07PR

琵琶湖のさらに北にひっそりとたたずむ余呉湖。この湖の西岸に豊かな食と伝統料理を美食に高めた料理宿がある。ここで食の探求を続ける料理人の姿勢は、訪れる者の感動を誘う。

 波ひとつない、凪いだ湖面が周囲の景色をものの見事に映し出す場所。その様から〝鏡湖〟とも呼ばれる余呉湖は、琵琶湖のさらに北に位置する周囲6㎞ほどの小さな湖だ。その静謐な場所に向かう今回の相棒は〝日産〟「アリア」。話題のクロスオーバーSUV型電気自動車(EV)である。

「アリア」はEV開発に積極的に取り組んできた〝日産〟の意欲作とあって、他のEVとは一線を画すクオリティの高さを感じさせる。張りのある有機的な面構成のおかげで、存在感はたっぷりながらも威圧感はなし。EVにありがちなパワーやレスポンスの良さをことさらに強調せず、ドライバーの意思にしっかりと応える走りの躾や、内装のそこここに組子や枯山水のモチーフが盛り込まれるなど、全体を通した仕立てに〝和〟を尊ぶ精神が息づいている。

 そんな「アリア」で向かったのは湖の西岸に居を構える和のオーベルジュ、「徳山鮓」だ。ここは日本の発酵学の第一人者である小泉武夫氏の後押しにより、発酵料理人としてのキャリアをスタートさせた徳山浩明氏が開いた料理宿。「足を運んでもらうからには、ここでしか食べられないものを堪能していただきたい」と徳山氏が語るように、軸足はこの地の恵みを存分に味わえる料理にある。一緒にこの店を切り盛りする家族たちと山に入り、自然の恵みを自らの目で確かめ、そのうえで様々なアイデアを出し合って季節ごとの特別なひと皿を生み出している。この地域に伝わる熟鮓(なれずし)も「徳山鮓」を語るうえで欠かせない一品だが、そのアレンジにも積極的だ。素材そのものはもちろん、歴史や文化を尊重しながら、新たな味の創造に挑戦する〝静と動〟の姿勢こそが、厚い支持を集める秘訣だろう。そんな当たり前だが大事なことを〝日産〟「アリア」と「徳山鮓」は教えてくれた。

土地の恵みを生かしたすべての料理それぞれが主役

徳山鮓で供されるコースは、実際に取れた食材によって内容も異なってくる。料理方法も最適なものが選ばれるため、同じ素材でも常に進化している印象を受けるはずだ。すべて自信ありの一品だからこそ、これがメインとは謳っていないそう。春夏秋冬、いつ行っても驚きや感動が味わえる楽しみがある。

豊かな地元の食材が美食に昇華

「ここから見えるところで取れた食材のみで勝負しています」とは板長の言葉。4種類のきのことすっぽんの出汁を使った鍋や鰻の白焼き、熟鮓の飯(いい)を用いたジュレ添えなど、野趣あふれる素材がどれも高い洗練度の一皿に生まれ変わる。

挑戦を続ける発酵料理人

京都の料亭で和食の基礎を学んだのち、地元の伝統食である熟鮓の可能性を追求するべく発酵料理人となった徳山浩明氏。いまも自ら食材探しに出歩き、訪れる美食家たちの意見も取り入れるなど、新しい味の創造に余念がない。

自然豊かな土地には次世代の主役たる電気自動車がよく似合う

「リーフ」に続く〝日産〟の量産型EVとして登場した、クロスオーバーSUVスタイルの「アリア」。シンプルな面構成のなかに走るシャープなラインが新しいデザインの方向性を物語る。2022年度のグッドデザイン賞を受賞。プロパイロット2.0をはじめとする先進の運転支援機能も充実している。

和テイストにあふれる快適で上質な室内空間

水平基調でまとめられたダッシュボードには12.3インチのディスプレイを2つ並べ、そこに様々な機能や情報が集約される。空調のコントロールは木目調パネルに光るアイコンに触れると作動するハプティックスイッチ。石庭の紋様をイメージしたフロアカーペットや〝組子〟模様のインテリア加飾パネルなど和の趣が感じられる。

滑らかなドライブフィールは「アリア」の真骨頂

ことさらにモーターの力強さを強調するのではなく、あくまでドライバーの意思に忠実にパワーを立ち上げてくれるためシチュエーションを問わず扱いやすさが光っていた。

主要諸元
Nissan Ariya B6 2WD

モーター 交流同期電動機
最高出力 160kW(218ps)/5,950~13,000rpm
最大トルク 300Nm/0~4,392rpm
全長×全幅×全高 4,595×1,850×1,665mm
車両重量 1,960kg
車両本体価格 ¥5,390,000

「アリア」には66kWhの「B6」と91kWhの「B9」があり、それぞれに1モーターのFFと2モーターのe-4ORCE(4WD)を用意。B6モデルは470kmの航続距離(WLTCモード)を標榜する。

■問い合わせ

徳山鮓
住所:滋賀県長浜市余呉町川並1408
電話:0749-86-4045
https://tokuyamazushi.com/

日産自動車
電話:0120-315-232
http://www.nissan.co.jp/


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。