小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

もし「出禁」と言われた飲食店に行ったとしたら罪に問われることはある?

2022.10.28

飲食店で粗相をした、店長に嫌われた、店員とトラブルになってしまった……

たとえばこのような理由で、店舗が客に対して「出禁」を言い渡すケースがあります。

店舗を「出禁」になった客は、永久にその店舗へ来店することはできないのでしょうか? 懲りずに来店するのは違法なのでしょうか?

今回は、飲食店などの「出禁」とは何かについて、法的な観点から考えてみたいと思います。

1. 「出禁」の法的な意味合い

まず、店舗側の主張する「出禁」が、法的にどのような意味を持つかを考えてみます。

法的な観点から「出禁」を一言で表すと、「店舗利用契約の締結を、将来にわたって一律拒否する店舗側の意思表示」となります。

普段意識することはないかと思いますが、客が店舗を利用する場合、客と店舗の間で「契約」が締結されます。

客側は、来店あるいは注文によって、店舗に「代金を払って店舗を利用したい」と申し込みます。店舗側はそれを承諾して、客に店舗の利用を認め、オーダーに従ってサービスを提供します。

客側の申込みと、店側の承諾が合致したことにより、客と店舗の間で利用契約が成立するのです。

店舗が客に対して「出禁」を言い渡すことは、その客との利用契約の締結を、将来にわたって拒否することにほかなりません。

まだ客が来店していないうちから、

「あなたとは契約を締結しません」

とあらかじめ意思表示しておくということです。

2. 店舗には客を選ぶ権利がある

店舗には、基本的に客を選ぶ権利があります。職業選択の自由の一環として、営業の自由が保障されているからです(日本国憲法21条1項)。

店舗には不特定多数の客が来店しますが、市区町村役場などのように公的な施設ではなく、あくまでも営利目的で私的に営業しているに過ぎません。

そのため、どのような客を受け入れ、どのような客を拒否するかは、原則として店舗の自由です。店舗側から嫌われるような行為をすれば、出禁を言い渡されてもやむを得ないといえます。

3. 「出禁」の理由は何でもよいのか?

店舗が客に「出禁」を言い渡す理由については、憲法で保障された営業の自由に基づき、店舗側に幅広い裁量が認められます。

ただし、法の下の平等(日本国憲法14条)に反する差別的な理由で客を「出禁」にした場合は、店舗が客に対する不法行為責任を負う可能性があります(民法709条)。

私的に営業する店舗に対して、日本国憲法が直接適用されることはありません。しかし、私人間の取引においても憲法の趣旨を尊重する観点から、不法行為のルールを適用するに当たって、憲法で認められた平等・自由・権利の趣旨が考慮される場合があるのです。

たとえば、以下のような理由で店舗が客を「出禁」にした場合、不法行為が成立し得ると考えられます。

・黒人(ネグロイド)だから
・○○教を信仰しているから
・女性だから(男性専用とすべき特段の事情がある場合を除く)
・同和地区の出身だから
など

4. 「出禁」になった店舗へ懲りずに来店したら違法?

「出禁」に違法性がない場合、店舗によって「出禁」が撤回されない限り、客は店舗を利用できなくなります。

それでも懲りずに店舗へ来店した場合、客は何らかの法的責任を問われるのでしょうか?

4-1. 出禁客が来店しても、原則としてペナルティはない

「出禁」になった店舗へ来店したとしても、それだけで客が何らかの法的責任を問われることはありません。単に入店を断られるだけです。

客が店舗へ来店することは、店舗に対して利用契約の申込みを行うことを意味します。たとえ相手方に断られることが確実であっても、契約締結の申込みを行うこと自体は、法律で禁止されるわけではありません。

したがって、出禁になった店に来店して、入店させてほしいとお願いすることについては、直ちに違法ではないと考えられます。

4-2. 退去要請を拒否すると、罪に問われる可能性がある

来店そのものは違法でないとしても、出禁にした客が来店した場合、店舗はすぐに退去するよう求める可能性が高いでしょう。

もし店舗から退去の要請があった場合、客は直ちに退去しなければなりません。居座って入店交渉を続けようとするのは厳禁です。

退去要請を受けたにもかかわらず、拒否して店舗から退去しなかった場合には「不退去罪」が成立します(刑法130条後段)。不退去罪の法定刑は「3年以下の懲役または10万円以下の罰金」です。

また、座り込みなどの強引な方法で居座り、店舗側の業務を妨害した場合には「威力業務妨害罪」が成立します(刑法234条)。威力業務妨害罪の法定刑は「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」です。

5. まとめ

出禁になった店に来店しても、原則として違法ではありません。しかし、入店が認められる見込みは薄く、店舗側とトラブルになるおそれがありますので、その店舗の利用は諦めた方が無難でしょう。

取材・文/阿部由羅(弁護士)
ゆら総合法律事務所・代表弁護士。西村あさひ法律事務所・外資系金融機関法務部を経て現職。ベンチャー企業のサポート・不動産・金融法務・相続などを得意とする。その他、一般民事から企業法務まで幅広く取り扱う。各種webメディアにおける法律関連記事の執筆にも注力している。東京大学法学部卒業・東京大学法科大学院修了。趣味はオセロ(全国大会優勝経験あり)、囲碁、将棋。
https://abeyura.com/
https://twitter.com/abeyuralaw


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。