小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

SNSで話題沸騰の「とじないかつ丼」に込められた想い

2022.12.03

「日本橋とんかつ 一 HAJIME」の「特上 焼きかつ丼」

とんかつと玉ねぎを卵でとじ、白米の上に乗せた、言わずと知れた丼料理「かつ丼」。割下が染み込んだ衣のやわやかい食感はかつ丼ならではで、ダシのきいた卵との相性も抜群だ。しかし今、「とじないかつ丼」なるメニューがブレイク中なのだとか。

先駆けとされているのは、渋谷の老舗「瑞兆」と、門前仲町に本店を構える「とんかつ丸七」の2店。そして「瑞兆」にインスパイアされて誕生した「#カツ丼は人を幸せにする」が、ブームの火を広げた立役者と言える。

2022年より“とじないかつ丼”を提供する店が増えつつあり、ひとつのムーブメントに発展する兆しを感じるが、はたしてその魅力とは。王道のかつ丼ではなく、あえて新興のかつ丼を振る舞う店に話を聞いた。

「豚大学とんかつ学部」(東京都神保町)

■“男飯”の豚大学ならではのワイルド系「かつ丼」。ボリューム満点な一杯をかきこんで!

全国丼グランプリで金賞を受賞した「豚丼」が看板メニューの飲食店・豚大学。厚めの豚バラ肉に甘辛いタレが絡んで肉が照り輝き、ガツンとくる味付けと圧倒的なボリュームで、学生やサラリーマンの胃袋を掴んでいる。現在は新橋と神保町に2店舗を展開中だ。

豚丼に力を入れてきた豚大学だが、2022年4月、神保町店が入居しているビルの1階に“新学部”を設立した。その名も「とんかつ学部」。ここで提供されるメニューはすべて、“とんかつ”を使用したものとなっている。

「やみつきになる特製ソースをかけた『ソースかつ丼』、とんかつとの相性を考えてルウにもこだわった『カツカレー』、そして、今話題の“とじないかつ丼”と呼ばれる『たまごかつ丼』などを用意しています。豚大学のウリは、なんといってもボリューム。大食いの方でも満腹になれる『大学院』サイズも取り揃えています。また、丼ものとカツカレーはミニサイズ、中サイズもあるので、自分のお腹と相談しながら選んでいただけます」

そう話すのは、豚大学とんかつ学部を運営する有限会社斉屋 マネージャーの小川勝也氏だ。実際に店に立ち、調理も担当する小川氏は、「たまごかつ丼」の人気ぶりをこう語る。

「1日に100食以上は出る、当店一番人気のメニューです。豚大学のターゲット層は、食べ盛りの学生や、がっつりエネルギーを補給したい20〜40代の男性がメイン。お腹いっぱい食べてほしいとの思いから、『たまごかつ丼』は(ご飯大盛りで)トータルで500gほどになります」

豚大学とんかつ学部の「たまごかつ丼」(中サイズ880円)。ライスが100g増量になる「大盛り」は無料。

もちろん、魅力はそれだけに留まらない。食べ終わるまでサクサク感が続くとんかつ、出汁の味が染みたふわとろの半熟卵、パンチの効いた揚げにんにくなどが、食欲をそそる。なにより、豚丼のノウハウが生かされた特製タレは、とんかつ学部の自信作だ。

「タレづくりも、豚大学だからこその強みだと思っています。当店のかつはひと口サイズにカットしてあり、卵と、秘伝のタレが染み込んだ白米と一緒に、かきこむようにして食べていただくのがベストな食べ方。 ぜひ一度、思い切り“かきこみ”にいらしてください」

豚大学とんかつ学部
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-8 FUJIビル1階

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。