小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界から5000以上の企業が参画!パタゴニアの創始者が設立したグローバルネットワーク「1% FOR THE PLANET」の取り組み

2022.11.02

パタゴニア創始者が設立した「1% FOR THE PLANET」に文具メーカーBICが参加を表明

 オレンジ色のボールペンで知られる筆記具メーカーBICが9月21日、環境問題への取り組みの一環として、自然環境の保護・回復を目指す「1% FOR THE PLANET」への参加を表明した。

1% FOR THE PLANETは環境に配慮したアウトドア用品で知られるパタゴニア社の創始者が2002年に設立したグローバルネットワークである。

1% FOR THE PLANETへの参加を表明した米BIC社の、自然環境への取り組みと、「1% FOR THE PLANET」の活動、「1% FOR THE PLANET」に参加するそのほかの企業についても紹介しよう。

BICの自然環境保護への取り組み

世界160か国以上でステーショナリーを販売するBICは、サステナブルな素材を原料とするRevolutionラインを展開している。Revolutionラインの商品は、再生プラスティック原料を少なくとも50%使用しており、パッケージにも100%再生材料とリサイクル可能な材料が使用されている。

Revolutionラインに含まれるのは、シャープペンシルやペン、鉛筆など。中でもボールペンの73%には、再生リサイクル原料が用いられている。

この再生リサイクル原料はもともと、海岸の周辺や河川で回収されたプラスティックで、オーシャンバウンドプラスチックと呼ばれる。オーシャンバウンドプラスチックは海岸から50km以内の内陸部で回収されるプラスティック。いわばゴミとして廃棄されたプラスティックを回収してリサイクルし、再生して使用される素材である。

BICのマーケティング・ディレクターColin Smythは、1% FOR THE PLANETに参加するにあたり、「BIC社は今後、よりサステナブルなビジネスを行い、消費者にとっても地球にとってもより良い製品を求める社会の需要に応えていく。1% FOR THE PLANETの一員となり、地球環境保護の活動に参加できることを嬉しく思う」とコメントしている。

なお、日本のBIC社も今後、環境に配慮した商品展開を予定しているとのことである。

「1% FOR THE PLANET」の活動

次に、BICが参加を表明した1% FOR THE PLANETの活動の概要を紹介したい。

1% FOR THE PLANETは、今年9月すべての株式を環境保護団体に譲渡したことで世界を驚かせたパタゴニアをはじめ、世界で4500以上の企業や団体が加盟するグローバルなネットワーク。

参加企業は年間の売上から1%を自然環境保護活動に役立てるため寄付を行う。企業の売上については第三者機関によりチェックされ、売上の1%が寄付されていることを確認する体制が整っており、いわゆるグリーンウォッシュ目的の利用を避ける仕組みが整備されている。

*グリーンウォッシュとは、環境への配慮をしているように装うだけで、実態がともなっていない表現や活動を指す。

現在、地球環境に対応する活動に当てられる資金は、あらゆる寄付金の中のほんの3%に過ぎないという。1% FOR THE PLANETでは、この状況に変化を促し、喫緊の課題である気候変動に対応するための資金を増やすことにある。

1% FOR THE PLANETに参加した企業は、4000を超える環境保護を目指すメンバー団体から寄付する先を直接選ぶことができる。気候変動に向けた活動は多面的であり、それぞれの企業が最も効果的と考える活動を支援できるシステムになっているのだ。

参加企業の製品には1% FOR THE PLANETのロゴの使用が認められており、現在では世界中で数百万の製品がそのロゴを冠している。日本でも今後さらに企業の製品のタグなどで、そのアイコンを目にする機会が増えていくだろう。 

「1% FOR THE PLANET」に参加している企業

最後に1% FOR THE PLANETに参加している企業を紹介しよう。

1% FOR THE PLANETに参加している企業は世界中で5000を超える。日本からの参加は、100以上。

代表的な企業はアウトドア用品のパダゴニア、ハーブティを展開しているイギリスのPukka、ステンレス製のドリンクボトルを販売するKleanKanteen、カリフォルニア発のサングラスブランド、SUNSKIなど。

日本からも、WWFやFair Trade Japan、ホテル向けの家具や漆器・食器を製造販売するかねみつ漆器店、山梨県のワイナリーBEAU PAYSAGE、自然観察を目的とする団体や、アウトドア愛好団体、熱帯森林保護団体、動物保護団体、自然エネルギーを考える会など、北海道から沖縄まで多岐にわたる分野の団体が1% FOR THE PLANETに参加している。

全参加団体の確認はこちらから。

青くて丸い地球のモチーフに白くくっきりと「1%」が浮き出るようにデザインされた1% FOR THE PLANETのロゴ。買い物の際にはぜひ、このロゴがついた商品を気にしてみて欲しい。

文/森野みどり


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。