小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

5000人に聞いた好きなジブリ作品TOP3、3位天空の城ラピュタ、2位千と千尋の神隠し、1位は?

2022.10.29

「風の谷のナウシカ」や」となりのトトロ」など、多くの人気アニメーション映画を世に生み出してきた「スタジオジブリ」。2022年11月1日にはスタジオジブリの世界を表現した公園「ジブリパーク」が愛知県にオープンする。

そこでLINEリサーチでは、好きなスタジオジブリの映画作品について、10~60代の男女5,254人を対象に調査を行った。

好きなジブリ作品、全体TOPは「となりのトトロ」!年代別では?

スタジオジブリの映画作品の中で、特に好きな作品を5つ回答してもらったところ、全体1位となったのは「となりのトトロ」で5割弱を占めた。2位は「千と千尋の神隠し」で、どちらも女性のほうが高い割合となっている。

3位は「天空の城ラピュタ」、4位は「魔女の宅急便」がほぼ同率でランクイン。5位以降は「風の谷のナウシカ」、「もののけ姫」が2割台で続く。

年代別にみると、10~20代では「千と千尋の神隠し」が1位に。特に20代で5割超となった。一方、30~60代では「となりのトトロ」が1位にランクイン。特に60代で6割弱となり、60代女性では7割超を占めている。

2位以降は、年代によって異なる結果に。10代では、4位「崖の上のポニョ」、7位「借りぐらしのアリエッティ」、8位「猫の恩返し」といった作品がランクインした。

20代では、「ハウルの動く城」が3割超で4位を獲得。「猫の恩返し」も2割弱と、ほかの年代と比べて高めの割合となっていた。

30~40代では、「魔女の宅急便」が4割超の高い割合でランクイン。特に30代女性では5割超という結果に。ほかにも、30代では「もののけ姫」や「耳をすませば」といった作品がランクイン。「もののけ姫」は、特に30代男性で4割弱となった。

40代では、「天空の城ラピュタ」、「風の谷のナウシカ」がランクインした。2作品とも男性のほうが高めの割合で、「天空の城ラピュタ」は30~40代男性、「風の谷のナウシカ」は40~50代男性の割合が高くなっている。また、40代以上では「火垂るの墓」がランクインし、特に60代で割合が高くなっていた。

「ジブリパーク」に行ってみたいと回答した人は全体で6割超、10~30代女性で特に高い

次に「ジブリパーク*」に行ってみたいかを質問を実施。また、「ジブリパーク」を知らないと回答した人にも、今の気持ちで回答してもらった。
*「今年愛知県に開園予定の、スタジオジブリの世界を表現した公園」として説明し聴取

全体でもっとも割合が高かったのは「ぜひ行きたい」の35%、次いで「やや行きたい」で31%と続く結果に。

「ぜひ行きたい」と「やや行きたい」を合わせた『行きたい人』が半数を超えているものの、一方で「どちらともいえない」という人が20%、「あまり行きたくない」「まったく行きたくない」を合わせた『行きたくない人』も14%いることが判明。

年代別にみると、10~30代では「ぜひ行きたい」という人の割合が高く、いずれも4割超となった。40~60代では「やや行きたい」の割合が「ぜひ行きたい」の割合をやや上回る結果となっている。

『行きたい人』の割合は10~30代女性で特に高く、「ぜひ行きたい」の割合が5割超となった。40~60代と比べると10~30代で『行きたい人』の割合が高くなったが、全ての年代でも『行きたい人』が過半数ということもわかった。

また、「どちらともいえない」という人は、50~60代で割合が高くなっている。50~60代男性では、『行きたくない人』がそれぞれ2割超で他の年代よりも高くなっていた。

調査概要
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~64歳の男女
実施時期:2022年9月2日~2022年9月5日
有効回収数:5,254サンプル
※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック
※表/グラフ中の数字は小数第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならなかったり、同じパーセンテージでも見え方が異なったりする場合がある

関連情報:https://research-platform.line.me/archives/41028512.html

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。