小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今こそ5.4インチのminiを手に入れるべき理由とは?iPhone 13 miniとiPhone 12 miniを新品・中古で比べてみた

2022.11.10

2022年に登場した「iPhone 14」シリーズに、〝iPhone 14 mini〟はラインアップしませんでした。そのかわりに6.5インチ大画面の「iPhone 14 Plus」が登場。iPhoneの〝ナンバリング〟モデルは大画面を進めていく……そんなアップルの考え方が伝わる新製品発表となりました。

そこで注目なのが、「iPhone 13 mini」と「iPhone 12 mini」です。2022年11月現在、アップルストアではiPhone 13 miniが新品で買えます。残念ながらiPhone 12 miniはラインアップから外れましたが、各キャリアショップなどに在庫があれば、iPhone 12 miniの新品が購入できる可能性もあります。

また、円安と世界的な原材料価格の高騰の流れを受けて、iPhoneの価格が値上がりする傾向にあります。そこで、新品ではなく中古を手に入れたいという方も多いのではないでしょうか?

そこで、iPhone 13 miniと12 miniを改めて比較検討。中古価格相場も含め、これから〝iPhone mini〟の購入を検討している方のためのガイドになれば幸いです。

iPhone 13 miniと12 miniの基本性能を比較

まずは、両モデルの基本性能を比較してみましょう。

チップ

iPhone 13 miniはA15 Bionicチップを搭載します。こちらは、最新のiPhone 14にも継続搭載されています(GPUは5コアに強化)。

一方、iPhone 12 miniはA14 Bionicチップを搭載します。

カメラ

iPhone 13 miniと12 miniのカメラは、共にデュアル12MPカメラシステム(メイン、超広角)の2眼となっています。

メインカメラのレンズはf/1.6絞り値、超広角はf/2.4絞り値となっており、フォトグラフスタイルをiPhone 13 miniが採用する点が異なります。

ビデオ撮影も、ほぼ同一性能ですが、iPhone 13 miniはシネマティックモードに対応します。

フロントカメラは12MPでf/2.2絞り値も同一。フォトグラフスタイルとシネマティックモードを採用するか否かの違いがあります。

容量

iPhone 13 miniのストレージ容量は、128GB、256GB、512GBです。iPhone 12 miniはひと回り小さく、64GB、128GB、256GBになっています。

iPhone 13 miniと12 miniのサイズを比較

それでは、サイズと重量を比較してみます。

iPhone 13 miniは高さ131.5×幅64.2×厚さ7.65mmとなっています。

iPhone 12 miniは高さと幅が131.5×64.2mmで変わらず。厚さが7.4mmで、iPhone 13 miniが0.25mmほど厚くなっています。

重量はiPhone 13 miniが140gなのに対して、iPhone 12 miniは133g。7gと意外に差があります。

参考までに、iPhone 13 miniと12 miniのサイズをiPhone SE(第3世代)と比較

iPhoneの低価格モデルとして人気の高い、iPhone SE(第3世代)との違いはどうでしょうか?

iPhone SE(第3世代)はA15 Bionicチップを搭載し、画面サイズは4.7インチです。ホームボタンがある最後のiPhoneとなっていて、顔認証の「Face ID」ではなく、指紋認証の「Touch ID」を採用するのも特徴です。

容量は64GB、128GB、256GBから選べます。

サイズは高さ138.4×幅67.3×厚さ7.3mmで、重量は144g。iPhone 13 miniに比べて高さで6.9mm、幅で3.1mm、厚さはマイナス0.35mmとなり、重量は4g重いです。

iPhone 13 miniと12 miniのバッテリーを比較

アップルは歴代iPhoneのバッテリー容量を公開していません。比較はビデオやオーディオ再生を目安にします。

iPhone 13 miniのビデオ再生は最大17時間、ビデオ再生(ストリーミング)は最大13時間、オーディオ再生は最大55時間です。

iPhone 12 miniのビデオ再生は最大15時間、ビデオ再生(ストリーミング)は最大10時間、オーディオ再生は最大50時間

ちなみに、iPhone SE(第3世代)のビデオ再生、オーディオ再生時間はiPhone 12 miniと同一です。

iPhone 13 miniと12 miniの中古価格はいくらくらい?

iPhone 13 miniと12 miniの中古価格を大手中古スマホ販売店のホームページで調べて見ました。中古品は程度によって価格差が大きいので、参考になればと思います。

iPhone 13 mini

128GB:6万4800円〜11万3000円(未使用品含む。以下同)
256GB:7万9800円〜12万3000円
512GB:8万7800円〜14万8000円

iPhone 12 mini

64GB:4万800円〜6万7800円(未使用品含む。以下同)
128GB:4万4800円〜9万5800円
256GB:5万4800円〜9万7800円

iPhone 14 miniはなぜ登場しなかった?

ここまでiPhone 13 miniとiPhone 12 miniを比較してきました。コンパクトで高性能なiPhoneとして購入を検討した方もいるでしょう。

ここで疑問なのが、なぜiPhone 14シリーズにminiがなくなったのか……ということです。スマホの大画面化が世の中の流れ、そういう傾向は確かにあります。一方で考えられるのは、第4世代のiPhone SEがminiをベースにするのではないか、そんな予想もあります。

iPhone SE(第3世代)は、2014年9月に登場した「iPhone 6」のデザインをベースにしています。発売から8年も経つモデルが、現在のニーズに合わなくなってきているのも正直、否めません。

iPhone 6

新型iPhone SEとして第4世代が登場すると予測されるのは、2024年の春頃。EUではモバイル端末の充電端子をUSB-Cに、2024年末に統一する方向であり、次期iPhone SEはminiをベースにしたモデルになるのではないか? そんな期待があります。

※データは2022年11月上順時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/中馬幹弘


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。