小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

週に1回以上利用しているメッセージアプリ・SNS、日本はLINEが最多、アメリカや中国は?

2022.11.21

日本、アメリカ、中国……。この3か国のスマホユーザーには、どのような利用傾向の違いがあるのだろうか?

MMD研究所はこのほど、日本(東京、大阪)、アメリカ(ニューヨーク州、カリフォルニア州ロサンゼルス、カリフォルニア州サンフランシスコ)、中国(北京、上海)に住む15歳~69歳のスマートフォンを所有する男女を対象に、「日米中3ヶ国都市部スマートフォンユーザー比較調査」を実施し、その結果を発表した。

調査対象は、日本在住者557人、アメリカ在住者562人、中国在住者552人となる。

日本、アメリカ、中国で、週に1回以上利用されているアプリのジャンル

スマートフォンを所有する15歳~69歳の男女で日本の557人、アメリカの562人、中国の552人を対象に、週に1回以上利用しているアプリのジャンルを聞いたところ(複数回答可)、日本(n=557)は「メッセージアプリ」が最も多く78.1%、次いで「Eメール」が63.2%、「天気」が54.9%となった。

アメリカ(n=562)は「電話」が最も多く79.9%、次いで「Eメール」が79.0%、「SNS」が69.6%となった。中国(n=552)は「メッセージアプリ」が最も多く86.8%、次いで「電話」が72.6%、「ネットショッピング(ネットスーパー以外)」が65.4%となった。

日本、アメリカ、中国で週に1回以上利用されているメッセージアプリ・SNSは?

メッセージアプリもしくはソーシャルメディア(SNS)を週に1回以上利用していると回答した日本の465人、アメリカの455人、中国の495人を対象に、週に1回以上利用しているメッセージアプリ・SNSを聞いたところ(複数回答可)、日本(n=465)は「LINE」が最も多く91.2%、次いで「Twitter」が56.6%、「Instagram」が45.8%となった。

アメリカ(n=455)は「Instagram」が最も多く69.0%、次いで「Facebook」が67.5%、「Messenger(Facebook Messenger)」が50.8%となった。中国(n=495)は「微信(WeChat)」が最も多く97.4%、次いで「抖音(Douyin)」が73.5%、「微博(Weibo)」が48.5%となった。

日本、アメリカ、中国で現在利用されている音楽再生アプリ

音楽再生アプリ(有料・無料含む)を週に1回以上利用していると回答した日本の169人、アメリカの281人、中国の304人を対象に、現在利用している音楽再生アプリを聞いたところ(複数回答可)、日本(n=169)は「Spotify」が最も多く34.3%、次いで「Amazon Prime Music(Unlimited含む)」が27.2%、「Apple Music」が24.9%となった。

アメリカ(n=281)は「Spotify」が最も多く54.1%、次いで「YouTube Music(Premium含む)」が42.3%、「Apple Music」が35.6%となった。中国(n=304)は「QQ音乐(QQ Music)」が最も多く63.5%、次いで「網易雲音楽(NetEase Cloud Music)」が46.4%、「酷狗音乐(KuGou Music)」が41.8%となった。

日本、アメリカ、中国で、現在有料で利用されている動画再生アプリ

動画再生アプリ(有料・無料含む)を週に1回以上利用していると回答した日本の279人、アメリカの216人、中国の338人を対象に、現在有料で利用している動画再生アプリを聞いたところ(複数回答可)、日本(n=279)は「Amazon Prime Video」が最も多く38.7%、次いで「Netflix」が17.6%、「YouTube Premium」が8.2%となった。

アメリカ(n=216)は「Netflix」が最も多く79.2%、次いで「Hulu」が56.0%、「Amazon Prime Video」が53.7%となった。中国(n=338)は「腾讯视频(Tencent Video)」が最も多く65.1%、次いで「爱奇艺(iQIYI)」が62.1%、「優酷土豆(YoukuTudou)」が33.4%となった。

ちなみに、動画再生アプリ(有料・無料含む)を週に1回以上利用している人のうち、何らかの動画再生アプリを有料で利用している割合は、日本(n=279)は57.7%、アメリカ(n=216)は95.4%、中国(n=338)は90.8%と日本は他2ヶ国と比べ、有料で動画再生アプリを利用している割合が低いことがわかった。

1年間で遊んだモバイルゲームのジャンル、日本、アメリカ、中国の違いは?

スマートフォンを所有する15歳~69歳の男女で日本の557人、アメリカの562人、中国の552人を対象に、1年間で遊んだモバイルゲームのジャンルを聞いたところ(複数回答可)、日本(n=557)は「パズル」が最も多く22.1%、次いで「ロールプレイング」が12.6%、「音楽、リズム」が8.8%となった。

アメリカ(n=562)は「パズル」が最も多く42.9%、次いで「アドベンチャー」が29.4%、「スポーツ」が25.6%となった。中国(n=552)は「シューティング」が最も多く35.5%、次いで「ロールプレイング」が33.9%、「アドベンチャー」が23.0%となった。

※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合がある。

<調査概要>
「日米中3ヶ国都市部スマートフォンユーザー比較調査第3弾 ~アプリ編~」
調査期間:2022年8月23日~8月28日
有効回答:日本557人、アメリカ562人、中国552人 ※人口構成比に合わせて回収
調査方法:インターネット調査
調査対象:日本(東京、大阪)に住む15歳~69歳のスマートフォンを所有する男女
アメリカ(ニューヨーク州、カリフォルニア州ロサンゼルス、カリフォルニア州サンフランシスコ)に住む15歳~69
歳のスマートフォンを所有する男女
中国(北京、上海)に住む15歳~69歳のスマートフォンを所有する男女
設問数 :19問

出典元:MMD研究所

構成/こじへい


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。