小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

画質をかんたんにアップ!オンライン会議でiPhoneをMacのWebカメラとして使う裏ワザ

2022.11.27

新型コロナの流行もあり、ZOOMやMicrosoft Teamsといったサービスを使用したオンライン会議が一般的になった昨今。Webカメラを搭載したノートPCであれば、そのまま使用できますが、デスクトップPCの場合は基本、外付けのWebカメラを用意する必要があります。

オンライン上で取引先などとやり取りをする機会も増え、Webカメラの見栄えやマイクの音質に気配りすることは、ビジネスパーソンのマナーとしてもはや〝必須条件〟ともいえる要素になりつつあります。

そんな中、2022年10月25日より公開された、macOS Venturaでは、iPhoneの背面カメラをMacシリーズのWebカメラとして使用する「連係カメラ」機能が追加されました。Webカメラを搭載しているMacBookシリーズだけでなく、Mac miniやMac Studioといった、デスクトップ型のMac製品でも利用できる機能となっています。

そこで、MacBook AirとiPhone 14 Proを使って、新機能「連係カメラ」を試していきます。MacBook AirのWebカメラとの画質の違いもチェックしたので、ぜひ参考にしてみてください。

iPhoneをMacのWebカメラとして使うためのシステム条件

「連係カメラ」機能には、Mac製品とiPhoneのそれぞれに、システム条件があります。詳細な条件は下記の通り。

■iPhone

iOS 16以降を搭載した、iPhone XR以降のiPhoneモデル(2018年以降に発売されたすべてのiPhone)
センターフレームの利用はiPhone 11以降
デスクビューを使う場合はiPhone 11以降(iPhone SEは除く)
スタジオ照明を使う場合はiPhone 12以降

■Mac

macOS Ventura 以降に対応したすべての Mac

そのほか、連係するiPhoneとMacは同じApple IDにてサインインをし、2ファクタ認証を使っていることが条件。また、iPhoneとMacは近くに配置し、それぞれBluetoothとWi-Fiが有効になっている必要があります。

また、iPhoneの「設定」アプリから「一般」→「AirPlayとHandoff」に進み、「連係カメラ」をオンにする必要があります。こちらはデフォルト設定でオンになっていますが、連係カメラ機能がうまく動作しない場合には、確認しておきましょう。

カメラ連係機能は、iPhoneで「モバイルデータ通信接続を共有(インターネット共有)」している場合は、Macで「インターネット接続を共有」していると利用できないので、特に屋外での使用時には注意しましょう。また、ワイヤレスでカメラ連係機能を使用する際には、AirPlay や Sidecar は使用できません。

なお、連係カメラ機能を使用するためには、iPhoneをMacの近くに置き、固定する必要があります。多くのECサイトでは、MacBookにiPhoneを取り付けるためのマウントやスタンドが販売されているので、必要に応じて購入するのもおすすめです。筆者の場合は、独立したスマートフォンスタンドを使用しました。

【参照】連係カメラ:iPhone を Mac の Web カメラとして使う

いざ実践! MacのWebカメラとしてiPhoneの背面カメラを使ってみた!

上記の条件をクリアすれば、すぐにMacのWebカメラとしてiPhoneを利用できます。筆者の場合は、iPhone 14 ProとMacBook AirのOSバージョンをそれぞれアップデートし、MacBook AirのFaceTimeを起動したところ、下図のような表示が確認できました。

「今すぐ試す」をクリックしたところ、すぐに連係カメラが起動し、iPhoneのカメラをMacのWebカメラとして利用することができます。では、iPhone 14 Proの背面カメラと、MacBook AirのFaceTime HDカメラの画質の違いを見比べていきましょう。

■FaceTimeアプリ

左)iPhone 14 Proカメラ 右)FaceTime HDカメラ(MacBook Air搭載Webカメラ)

■FaceTimeアプリ(背景ぼかし)

左)iPhone 14 Proカメラ 右)FaceTime HDカメラ(MacBook Air搭載Webカメラ)

通常モード、背景ぼかしモードを比較してみると、iPhoneの背面カメラを使用した場合(上図左側)のほうが、全体的に明るく、シャープな映像になっていることがわかります。もちろん、MacBook AirのFaceTime HDカメラでもきれいな映像を映せますが、比較すると仕上がりの違いが顕著に表れます。

今回使用したiPhone 14 Proや、iPhone 12 Pro、iPhone 13 Proには、光の反射を利用して、物との距離を読み取り、きれいなぼかしがかけられる「LiDAR(ライダー)スキャナ」が搭載されています。これにより、背景ぼかしモードをオンにしても、ユーザーの顔をしっかりと認識し、背景にぼかしをかけ、めりはりのある映像になりました。

MacのFaceTimeアプリを使用する場合は、上部に表示されるタブの中から、「ビデオ」を選択し、「カメラ」の項目から、iPhoneのカメラ、FaceTime HDカメラのどちらを使用するかが切り替えられます。

■ZOOMアプリ

iPhone 14 Proカメラ

FaceTime HDカメラ(MacBook Air搭載Webカメラ)

■ZOOMアプリ(バーチャル背景)

iPhone 14 Proカメラ

FaceTime HDカメラ(MacBook Air搭載Webカメラ)

iPhoneのカメラは、FaceTimeアプリのほかに、ZOOMやMicrosoft Teamsといったアプリでも使用可能。もともとMac製品にインストールされているアプリでなくても使用できるのもポイントでしょう。

iPhoneのカメラを使っての「センターフレーム」や「スタジオ照明」も利用可能

iPhoneのカメラをMacシリーズのWebカメラとして使用する際にも、被写体を画角の中心に来るように自動調節する「センターフレーム」機能や、光の具合を調節する「スタジオ照明」といった機能が利用できます。

FaceTimeアプリで使用する場合は、iPhoneのカメラを選択した後に、「コントロールセンター」→「エフェクト」をクリック。任意の項目にチェックをつけるだけで設定できます。

アップル製品の〝連係力〟を感じられる新機能「連係カメラ」

本記事では、MacシリーズのWebカメラとしてiPhoneシリーズを活用する方法を紹介していきましたが、カメラのほかに、iPhoneのマイクをMacでのオンライン会議時に使用することもできます。

新機能ということもあり、iPhone、MacのOSをアップデートする必要こそありますが、同一のApple IDを使用していれば、ワイヤレスですぐに使用できるのも、連係カメラ機能の魅力。アップル製品同士の互換性の高さは、「AirDrop」といった機能からも確認できますが、改めてアップル製品相互の〝連係力〟の強さを感じられる新機能となっています。

取材・文/佐藤文彦


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。