小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

その手があったか!ノートPCの天板に設置できるMagnitoのマグネットマウス

2022.11.20

自宅からノートPCを持ち出した時、マウスを忘れたことに気づいてしまう。

それだけで、以後の時間は苦悩と共に過ごさなくてはならない。確かにノートPCにはタッチパッドというものが搭載されているが、これが極めて使いづらい。

ドラッグ&ドロップの動作など、タッチパッドでやろうとすると指がつりそうだ。

だから、マウスを忘れた時は近くの家電量販店に行って一番安い有線式マウスを購入する……などということをやっていては、部屋中にマウスが溢れてしまうではないか!

というわけで、ここは「絶対に忘れないマウス」を取り入れてみよう。

磁石で接着する携帯性抜群マウス

「絶対に忘れないマウス」って、一体何だ!? 澤田はまた下らないことを言ってるのか!

そう突っ込まれそうだが、とりあえず騙されたと思って読んでいただきたい。

マウスを忘れてしまう原因を突き詰めれば、それはマウスとノートPCが別々の個体だからではないか。

なら、マウスとPCを無理やりにでも一体化させればもはや忘れようがない。使う時だけ、互いを分離させればいい――。

余計に突っ込まれそうなことを書いてしまったが、Makuakeで購入予約を受け付けている『Magnitoマウス』はまさにそのような製品だ。

これは磁石で接着する機構を持ったマウスで、磁性を持った素材にはそのままピタッと貼りつく。

そうでない素材には磁気シートを内蔵した『Magnitoパッド』を貼り、そこに『Magnitoマウス』をくっつける。

文章で書けば単純明快だが、実際に使ってみるとこれがなかなかイイ!

使い勝手は「普通のマウス」そのもの

この記事自体、出先で執筆している。

外出の時の筆者は、必ず有線式マウスを携帯している。有線の長所は、USBプラグを挿入すれば確実に動く点だ。

しかし、これが携帯に向いているかと言えば決してそうではない。

やはりケーブルが邪魔になってしまう。

だからこその無線式マウスなのだが、『Magnitoマウス』の場合はドングルが用意されている2.4GHzワイヤレス接続式ではなく、即座にデバイスと紐付けできるBluetooth接続式。

筆者を含めた迂闊な人は、接続に必要なドングルを紛失したりもするのだが、『Magnitoマウス』ならその心配は不要だ。

そして何といっても、ノートPCの天板に貼り付けることができる携帯性である。

そうした役目が与えられている『Magnitoマウス』は、必然的にそのデザインが平べったくなってしまう。

が、その使い勝手は従来型マウスと何ら変わりない。このあたりは特に言及することがないほど「普通のマウス」である。

いや、これは本当に便利!

プレゼンターとしても活用可能!

ちなみに『Magnitoマウス』は、マルチペアリング機能も持っている。

最大2台のデバイスに同時接続し、切り替えは本体裏側のスライドスイッチで行う。

さらにこの製品、ワイヤレスシャッターボタンやリモコンとしても活用することが可能。

プレゼンでスライドショーを操作する際は『Magnitoマウス』を手に持ち、プレゼンターとして使用できるのだ。

これ、Makuakeじゃなくて家電量販店とかコンビニで売るべき製品じゃねぇの!?

もちろん、いずれはそうなるように販売元も思案しているだろうし、その前段階としてのMakuake出展ということは重々理解しているが、それでも「何でこれを早く一般販売しないの?」と販売元を小1時間ほど問い詰めたくなるような製品も存在する。

そもそも、これと同じ発想の製品が今までになかったのだろうか?

いや、探せばあるはずだが、『Magnitoマウス』の場合はマウスとしての完成度も非常に高い。

ごく普通の操作を、何の苦悩も抱えずに普通に操作できるマウス。

筆者としては、スクロールホイールを省かずにちゃんと搭載してくれたあたりを高く評価したい。

パッドの別売り希望!

そんな『Magnitoマウス』だが、現在はMakuakeで4,400円(11月17日現在)からの予約を募っている。

一般販売予定価格は5,900円で、これは最安の有線式マウスと比較すれば確かに割高だが、その分だけ携帯性と利便性に富んでいることは筆者が実証済みだ。

これは、少なくとも今後数年に渡って利用できるガジェットに違いない。

故に、ひとつ疑問もある。『Magnitoマウス』の拠点でもある『Magnitoパッド』だが、これは別売りする予定はないのだろうか?

マルチペアリング機能があるのだから、当然ながら「もう1台のノートPCにくっつける『Magnitoマウス』が欲しい」という需要は必ず生まれるはずだ。

Makuakeには「マウス1+パッド3」という組み合わせの予約枠はあるものの、パッドだけのそれは見当たらない。

ただし、一般販売の暁にはそのあたりの対応も施されるだろう。いずれにせよ、実店舗の棚に並ぶ日が待ち遠しい製品だ。

【参考】
もう忘れない!ピタッとくっついて持ち運ぶ革新的なマウス!Magnitoマウス-Makuake

取材・文/澤田真一

 


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。